「キラフェス2015」参戦前に座席表をチェック!

キラフェス2015の会場は、2014年に続いて横浜アリーナです。横浜アリーナはご存じの通り、大きな会場ですが、初めての方にでもわかりやすいように説明しますので、安心してくださいね。

キラフェス2015の会場は、2014年に続いて横浜アリーナです。なので、連続参戦、イベントでも何度も足を運んでいるから、座席表は頭に入ってるよ~という人も多いかと思います。

が、チケット入手困難なイベントの1つでもあるこのキラフェス!だからこそ、チケットが取れなくて、行ったことがない!今回が初参戦なので、座席表とかもチェックしたいなという人もいるはずなので、フェスの内容が気になって仕方がない!という状況かとは思いますが、一応、横浜アリーナの座席表、おさらいしておきましょう!

横浜アリーナはご存じの通り、大きな会場ですが、初めての方にでもわかりやすいように説明しますので、安心してくださいね。

キラフェス2015の座席表が気になる!会場は横浜アリーナ!

横アリ初参戦!のファンの方にお伝えしたいのが、こんなに大きいと音とか大丈夫なの?みたいな不安も出てくるかもしれませんが、そこはご安心くださいね。大きいサイズではあるものの、比較的音がよいというところが評判の会場なので、出演者の声、きれいに響いてきますよ。

さて、座席表もきになるところですが、まずは会場の場所ですよね。新横浜駅が最寄りの駅になるわけですが、最寄りといえどもこういった大きい会場にありがちなのですが、駅からはちょっと歩きます。横浜アリーナは駅から5~10分程度歩くことになります。

横浜アリーナへのアクセス

〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-10
TEL: 045-474-4000

【参考動画】

横浜アリーナへのアクセス詳細はこちら

横浜アリーナのHPはこちら

キラフェス2015 横浜アリーナ座席表

最大収容人数1万7000人。座席は1階~5階まであり、種類はセンター席、アリーナ席、ボックス席、スタンド席、立見スペースの5種類があります。しかし呼称が他の会場と少し違っていてアリーナ部分を「センター席」、2階の可動式スタンド席を「アリーナ」と呼びますので注意が必要です。

ステージの配置

ステージ配置は3パターンありますが、センターの中央にステージが設置される【中央パターン】はコンサートで使われることが滅多にないので今回は割愛します。以下画像の赤い丸がステージです。↓

Aパターン

Bパターン

各座席の説明

アリーナ席(2階)

A~Fまでの6つのブロックに分かれており、1階から2階にかけて22列の配列。11列目と12列目の間に通路があります。

立見スペース(2階)

アリーナ席後方2階の固定通路部分で、名前通り「立見」の席です。

ボックス席(3階)

アリーナ席Aブロック真上3階部分で、応接とテレビが入った個室とバルコニー状の座席がセットになっているそうです。

スタンド席(3階)

東・西・南・北の4つのブロックに分かれていて、3階から4階にかけて10列の配置、5列目と6列目との間に通路があります。

列・番について

横浜アリーナの詳しい座席解説はこちら

過去公演したアーティストのセンター席ブロック構成

会場の雰囲気

キラフェスの他のオススメ記事

キラフェス2015座席表チェックをしたらイベントへ行こう!

いかがでしたか?横浜アリーナは、ほかの会場のイメージで行くと導入部分で「あれ?」となることがあるので、そちらを念押し!ってことで、ご紹介しました。ブロックに行きついてしまえば、あとは番号通りに座るだけ、簡単なので、迷いませんよ。さて、チケットの準備はバッチリですか?チケットキャンプではキラフェス2015のチケットを取扱中です。入手困難なこのチケット、何が何でもゲットして、今年もキラフェス満喫しちゃいましょう!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。