【次週 最終回!】TV アニメ「けものフレンズ」第11話の考察と感想まとめ、動画配信サイトを紹介!<けもフレ>

2017年1月より放送開始のTV アニメ「けものフレンズ」も 第11話! いよいよ次回で最終回を迎えます。 とにかく、この第11話は見逃せませんよ! そして見終わった後、しばらく考え込んでしまうかもしれません。放送後、ネット上でも様々な考察で盛り上がっています。 『けものフレンズプロジェクト』として、スマホゲーム・漫画・オリジナルグッズなどを展開し、いよいよアニメ化となった「けものフレンズ」。 それでは、超巨大総合動物園である「ジャパリパーク」を舞台にした、TV アニメ「けものフレンズ」の第11話の考察と感想、動画配信サイトなどを紹介しちゃいます!

TV アニメ「けものフレンズ」(けもフレ)第11話の考察と感想まとめ、動画配信サイトを紹介します!

ボイ⭐︎スタ読者の皆様、こんにちは!ライターのR@imuです。

2017年1月より放送開始のTV アニメ「けものフレンズ」も 第11話!
いよいよ次回で最終回を迎えます。

とにかく、この第11話は見逃せませんよ!

そして見終わった後、しばらく考え込んでしまうかもしれません。放送後、ネット上でも様々な考察で盛り上がっています。
『けものフレンズプロジェクト』として、スマホゲーム・漫画・オリジナルグッズなどを展開し、いよいよアニメ化となった「けものフレンズ」。
それでは、超巨大総合動物園である「ジャパリパーク」を舞台にした、TV アニメ「けものフレンズ」の第11話の考察と感想、動画配信サイトなどを紹介しちゃいます!

TVアニメ「けものフレンズ」第11話の考察・感想を紹介!ネタバレも!?

いざ!「ジャパリパーク」へ!

第11話 「せるりあん」

セルリアン ハンター

音の正体は、<セルリアン>でした。

驚く『サーバル(CV : 尾崎由香)』と『かばん(CV :内田彩)』そして『ラッキービースト<ボス>(CV:未公開)』。

追ってくる<セルリアン>に必死で逃げていると、そこに現れ助けてくれたのは、<セルリアンハンター>の『キンシコウ(CV : 和多田美咲)』でした。

「セルリアンに食べられますよ。隠れていてください!」と注意をされます。

そんな中、<ボス>が

「『かばん』、ちょっと様子を見てきていいかな?」と言いますが、『サーバル』達も付いて行くことに。

『そういえば…<セルリアン>に食べられたら、どうなるんですか?」『かばん』が『キンシコウ』に尋ねると

「<死んでしまう>というと、言い過ぎかもしれませんが。」と。そのことは聞き『サーバル』は、

「なんで<セルリアン>は、こっちの向かってくるんだろう?」と疑問に思います。

「<サンドスター>を食べてるって、話もありますね。なんにせよ、逃げることです。」と『キンシコウ』は話すのでした。

警報

歩いていると、<セルリアン>の巨大な足跡が!この足跡を追って、ハンターは動いているようです。

足跡を見て、何やら考える『かばん」。すると物音がして、登場したのは『ヒグマ(CV : 松井恵理子)』でした。『ヒグマ』も<セルリアン ハンター>として、活動していたのです。

そして、先ほどの足跡は、まさかの破片という驚きの事実が!

「もう一回り、デカいのも倒したことあるぞ。」

「砂漠で戦ったやつですか?<パークの危機>でしたね。」と話すハンター達。

この<パークの危機>とは、<ミライさん>がいた時の出来事を指しているのでしょうか!?

そして噴火音が響き、<サンドスター>が山から出ています。昨日から、何度か出ているようです。

<ボス>の耳(!?)がサイレンのように鳴り光り、

「注意!注意!おしらせします!<サンドスターロー>の濃度が高くなっています。大規模な噴出の可能性があります。」と話すのでした。

「<サンドスターロー>!?」聞きなれない言葉に、『かばん』は聞き返しますが…。

ハンター達は、また<セルリアン>退治へと再び向かうのでした。

いつもの姿に戻った<ボス>は、また

「少し見てきてもいいかな?『かばん』達は、ここで待っていて。」と、どこかへ行ってしまいました。

『かばん』と『サーバル』は、山の方へ行ってみることに。

山へ

「<ミライさん>が言ってた【山が何か】って…。さっきの<セルリアン>、山の方から来てる。」と、パークの案内図を手に話す『かばん』。

「足跡も、そっちに続いてるね。あれ?足跡が、だんだん小さくなってない?変なの〜。」と『サーバル』。それを聞いた『かばん』は、何かに気づくのでした。

「それって…。」

野生解放

その頃ハンターの二人は、同じくハンターの『リカオン(CV : 立花理香)』と合流していました。

そこには、4本足の巨大な<セルリアン>が!見るからに、不気味です。

『ヒグマ』たちは<野生解放>と呼ばれる能力を使い、<セルリアン>に立ち向かいます。

このキラキラと輝くのが、<野生解放>の力のようですね。

【第6話】のライオンたちのシーンにも、この力は登場していたようですし。

やっぱり 突然始まる「動物園」の動物紹介!

埼玉県の「東武動物公園」

『ヒグマ』の紹介でした。何かを探しているのでしょうか?

神奈川県の「よこはま動物園ズーラシア」

『リカオン』の紹介でした。このポーズは!?

続きはどうなる!?「けものフレンズ」の後半のストーリーへ!

山頂へ

『かばん』たちは、まだ山を登っています。

「何かとても怖いのはいつも何だけど、あれは何か….。」そう話しかけた時、<ボス>から<ミライさん>の声が!

「巨大セルリアンですが、やはり山から 何かしら供給を受けていました。

黒いセルリアンは、あの能力があるため 攻撃せずに 先に山の<フィルター>を貼りなおす必要があったんです。

無事、指針を並べたんで 私たちはこれから下山します。何としても、私たちで先に退治しないと!フレンズの皆さんを避難させてからとはいえ、この島にあんなものを…。

後日まとめますが、今の所 いくら攻撃しても

  • 山から<サンドスターロー>を吸収すること
  • 太陽の方向に向かっているということ
  • 海を嫌がっていること

などが見て取れます。このあたりを…。

あっ、カラカラさん!サーバルさん!行けますか?

あ、指針の場所は 以前記録した<貴重なもの>の場所そのものでした。また後ほど!」そう言って、映像は終わりました。『サーバル』にそっくりな、あの子もサーバルと呼ばれていたんですね。同じ動物のフレンズだから、当然なのかもしれませんが..。

「この山で、前に何かあったのかな?」そう『サーバル』が話した時、見下ろした先にはハンター達と巨大セルリアンの戦う姿が!

「やっぱり助けに行かなきゃ!」と『サーバル』は行こうとしますが、

「『サーバル』ちゃん、先に山頂に行こう。<ミライさん>が言ってた言葉、もしかして あのセルリアン…。」

この山のシーンに、ネットでは衝撃の意見が!一瞬、見逃しそうになりますが、これは…!?

アライさん、ついに追いつく!

山頂には、火口らしきところから  カラフルでキラキラと輝く物質が 噴き出していました。<サンドスター>も傍にあります。

「<ミライさん>の話が本当なら、確か【指針】って言ってた。『サーバル』ちゃん、何か変わったものがないか探そう!ここに何かが…。今のうちに見つけた方が、いい気がして。」と『かばん』が話していると、背後から走ってきたのは…『アライグマ<アライさん>(CV: 小野早稀 )』と『フェネック(CV:本宮佳奈)』でした!

ようやく『かばん』の元までたどり着けましたね!そして、やっと名前がアニメに出てきました!

「やっと捕まえたのだ!帽子泥棒め!」と『アライグマ』の言葉に、?な『かばん』。

そして『アライグマ』は、『かばん』の帽子を取り上げますが、『サーバル』が

「何してるの?『かばん』ちゃんは、そんな事 する子じゃないよ!」と言いますが、

「嘘なのだ!お宝を独り占めする つもりなのだ!ついに取り戻したのだ!」そう言って、『アライグマ』は持っていた羽を帽子につけました。

羽が二本付くと、まさに<ミライさん>の帽子そのものですよね。

ミライさんの報告

そして、偉大な命の恩人と言っていた『かばんさん』が『かばん』の事だったと知り、動揺する『アライグマ』。周りから、『かばん』は悪いことをする子ではないと聞き、悩んだ挙句、一旦 帽子を返す事に。

その帽子を見つめていつのは<ボス>でした。何か音を発すると『アライグマ』は、

「これが聞きたかったのだ!」と喜びます。そして一緒に<ミライさん>のお話を聞く事に。

「その場所は、火口の中心から <東西南北>の交差点が中心点。

この像が東の<青龍>なので、あと3つ 埋まっていると考えられます。

本当に<サンドスターロー>の粒子を ここでフィルタリングしているとしたら、まさにこの島にとっての<宝>ですね。」その話を聞き、パークの案内図を手に その場所を探す『かばん』たち。

「と、いうことは…こことここ、それから こっちに何か…。」と『かばん』が調べた場所には、石板の像が2つ見つかりました。

「一つ無くなってる!?もしかして、この薄いものと関係が?」と案内図を見ていた『かばん』でしたが、海の向こうに<島>らしきものを発見します。しかし、『サーバル』に聞かれても ごまかした事が気になります。

巨大化するセルリアン

なかなか退治できないでいる『ヒグマ』たち。

すると、<セルリアン>が低い叫び声を上げたかと思うと、山頂にいる『かばん』たちの前で、<サンドスターロー>の粒子が<セルリアン>の元へ。

<サンドスターロー>の粒子により、さらに巨大化していく<セルリアン>。ハンター達も、この事態に大慌てです。

そんな中、山頂では 最後の石板らしきものを発見!それを<ミライさん>から聞いたように配置しようと『かばん』は奮闘します。

暫定パークガイド『かばん』

<ボス>は警報音を鳴らしながら、

「大量の<サンドスターロー>が検出されました。超大型セルリアンの出現が予想されます。

パークの非常事態につき、お客様は 直ちに避難してください。ここからの最短避難経路は、<日の出港>になります。」と何度も繰り返します。『かばん』は、

「そんな場合じゃないよ。」と止めようとしますが、<ボス>は

「ダメです。お客様の安全を守るのが、【パークガイド ロボット】の僕の務めです。直ちに避難してください。」と言い続けるのでした。

<ボス>は、【パークガイド ロボット】として『ジャパリパーク』にいたんですね。

そんな<ボス>に、『かばん』は

「ラッキーさん、僕は お客さんじゃないよ。

ここまでみんなに、凄く凄く助けてもらったんです。パークに何か起きてるなら、みんなのために出来ることをしたい。」そう思いを伝える『かばん』の姿に<ボス>は、

「わかったよ『かばん』。危なくなったら、必ず逃げてね。『かばん』を<暫定パークガイド>に設定。権限を置くよ。」と話すのでした。

そして最後の石板を配置し、<ボス>の指示通りに高さを調節すると…光だすと同時に、火口を巨大なフィルターが塞ぎ出したのでした!<サンドスターロー>の排出も防げたようです。

作戦会議

<サンドスターロー>の排出がされなくなると、<セルリアン>の巨大化も止まりました!

そして、<セルリアン>は、<ミライさん>が話していたように【太陽の光】に向かって動き始めるのでした。しかし、『ヒグマ』は、

「このままじゃ、犠牲者が出るぞ。」そして途方にくれるハンター達。

そこへ『サーバル』たちを乗せた<ジャパリバス>が駆けつけます。

そして、『かばん』が中心となり、みんなで作戦会議を始めます。

  • <黒セルリアン>を海まで誘導する作戦
  • 明るいものを追いかけるので、日が暮れるまで待ち、<ジャパリバス>を使って誘導する
  • セルリアンが<バス>を見失ったり、問題が起きた時には、<火>で誘導する

そう言うと、マッチを出す『かばん』。博士のところで、料理した時には無かったですよね?副賞で何かもらってましたが、それがマッチなのでは!?

フレンズたちが、<火>を怖がる中、『ヒグマ』だけは平気なようです。そこで、本番は<ヒグマ>がその<火>で誘導する係に。

「海の近くまで来たら、フレンズたちは逃げてください。」そう話す『かばん』に、『ヒグマ』は

「<セルリアン>は、自分では海に入らないんだろう?何か方法でも?」と尋ねると、『かばん』は

「船に明かりで誘導して、足が乗ったところで沈めましょう。」と答えます。その言葉を聞いた『サーバル』は、

「えっ!?船!?ダメだよ、『かばん』ちゃん!だって『かばん』ちゃん、あれに乗って 外に<ヒト>を…。」と心配しますが、

「いいの『サーバル』ちゃん。今は、みんなとパークを。<セルリアン>を無事 誘導できたら、僕と<ラッキー>さんで 船を動かします。」と『かばん』。

『アライグマ』たちには、他のフレンズたちの誘導を頼みます。

「上手くいくかはわかりませんが…いえ、これで上手く行かせましょう!」力強い『かばん』の言葉です。

みんなで談笑しているシーンを見ていると、この後の出来事を思い出して複雑に思えます。

サーバルちゃん!

そして、いよいよ作戦決行の時。

運転席のみの<ジャパリバス>には、『かばん』『サーバル』そして<ボス>が乗り込みます。ライトを照らし、<セルリアン>を港へと誘導します。

色々ありつつも、順調かに思えたその時!<セルリアン>が倒れこむように<ジャパリバス>の元に!その衝撃で、バスごと飛ばされてしまいます。

<セルリアン>の攻撃は 止まることなく、『かばん』たちに向かっていきます。

倒れている『かばん』と<ボス>を 『サーバル』が安全な場所へ投げた時、<セルリアン>の一撃が『サーバル』に…。

『かばん』が気づいた時には、<セルリアン>の体内に浮かぶ『サーバル』の姿が!

『かばん』はパニックになり助けに行こうとしますが、『ヒグマ』の説得により 落ち着きを取り戻します。

「<セルリアン>が船に近づく位置まで行ったら、<ラッキー>さん、船の明かりをつけて 動かし始めましょう。」そう『かばん』は作戦を伝えます。

そして『かばん』と<ボス>が、互いに見つめ合って

「あっ…。」というシーンが。きっと、<ボス>は『かばん』がこれから何をしようとしているのか分かったのでは!?

そして、『ヒグマ』は松明を持って走るのでした。一緒に走っているはずの『かばん』の姿はなく…。<ボス>の目も、何か信号のような音を出しながら、光っているのも気になります。

かばんの決意

その時、『かばん』は作戦を無視して、一人<セルリアン>に向かっていました。

全ては『サーバル』を助けるため!

苦手だった木登りも、失敗しつつも『サーバル』の掛け声を真似て、何とか登ります。

「うみゃみゃみゃみゃみゃみゃみゃみゃみゃみゃみゃみゃみゃ!」

そして<セルリアン>の高さまで登ると、『サーバル』の姿を確認し、体内へと飛び込むのでした。

体内を泳ぎ、無事に『サーバル』の救出に成功します。

今まで、<木を登ること>も<飛ぶ>ことも<泳ぐ>ことも出来なかった『かばん』が、ここまで成長できたのも、『サーバル』を始め、いろんなフレンズを守るという、強い思いがあったからではないでしょうか?

そして…

助け出した『サーバル』の意識は、まだ戻らないまま。しかし<セルリアン>は、二人に近づいてきています。

ここで『かばん』の顔つきが変わります。立ち上がり松明に火をつけると、<セルリアン>を自分に引きつけます。<セルリアン>は、『かばん』をじっと見つめています。

「『サーバル』ちゃん。見るからにダメで、なんで生まれたか分からない僕を 受け入れてくれて…ここまで見守ってくれて…。」

そして走りだす『かばん』。<セルリアン>は、『かばん』を追います。

そして、かばんが最後に言った言葉は

「ありがとう。元気で…。」

<セルリアン>の不気味な衝撃音と共に、『かばん』の姿は消え…。

〜次回、最終回へ〜

TVアニメ「けものフレンズ」第11話の感想まとめ

とにかく泣ける第11話でした。そして、様々な考察も!

さらに出演声優さんからのつぶやきも!

【サーバル】役: 尾崎由香さん

【フェネック】役:本宮佳奈さん

見逃した!もう一度見たい!そんなあなたも大丈夫!動画配信サイトをまとめて紹介します!(一部有料です)


【画像:ThinkStock

次回のTVアニメ「けものフレンズ」もお楽しみに!

今回のTVアニメ「けものフレンズ」第11話は、いかがでしたか?

『かばん』の最後に言った言葉…、何より、かなり衝撃的なラストシーンでした。

とにかく『かばん』の安否が気になりますね。そして、<セルリアン>や<ヒト>、<パーク>の事など、明らかになっていない謎も…。

これらは全て、最終回で全て 明らかになるのでしょうか!?

毎回の<PPP(ペパプ)>予告パートでは、まさかのPPP不在でボスの頭だけの登場でした。

<ボス>が発する音も何か意味がありそうです。

しかも、背景が なんだか朽ち果ててるような!?

いつもエンディング映像に、フレンズの形が出ていたはずなのに、今回はなかったですし。

最終話のタイトルは「ゆうえんち」です。このタイトルも意味深ですね。
次回のTVアニメ「けものフレンズ」第12話(最終回)も見逃せない!

「けものフレンズ」の関連記事はこちら


【文:R@imu】
二人の娘を持つ主婦で、家族全員がやや偏ったアニメヲタクです。
アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」にハマったことからアニメが急に好きになり、声ヲタ寄りではありつつも、いろんなジャンルのアニメ・アニラジを視聴しています。さすがに今回のラストシーンでは泣いてしまいました。そして、しばらく親子で呆然…。1話を見た時には、まさかこんな展開になるとは思っていませんでした。最終回を迎えるのは辛いですね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。