【艦隊これくしょん-艦これ-】「暁型」の天使な魅力に迫る!「第六駆逐隊」の友情!

『艦隊これくしょん-艦これ-』は、実在した戦艦などをモチーフにした海で戦う美少女たち、「艦娘(かんむす)」達の物語です。ここで紹介する「暁型」の「暁」「雷」「響」「電」の4名は、第六駆逐隊のメンバー。いつも仲良し4人組で行動する彼女たちは、アニメでも存分に活躍し視聴者を楽しませてくれました。その4人の魅力を紹介します!

『艦隊これくしょん-艦これ-』「暁型」とは?

『艦隊これくしょん-艦これ-』は「角川ゲームス」が開発した美少女育成ゲームであり、実在した戦艦などをモチーフにした美少女たちが、謎の敵である「深海棲艦(しんかいせいかん)」と呼ばれる怪物を相手に戦っていく物語です!

TVアニメ化もされ、劇場版まで上映された上に、続編も制作が決まっている人気作です!

『艦隊これくしょん-艦これ-』は、他のゲームではみられない程にキャラクターが多く、しかも美少女ばかりなので、好きなキャラクターを一人に決めるのは難しいかもしれません。

そこで今回は、TVアニメでも大活躍した、幼い魅力が光る「暁型」こと「暁(あかつき)」「響(ひびき)」「雷(いかづち)」「電(いなずま)」の4人とその関係性について紹介します!

「暁型」4名が「鎮守府」のカレーライス大会に出場!

「暁型」とは、だれかキャラクターを指した個人名ではありません。「暁型」の中には「暁」という1番艦の女の子はいますが(画像、紫色の髪の毛の娘)、彼女を含めた「暁型」の駆逐艦全員が「暁型」と呼ばれます。

そして、「暁型」の「第六駆逐隊」とは、「暁」を筆頭に「響」「雷」「電」の4名がいて、彼女たちは基本的にいつも一緒に行動しいる仲良し組です!

その「暁型」第六駆逐隊ですが、TVアニメ第6話「第六駆逐隊、カレー洋作戦!」では、主人公の「吹雪」を差し置いて完全に彼女たちが主人公でした!

TVアニメ第6話「第六駆逐隊、カレー洋作戦!」の物語は、「鎮守府」で毎年おこなわれるカレーライス大会で、栄えある優勝を目指して努力しよう!というお話。

「艦娘」たちの食事には、必ず毎週一度はカレーライスの日があるのですが、それは海上勤務が多い「艦娘」たちが、自分たちの曜日感覚を忘れないようにするため。

つまり、「艦娘」たちにとってカレーライスとは己を見失わないための道しるべとなる料理なのですが、この「鎮守府」で行われるカレーライス大会で優勝したチームは、一年間そのチームのカレーライスのレシピが採用される、というなんとも名誉な? 地位を手に入れることができるというのでした。

魅力的なレディーを目指す「暁」や、皆に称えられると妄想が膨らんだ「雷」は、ぜひカレーライス大会で優勝したいと闘志を燃やし、カレーライス作りの特訓をはじめました!

カレーライス大会で「暁型」4名が見せたキャラクターと関係性

「暁型」を知る上では、『艦隊これくしょん-艦これ-』TVアニメ第6話「第六駆逐隊、カレー洋作戦!」を視聴するのが一番でしょう!

まず、いつも何かを始めたがるのは、1番艦らしく「暁」! カレーライス大会に出場して優勝を狙おうと言い出したのは「暁」でした。

そして、それに呼応するかのように3番艦である「雷」が同調! 二人が出るのなら手伝うよとアシストしてくれるのが「響」と「電」でした。

「暁型」4名のキャラクターの関係性としては、このように「暁」が言い出しっぺで、「雷」がそれに乗り、「響」と「電」がバックアップする、という構図がスタンダードだと言えそうです!

この中で、特に癖が強いキャラが3番艦の「雷」。リーダー格の1番艦「暁」を差し置いて、自分が一番になろうとする姿が多く見受けられました。

「暁」は「雷」が出しゃばってくるのは少し嫌そうなので、「暁」「雷」の関係性は、「暁型」の中のキャラにおいてはイマイチな面があるのかもしれません。

二人の喧嘩を健気に止めに入る可愛らしい「電」と、それを呆れた雰囲気で静観する「響」。この四人にやり取りは、見ていて非常にほのぼのとします!

努力の優勝!見事カレーライス大会を制した「暁型」

カレーライス大会は「赤城(あかぎ)」「金剛(こんごう)」「瑞鶴(ずいかく)」「足柄(あしがら)」などの強敵が多数出場し、優勝は難しいと思われましたが、最後は努力の……というより、審査員の「長門(ながと)」が辛いのが大の苦手であったため、甘口カレーをつくったっぽい「暁型」が見事優勝しました!

面白いのは、カレーライス大会の結果発表待ちの時、「暁」「響」「電」の3人は不安そうな顔しているのですが、「雷」だけは自信満々な表情をしている所です! やはり、3番艦「雷」は曲者でした!

優勝に至るまで、鍋を火炎放射器で黒焦げにしたり、「暁」と「雷」が喧嘩したり、「電」が泣いてしまったりしましたが、最後は四人仲良く優勝を飾ることができ、笑顔で抱き合ってハッピーエンドでした!

幼い魅力を放つ「暁型」「第六駆逐隊」のメンバー紹介

ここまででも十分に「暁型」について紹介しましたが、せっかくなので個々の魅力にも迫っていきたいと思います!

共通して言える「暁型」の魅力としては、皆やけにロリロリしている所! まるで小学生のような彼女たちですが、その幼さ・初々しさが可愛らしく、視聴者を虜にしてくれます!

他の「艦娘」たちは、姉妹から離れても独立して個の魅力を放っていますが、「暁型」こと「第六駆逐隊」に関して言えば、四人揃ってこその魅力であると言えますね!

『艦隊これくしょん-艦これ-』「暁型」1番艦「暁(あかつき)」

紫色の長い髪の毛が特徴的であり、「暁型」の中ではリーダー格……のはずですが、なぜか2番艦の「響」の方がしっかりしており、リーダーとしても3番艦の「雷」に横取りされようとしている、ちょっと大変なポジションの女の子です。

「レディー」であることをモットーとしていて、上品に振る舞おうとしているのですが、「エレガント」を「エレファント」と言い間違えたり、「たしなみ」を「たちなみ」と言い間違えたり、ちょっと頼りない感じの所があります。

「響」や「雷」の方がリーダーっぽく見えてしまう時があるのは、そんなおバカさんな所があるからかもしれません。

しかし、やはり大事な局面では1番艦らしく決めてくれて、負けそうな戦いでも勇気をみせて立ち向かおうとする所が好感をもてる部分です。

いざという時には、精神的に皆を引っ張っていきます!

『艦隊これくしょん-艦これ-』「暁型」2番艦「響(ひびき)」

「暁」と外見は少しだけ似ていますが、こちらの「響」は髪の毛の色が白であり、性格も「暁」とは全然違います。

「暁」はどちらかと言えば能動的で明るく元気な娘ですが、「響」はどちらかと言えば静かで知性的なキャラクターです。

関係性としては、激しい「暁」と「雷」、ちょっとオドオドしている「電」をまとめる役。ある意味、リーダーは彼女が一番向いているかもしれません!

口癖は「ハラショー」で、ことあるごとに「ハラショー」と言っているイメージがあります!

『艦隊これくしょん-艦これ-』「暁型」3番艦「雷(いかづち)」

「暁型」「第六駆逐隊」の中で、最も激しくてロマンチストな曲者が「雷」です! 「雷」は「らい」ではなく「いかづち」と読むので注意。

仕切りたがり屋で、1番艦の「暁」を差し置いてリーダーになろうとする所があるので、やや「暁」とはかち合う所があり、二人はしばしば喧嘩しています。

でも、最後にはちゃんと「暁」に花を持たせてあげているので、本当は空気を読めているのかもしれません。

『艦隊これくしょん-艦これ-』「暁型」4番艦「電「いなずま)」

最後に紹介するのは、「暁型」4番艦の「電(いなずま)」。「電」も「でん」ではなく「いなずま」と読むので注意が必要です。

四人の中では良いアシスト役といった感じの娘で、語尾に「のです」とつくのが可愛らしいです!

カレーライスの鍋を火炎放射器で熱すれば早く炒められるのでは? と提案したのは彼女で、ちょっとおバカな所があります。

『艦隊これくしょん-艦これ-』「暁型」のまとめとグッズ情報

「艦これ」のアニメの中でも、わざわざ主人公の「吹雪」を差し置いて、一話使って主役の座を借りた「暁型」!

1番艦の「暁」も、カレーライス大会を通して皆をまとめる力をつけたはずなので、リーダーの座も「響」や「雷」に取られることなく、まとめ力いかして二期でも活躍していってほしいですね!

「暁型」は人気なので、今後も多くのグッズが出回っていくことでしょう! 特に、他ではあまり見られない「艦これ」グッズを求めている方は、こちらを参照してみてください。

関連記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。