【艦隊これくしょん-艦これ-】「赤城」と「加賀」についてご紹介!その魅力に迫る!

『艦隊これくしょん-艦これ-』は、角川ゲームスが開発した、大人気美少女育成ゲーム。「艦娘(かんむす)」と呼ばれる実在した戦艦をモチーフにした、戦う力をもつ美少女達を育成していくゲームです。アニメ化が決まり、序盤から活躍した「赤城」と「加賀」。ここでは、そんな「赤城」と「加賀」がアニメで見せた魅力を公開したいと思います。

 『艦隊これくしょん-艦これ-』「赤城」と「加賀」とは?

大人気美少女育成ゲームである『艦隊これくしょん-艦これ』。個性豊かな様々な美少女が登場し、それらの美少女達は全て実在した戦艦などをモチーフにされていることが話題を呼び、異例のヒット作品となったことは皆さまもご存知のことかと思います。

そんな『艦隊これくしょん-艦これ-』ですが、2015年冬アニメで、待望のアニメ化がされました! これを待ち望んでいたファンも大勢いたことでしょう。

ゲーム版でも、かなり強力なキャラクターであると評判の「赤城」と「加賀」でしたが、やはりアニメ版でも目立っていて、キャラクターも立っていた魅力的な二人でした!

ここでは、そんな「赤城」と「加賀」について、徹底的にご紹介していきます!

『艦隊これくしょん-艦これ-』「赤城」はどんなキャラクター?

まずは「赤城」について紹介していきます! 「赤城」は『艦隊これくしょん-艦これ-』において、「赤城型1番艦」の「艦娘」であり、優秀な正規空母の人材です。

「空母機動部隊」の旗艦を務めていて、長い黒髪の王道美少女! 穏やかでやさしい性格をしていて、本作の主人公である「吹雪」に目をかけてくれる、心温かい先輩として描かれています。

「赤城」の戦闘能力考察

「赤城」は、得意の弓から放つ複数の艦載機による攻撃を得意とした戦闘スタイルで、作中でも1、2を争うくらいの活躍を見せてくれました!

基本的に強いイメージがあり、数いる「艦娘」の中でもトップクラスの戦闘能力であることは間違いないのですが、いかんせん被弾率も高く、強いけど一騎当千、という程の戦闘力ではないイメージがありました。

しかし、絶対的エースをつくらない所が『艦隊これくしょん-艦これ-』の魅力です! 強い登場人物でも、圧倒的にし過ぎないことで、他のキャラクター達が力を合わせて強敵を撃破したり、助け助けられ合う所を見せてくれるのが、「艦これ」の魅力と言えるでしょう!

「赤城」は見た目によらない大食い!

本作、『艦隊これくしょん-艦これ-』の主人公である「吹雪」も驚いていましたが、「赤城」は大きなコストを必要とする空母であり、燃費が悪いため大食いとして描かれています!

明らかに物理的法則を超えているその食料の多さに、さすがの「赤城」ファンである「吹雪」も引くかと思われましたが、なんとその食べっぷりに惚れ込んでしまうという、恋は盲目的なシーンを見せつけてくれました!

「赤城」は大食いだけどバランスの良いキャラクター

「赤城」は見た目からは想像できない程の大食いであるという、少しエキセントリックな所はありますが、個性豊か過ぎる「艦これ」の登場人物たちの中では、全然まともな常識人ぽいキャラクターです。

責任感もあり、やさしさや気遣いもあり、それに裏打ちされた戦闘能力もある。そして、最も王道な黒髪ロング美少女であり、クセの少ないキャラクター性をもっています。

逆に言えば、大食いという設定がなければ、個性が強すぎる「艦これ」のメンツの中では沈んでしまったキャラクターかもしれません。

『艦隊これくしょん-艦これ-』「加賀」はどんなキャラクター?

次は「加賀」について紹介していきたいと思います。「加賀」は『艦隊これくしょん-艦これ-』において、「赤城」と同じく正規空母であり、性格こそ「赤城」とは違いますが、その基本的な性質は似ています。

「赤城」と違って尖ったキャラクターであり、あまり周囲と協調して行動するようなタイプではありません。

基本的に厳しい口調で周囲を見下しているような雰囲気がありますが、誰よりも真面目な少女でもあります。

「加賀」の戦闘能力考察

前述した通り、「加賀」は基本的に「赤城」と似たような戦術を用いるので、戦闘能力自体は「赤城」と同等レベルでしょう。

戦い方としては「赤城」のように得意の弓から複数の艦載機を放ち、それで敵に攻撃を仕掛けます。

しかし、キャラクターの特性のためか、アニメではなんとなく「赤城」の方が一枚上手のような雰囲気が出ていました。

ゲームでは「加賀」の方が優秀という話も聞きますが、アニメでは「赤城」と主人公の「吹雪」の関係性が強調されているため、なんとなく「赤城」が優遇された感はありますね!

他人の盾になれる「加賀」の魅力

ここまでの紹介では、「加賀」はお高くとまっている嫌な感じのキャラクターと誤解されても仕方ないかもしれませんが、実はそれは大間違いでした。

仲の悪かった「瑞鶴(ずいかく)」が油断して魚雷に被弾してしまう寸前に、「瑞鶴」の身代わりとなって「加賀」が自ら魚雷を受けたのです。

下手をすれば轟沈していたかもしれない「瑞鶴」ですが、「加賀」は、優秀な人材が轟沈するくらいなら、沈まない自信がある自分が盾となった方が良かったと、クールに言ってのけます。

この場面は、周りを見下しているかのように見えて実はちゃんと認めていたという、「加賀」の人間としての魅力が垣間見えた瞬間でもありました!

『艦隊これくしょん-艦これ-』「赤城」と「加賀」の関係性について

「赤城」と「加賀」の関係性を考察していくと、二人は同じ「一航戦」であり正規空母であることから、非常に仲が良いようであります! 作中でも、初登場時は二人同時に登場するなど、普段から一緒に行動している関係であることが見受けられます。

一見すると、「赤城」が「加賀」に面倒をみてもらっていたり守られているような関係が思い浮かびそうですが、実際は「赤城」の方が「加賀」を見守っているというか、面倒をみている感じにも見受けられます。

アニメでは主人公である「吹雪」が、「加賀」と「瑞鶴」が仲が悪いことを悩んでいる旨を「赤城」に相談した時、全然意外そうにすることもなく「そんなことがあったのですね」と優しく対応したことから、「加賀」が人づきあいが悪いことは「赤城」は重々承知しており、いつも「赤城」の方がフォローする関係性なのだろうということが垣間見えました。

さらに、「赤城」は「吹雪」を自身の護衛艦にすることを決めていたのですが、「加賀」はそれを認めず課題をクリアしなければ「赤城」の護衛艦にするわけにはいかないと強情を張ります。

「加賀」は責任感もあり誰よりも真面目ですが、それ故に純粋すぎるというか、子どもっぽい所がありますね。

 『艦隊これくしょん-艦これ-』「赤城」「加賀」についてのまとめ&グッズ紹介

「赤城」と「加賀」の二人の関係性をまとめると、お互いに依存することなく自分の信念を貫きながらも、良い距離感で認め合っている親友、という感じではないでしょうか?

まとめてしまうと、こんな簡単な言葉にまとまってしまいますが、二人の関係性は、我々視聴者やユーザーが見ていない所でも様々なドラマや経験を通し、絆が深まっていったはずです。

「艦これ」の二期も制作されるということなので、その辺りの細かい「艦娘」たちの物語も、より表現していってほしいですね!

「赤城」「加賀」共に人気キャラクターなので、グッズ販売にも力を入れている所は多いでしょう。他にはない「赤城」「加賀」のグッズを欲しい方は、こちらをチェックしてみてください!

関連記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。