【ネタバレ注意!】TVアニメ「カブキブ!」第6話の考察・感想まとめ、動画配信サイトを紹介!<カブキ部のピンチ!?>

<歌舞伎>が題材となっている、春の新TVアニメ「カブキブ!」も第6話! カブキ同好会の部員も増え、『コチ祭』に向け クロを中心に練習を始めた部員たち。 しかし、 偶然耳にした内容に 苦悩するクロ。さらに、ピンチな事態に!クロは、どうする!? それでは、TV アニメ「カブキブ!」の第6話の考察・感想まとめ、動画配信サイトなどをご紹介します!

TV アニメ「カブキブ!」第6話の考察・感想まとめ、動画配信サイトを紹介します!

ボイ⭐︎スタ読者の皆様、こんにちは!ライターのR@imuです。
<歌舞伎>が題材となっている、春の新TVアニメ「カブキブ!」も第6話!

カブキ同好会の部員も増え、『コチ祭』に向け クロを中心に練習を始めた部員たち。

しかし、 偶然耳にした内容に 苦悩するクロ。さらに、ピンチな事態に!クロは、どうする!?

それでは、TV アニメ「カブキブ!」の第6話の考察・感想まとめ、動画配信サイトなどをご紹介します!

TVアニメ「カブキブ!」第6話の考察・感想まとめを紹介!ネタバレ注意!

六幕目(第6話)「それ つらつらおもんみれば……」

〜青春×歌舞伎物語、開幕!〜

屋号

舞台を終えた『蛯原仁』(えびはら じんCV:河西健吾)が、先輩から言われた

「もっと楽しくね。」の言葉。

「楽しく見える芝居…。」仁にとって、何より難しいことのようですね。

一方、『カブキ同好会』では、

「みんなで屋号を付けるのって どうかな?そしたら、大向うも入れてもらえるし。」と『来栖黒悟』愛称:クロ(くるす くろごCV:市川太一)がみんなに提案します。

それぞれ、みんなが 自分の屋号を喜んで考えますが…『阿久津新』(あくつ しんCV:逢坂良太)は厨二病全開の屋号ばかり。クロに、いわゆる痛屋号を止められる始末。そして、裏方でも屋号を付けることになり、喜ぶ『蛇ノ目丸子』(じゃのめ まるこCV:内山夕実)でした。

「そういえば、阿久津は誰に  歌舞伎教わったの?」と唐突に尋ねるクロ。新は、

「どうでもいいじゃん誰でも。」と話そうとしません。まぁ、この質問はクロが悪いですけど…。

伝わらない

『村瀬とんぼ』愛称:トンボ(むらせ とんぼCV:梅原裕一郎)と帰る途中、クロは 浅葱芳(あさぎ かおるCV:甲斐田裕子)のファンらしき女子生徒たちの話を 偶然 耳にします。

しかし、クロにとってはショックな内容でしたね。

「歌舞伎の内容やセリフなど、全くわからない。意味不明。」と。

その言葉に落ち込むクロ。

「俺、ちょっと調子に乗ってた。初舞台は成功したと思っていた。でも、何も伝わってなかった。彼女たちには、何も届いていなかったんだ。」そう話すクロに、とんぼは

「セリフの中で 説明はしてるけど、単語が難しいからな。まあ、良かったじゃないか。大きな収穫だろ。デバッグなくして プログラムは完成しない。俺たちは、走り出したばかり。走ってから、どこで転ぶか。こけたことは無駄にならない。」と。その言葉を聞いたクロは、

「トンボ、惚れそう…。」と一言。

説明

クロの自宅で、クロとトンボは対策を考えます。

「けど問題は、どうすれば歌舞伎を知らない人にも 楽しんでもらえるかだな。」とクロ。

「現代語に意訳してみれば?」とトンボ。それを聞いて、いろんな言葉を意訳してみるのですが…言葉のチョイスがちょっと。前説をすれば?とのトンボの案に、クロは

「説明は、なるべくしたくない。みんな説明を聞くのは面倒だし。」と。

いいアイディアが『コチ祭(河内山学院高等部文化祭の略)』までに浮かぶといいのですが。

悩む

そして『カブキ同好会』に、『遠見先生』(遠見連・とおみつらねCV:前野智昭 )の父 『遠見正蔵』(とおみしょうぞうCV:柴田秀勝)の姿が。コロッケの差し入れも!

「どうすればいいのでしょう。あくまで、七五調の名調子は 壊したくない。でも、みんなには伝わってほしい。」と正蔵に相談すると、笑われてしまいました。昔の歌舞伎の話を話し出し、

「壊しすぎると、歌舞伎でなくなってしまう。」その言葉を聞きクロは

「壊しすぎたら、歌舞伎でない。壊さないと伝わらない。」と、一生懸命考えるのでした。

「これからも相談させてください!」と正蔵に頼むクロなのでした。

そして、差し入れの コロッケに群がる 部員たちでした。

ピリピリ

演劇部では、芳も加わり『コチ祭』の練習中です。いままでに増して、ピリピリしている様子の部長の『坪山霧湖』(CV:赤﨑千夏)。どうやら、芳と楽屋を両方 『カブキ同好会』に取られたからのようです。

『演劇部』の男子部員は、肩身が狭そうですね。その中には、『数馬克己』(かずま かつみCV:山本和臣)の姿も。

クロたちが 帰ろうとしていると、演劇部の稽古を終えた 芳と 克己が部室へ。

「気になることがあったから、こっちにも顔を出してみたんだけど。」と話す丹羽花満(にわ はなみちCV:島﨑信長)芳はスマホを取り出し、『丹羽花満』(にわ はなみちCV:島﨑信長)との やり取りした画面を見せます。そこには、

「コロッケおいしかった」の文字が。差し入れのことを話すクロでしたが…。

「私の分は?」

男子部員

公園で、コロッケを食べるクロたち。どうやら 差し入れのコロッケは、食べてしまっていたようですね。そして話は、『カブキ同好会』のことになり…。芳は、

「新しい台本!?」

「カブキを知らない人も楽しめる、何かを盛り込んだ。でも、なかなかいいアイディアが浮かばなくて。人手不足も相変わらずだし、課題も山積み。」と話すクロ。

そして、数馬に 助っ人をお願いするクロですが、芳が

「数馬は、演劇部を辞めるか 考え中。」だと話すのでした。数馬も

「うちの演劇部、男子の数 少ないし。立場も弱いから。」と。そんな数馬に

「じゃあ、辞めちゃえば!?そして『カブキ同好会に』と勧誘するクロに、数馬は

「俺、やっぱり演劇が好きなんだよな。それに、文化祭前の土壇場な時に、辞めるのはヒンシュクだし。」

「とりあえず、新しい台本を読んで決めちゃえばいいかな?」と芳。

クロの自宅では、クロが台本に苦戦中なのでした。

怒り

カブキを終えた仁は、祖父の元へ。そこには、後援会の男性と、その孫娘も。挨拶をする仁。

その後 男性たちが帰り、祖父と二人きりになったところで仁は、

「お祖父さん、教えてください。楽しげでいて、大げさにならない所作というのは 。」すると、その質問には答えず、祖父は 先ほどの娘さんのハンカチを見つけ、仁に持っていくように言います。

届けに行った仁は、先ほどの二人の会話を聞いてしまいます。

「私、もう歌舞伎は 付き合わないよ。ほとんど寝てたもん。テンポが鈍いし、分からない言葉も多いし、動きも少ないし退屈。まだミュージカルの方が面白いよ。」

仁の握りこぶしから、怒りが伝わってきます。

仁の怒り

寝不足の仁ですが、未だアイディアが浮かばないよう。学校で仁に会ったクロは、

「どうすれば、歌舞伎を知らないみんなにも楽しんでもらえるんだろう?」と尋ねます。その言葉に、仁の脳裏に浮かんだ【つまんない】のセリフが…。怒ったように仁は、

「分からない奴に、観てもらおうとは思わない。退屈だと感じてるなら、それは観客の勉強不足だ!歌舞伎はただの 演劇ではない!400年の歴史を持つ【伝統芸能】なんだ!」そう言って

立ち去る仁でした。

余裕

『カブキ同好会』では、いつもと変わらず 賑やかです。新は、未だ屋号が決まらない様子。

そんな新の練習風景を見ている、クロたち。遠見先生曰く、新と仁は似ているんだとか。

そして、歌舞伎について語り出すクロ。その後『三輪山梨里』(みわやま りりCV:朝井彩加)と丸子が 1冊の本を持って話しているのを聞いていました。。

「それ、私も好きなんです!原書で読めるの凄いなあ!」と話す丸子に、

「翻訳版で読んでるし、そんなに大変じゃいよ。読み終わったら貸してあげよっか?」と梨里。

その話を聞き、駆け寄るクロ。そして、

「梨里先輩!あのそれ!翻訳版は 読んだって言いましたよね!?つまり、日本語で 一度読んでる。さらに同じ内容を英語で読んでるわけですよね!?二度読むのは、退屈じゃないですか?」と尋ねます。梨里は、

「退屈じゃないよ。むしろ内容を知っているから、安心して読めるっていうか。翻訳版にはなかった言葉のニュアンスを楽しむ余裕もあるし。」とクロに話すのでした。

「余裕!?そうか!これならいける!」クロが閃いたようですね!

新入部員

帰宅したクロは、ほとんど一睡もせず  台本を書き上げ、みんなに渡します。部員の反応も上々です。

「こう言うやり方は、高校生じゃないとできないな。」新の言葉に、喜ぶクロ。

そこに走ってきたのは…克己!

「俺もやる!俺、演劇部辞める!」と叫ぶように話し、周りに笑われてしまいました。

驚くクロでしたが、実は 芳が、台本をコピーして渡していたようです。

感激するクロなのでした。

母の登場!

そして、稽古を外で行っていた新とクロ。

「歌舞伎好きになってきた?」と尋ねると、新は

「歌舞伎なんか嫌いだってば!けど 俺は優しいから、『カブキ同好会』が困っているなら助けてやろうかと。」と話す新。照れ隠しでしょうね。

そして、おもむろに台詞を話し出す新。その姿にクロは

〜すごい!目の前に弁慶がいる〜

感動するのですが、急に 新のセリフが止まります。新の目線の先を見ると、一人の女性の姿が!

なんと新の母親でした!

「新、歌舞伎やってんの?先生から聞いたんや。歌舞伎のクラブに入ってるって。ほんまなんやな。お母ちゃん、嬉しいわ。」と話す母に新は、

「何しに来てん!帰れ!」と怒りを爆発させますが…母は巾着袋を 新の顔面にぶつけました!かなり痛そうです。しかも、その後 クロには、キャラが変わったかのように笑顔を見せるのでした。

こういう人こそ、一番怖いですよね…。

ピンチ!

「はよ帰れ!」と母親に告げますが、

「お母ちゃん、今回は1月(ひとつき)こっちにおる!(いつもは海外に住んでいるので)文化祭のことも聞いて得るで。いい加減な歌舞伎見せたら、承知せんからな!」と話す母に 怯える新。

母親が去った後、新の様子が変です。すると新が

「やめた…。」そう一言いうと、去っていき、

「阿久津…。」そう言うことしかできないクロなのでした。『カブキ同好会』のピンチです!

〜次回に続く〜

TVアニメ「カブキブ!」第6話の感想まとめ

TVアニメ「カブキブ!」第6話の感想の声を紹介します。

『カブキブ!』を見逃した!もう一度見たい!そんなあなたも大丈夫!動画配信サイトをまとめて紹介します!(一部有料です)

【画像:ThinkStock

次回のTVアニメ「カブキブ!」をお楽しみに!

TVアニメ「カブキブ!」第6話の考察・感想まとめ、動画配信情報などを紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

かなり『カブキ同好会』のメンバーが まとまってきていたので、新が辞めるのを是非 阻止したいところですね。それにしても、新の母親のキャラが 見た目と違って、なかなか強そうです。新が舞台を見られたくない気持ちも納得ですが…。

クロが、新を説得してくれると期待したいですね!クロならできますよね!?

次回のTVアニメ「カブキブ!」もお楽しみに!

「カブキブ!」の関連記事はこちら


【文:R@imu】
二人の娘を持つ主婦で、家族全員がやや偏ったアニメヲタクです。
アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」にハマったことからアニメが急に好きになり、声ヲタ寄りではありつつも、いろんなジャンルのアニメ・アニラジを視聴しています。最近では、娘の影響で『youtube』や『ニコニコ動画』にもハマっています。私自身、歌舞伎を観たことがないので アニメで初めて知ることが多く、勉強になります。なので、『コチ祭』で披露される<分かりやすい歌舞伎>がどのようなものなのか、楽しみです。先日の『ニコニコ超会議2017』での初音ミクとの<超歌舞伎>も、普段 歌舞伎に馴染みのない人でも気軽に観ることができるのは、いい試みだと思います。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。