【ネタバレ注意!】TVアニメ「カブキブ!」第4話の考察・感想まとめ、動画配信サイトを紹介!<胸熱な展開です!>

<歌舞伎>が題材となっている、春の新TVアニメ「カブキブ!」も第4話! 前回、新たな部員も加わり なんとか『カブキ同好会』が学校から認められました。 いよいよ『カブキ同好会』としての本格的な活動が始まります。まさかの<初舞台>の話も飛び込んできて...。 それでは、TV アニメ「カブキブ!」の第4話の考察・感想まとめ、動画配信サイトなどを紹介しちゃいます!

TV アニメ「カブキブ!」第4話の考察・感想まとめ、動画配信サイトを紹介します!

ボイ⭐︎スタ読者の皆様、こんにちは!ライターのR@imuです。
<歌舞伎>が題材となっている、春の新TVアニメ「カブキブ!」も第4話!

前回、新たな部員も加わり なんとか『カブキ同好会』が学校から認められました。

いよいよ『カブキ同好会』としての本格的な活動が始まります。まさかの<初舞台>の話も飛び込んできて…。
それでは、TV アニメ「カブキブ!」の第4話の考察・感想まとめ、動画配信サイトなどを紹介しちゃいます!

TVアニメ「カブキブ!」第4話の考察・感想まとめを紹介!ネタバレ注意!

四幕目 (第4話)「待った待った、一番待ってもらおうか!」

〜青春×歌舞伎物語、開幕!〜

トンボの過去

村瀬とんぼ(むらせ とんぼCV:梅原裕一郎)<愛称:トンボ>の小学生だった頃の出来事が映しだ出されます。それは、トンボの辛い記憶。成績優秀だった トンボは、その事でクラスメイトから いじめを受けていたようです。友達も一人もいない様子。

ついには学校にすら行けなくなり、引越しした先が 来栖黒悟(くるす くろごCV:市川太一)<愛称:クロ>の隣でした。そして引越し当日、トンボの部屋の窓ガラスに 何かが飛んできて…。この光景、前回も見ましたね。窓を開けると、クロの笑顔が!この日から、二人は仲良くなったようです。トンボにとってのクロの存在は、思っていた以上に大きかったようです。

これまで、性格が正反対で 特に<歌舞伎>に興味があるように見えないのに、どうしてそこまでトンボクロに協力するのかが、正直 疑問に思っていました。でも、過去の出来事を知ると納得です。

話は変わりますが、前回、ガムだと思っていた物体は、<練り消し>でしたね。

「今日から『カブキ同好会』の夏稽古だ!」とクロは今日も笑顔です!

夏稽古スタート

夏休みになり、『カブキ同好会』の夏稽古が学校で始まりました。

なぜか衣装担当の蛇ノ目丸子(じゃのめ まるこCV:内山夕実)まで、基礎練習に参加させられています。基礎練習の担当は、演劇部の浅葱芳(あさぎ かおるCV:甲斐田裕子)が担当しています。

その後、稽古着に着替えた部員たち。みんな似合っていますね!そこには、顧問となった遠見先生(遠見連・とおみつらねCV:前野智昭 )の姿も。

次に始まったのは、<歌舞伎の型>についての講義。担当するのはクロです。

この講義を聞いているだけで、随分 勉強になります。

イベントの依頼

その講義中、教頭先生が訪ねてきました。文化祭に参加する意思を尋ねた後、本題を切り出します。

「相談なんだが、<高齢者施設>からイベントの依頼が来ているので、歌舞伎を披露してみないか?」と。即答で

「やりたいです!」と答えるクロ。しかし、去り際に教頭先生から告げられた日にちは、今月末!かなり日数が迫っています。しかしクロは、少し考えた後

「大丈夫!どうにか してみせます!」と、引きつった顔で話すのでした。

「演目はどうするの?」丹羽花満(にわ はなみちCV:島﨑信長)が心配そうに尋ねます。

本当は<演出>に専念するつもりでいたクロは、みんなから総攻撃され、仕方なく演者としても参加することに。しかしそれでも3人…。考えた末、クロ

「やっぱり演目は、『三人吉三』かな。」そう言って、みんなに話の内容を説明するクロ

名ゼリフが有名だと話すクロは、

「こいつぁ〜春から〜縁起が〜いいわぇ〜!」と演じてみせます。確かに聞いたことがあるセリフです。

そして配役も決まりましたが、それでも二人足りないので、心当たりのある 花満が 連れてきてくれることになりました。

脚本はクロ、衣装は丸子、美術はトンボが担当することに。

「あ〜マジ やばい!楽しい!いよいよ始まったんだ!俺たちで<舞台>をやるんだと思うと、ワクワク!本当マジで、ありがとうございます。」と正座をして、みんなに頭を下げるクロでした。

そんな中、誰かの気配を感じるクロ。逃げていったのは誰なんでしょうか?

まさかの!?

花満が連れてきた 三輪山梨里(みわやま りりCV:朝井彩加)と、演劇部から数馬克己(かずま かつみCV:山本和臣)が加わった『カブキ同好会』。

初公演まで、あと少し。ますます練習に熱が入ります。衣装や美術の作業も順調のようです。

しかし問題が発覚!なんと、クロの演技が 驚くほどに下手だったのです。台詞回しは 完璧だっただけに、驚きを隠せない部員たち。トンボは、

クロの場合、台詞だけなら ちゃんと抑揚もつくし、感情もそこそこ入る。動きだけでも、きちんとやれる。でも、二つを一度には出来ない。絶望的に、役者には向いてない。」と分析します。

しかし、人数もいないため クロは 公演までに頑張ると決意します。

するとまたしても、人の気配が…。

「今のもしかして蛯原(蛯原仁・えびはら じんCV:河西健吾)?」とクロ。そして下校中の仁のところへクロは向かいます。

「今、俺たちの稽古しているところ 見てたりした?」と、いきなり本題を話すクロ

「びっくりだ!絶対にない!僕のやっている<歌舞伎>と、君たちのお遊びの<歌舞伎>とは全く違うんだ。」とは、やや怒ったように話します。さらにクロ

「『三人吉三』やったことある?」と ひるむことなく質問しますが、は やった事があると前置きをし、

「あの芝居は、和尚が一番難しいんだ。まさか、君が和尚を?まぁ、せいぜいやってみれば?」と、挑戦的に答えるのでした。

その後、一人部室に残ったクロ

「俺の場合、それ以前に<大根役者>っていうのが問題なんだけど…。」

絶景かな〜!

発表会当日。クロは、あまり上達しないままでした。いつになく、暗い顔のクロ。そんな時、祖父の言葉を思い出すのでした。

そして<高齢者施設>では、お年寄りが<歌舞伎>をずいぶん楽しみにしているようです。

落ち込んでる暇もなく、化粧や衣装を身にまとい 準備に取り掛かります。

客席は満席。施設の人だけでなく、その家族やクロの学校の生徒まで見に来ています。

部員や先生までも緊張感に包まれる中、クロも例外ではありませんでした。

いよいよ初公演 スタート!

何か掛け声のようなものをやろうと言う、花満の提案に クロの考えた言葉は…

「絶景かな〜!絶景か〜な〜!」みんなで手を合わせて、気合を入れるのでした。

初公演!

いよいよ上演開始です。 そして花満が順番に舞台に上がり、そろそろクロの番となったその時…

突然クロが倒れてしまったのです!すると、倒れたクロを抱きかかえ

「わかった、任せろ。」そう語りかけ、代わりに舞台に登場したのは…、

阿久津新(あくつ しんCV:逢坂良太)でした!

「待った待った、一番待ってもらおうか!」の演技に、部員たちは ただただ圧倒されるのでした。

〜次回に続く〜

TVアニメ「カブキブ!」第4話の感想まとめ

TVアニメ「カブキブ!」第4話の感想の声を紹介します。

『カブキブ!』を見逃した!もう一度見たい!そんなあなたも大丈夫!動画配信サイトをまとめて紹介します!(一部有料です)

【画像:ThinkStock

次回のTVアニメ「カブキブ!」をお楽しみに!

TVアニメ「カブキブ!」第4話の考察・感想まとめ、動画配信情報などを紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

「カブキ同好会」の雰囲気も、 厳しいながらも いいバランスなメンバーですよね。

そしてクロのピンチを救った、の登場と演技は かなり驚きました!まさに<救世主>登場!でしたね。次回もこの『歌舞伎』の続きが観たいです。この流れで、が入部してくれるといいのですが…。

次回のTVアニメ「カブキブ!」もお楽しみに!

「カブキブ!」の関連記事はこちら


【文:R@imu】
二人の娘を持つ主婦で、家族全員がやや偏ったアニメヲタクです。
アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」にハマったことからアニメが急に好きになり、声ヲタ寄りではありつつも、いろんなジャンルのアニメ・アニラジを視聴しています。最近では、娘の影響で『youtube』や『ニコニコ動画』にもハマっています。最後の新のシーンは、とても良かったですよね!?髪の毛は、そのままでいいの?とちょっと思ってしまいましたが、急だったから仕方ないですよね!次回も楽しみです!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。