「地獄少女 宵伽」第9話 回顧録3放送開始!感想まとめと考察、動画の視聴方法を紹介

あの閻魔あいが帰ってきた!8年ぶりの新シリーズが2017年夏アニメとしての放送が決定した「地獄少女 宵伽」、過去の名作と新作が6話ずつ放送される予定になっています。 今回はどんな理由で地獄送りにされるのでしょうか、そして地獄送りの方法は? 今回は「地獄少女 宵伽」回顧録3の内容と考察、感想を紹介、放送を見逃した方に放送情報の紹介などもありますよ!

「地獄少女 宵伽」第9話回顧録3の感想まとめと考察、視聴方法を紹介!

皆さんこんにちは、ボイスタライターの如月です。

とうとう閻魔あいが復活、地獄少女が8年ぶりに放送、「地獄少女 宵伽」の回顧録3が放送開始されました。

「地獄少女 宵伽」の新規エピソードは第6話まで、それ以降は過去の「地獄少女」の名作を回顧録として放送されます。

回顧録3で放送されるのは「地獄少女」1期の12話で放送された「零れたカケラ達」、導入の人形劇にも注目です。

今回は「地獄少女 宵伽」第9話回顧録3の内容とツイッターの感想まとめを紹介、放送を見逃してしまった人のために、今からでも間に合う第9話の動画視聴方法もありますよ。

「地獄少女 宵伽」の全話記事リンクはこちら

「地獄少女 宵伽」回顧録3の内容と考察

引きこもり

不登校の少女沢井茜、そんな彼女をなんとか学校へ行かせようと担任教師が家まで訪れ扉をたたき続けます。

しかし茜は出てくる様子がありません、母親はあきらめて先生にやめてもらうように言います。

明日も来るからと言葉を残して担任は学校へと戻りました。

素敵な場所

PCでチャットを行う茜、チャット相手から素敵な場所の写真を教えられます。

そんな相手に茜は先生のことを話します、どうして自分のためにあそこまでしてもらえるのか、「気持ち悪い」と。

明くる日も同じような生活が続きます、茜の心のよりどころはこのチャットの相手だけなのでしょうか。

扉をたたく先生を無視してチャットを続ける茜、そして話は地獄少女の話題へと向かいます。

先生の名前をサイトに書くかどうか悩む茜、チャットの相手は「いいんじゃないですか、書き込んでも」と返します。

そして茜に名前を入力させようと誘導するチャット相手、茜はとうとう地獄通信に名前を入力します。

柴田一

1期から「地獄少女」を見ていた視聴者にはおなじみの、1期のキーパーソンの1人柴田一が茜のクラスへやってきます。

フリージャーナリストの一は教育問題の取材でやってきました、クラスの生徒に一に協力するよう呼びかける先生、しかし誰も先生の話を真剣に聞こうとはしていません。

取材をする一、先生の話を聞かないのは先生が大人だから大丈夫という理屈、自分たちは子供だから先生の話をおとなしく聞いていたら後で何を言われるかわからないもんねと取材相手の生徒が話します。

それに対して先生も最近の子供たちはそんなもんと軽く言います。

そして一は地獄通信というものを聞いたことがあるか生徒たちに尋ねます、すると生徒たちは聞いたことがある、噂になっていると口々に言う。

先生にも聞くと、同じく聞いたことがあると言います、そして先生に一の取材は地獄通信が目的ではないかと勘繰られます。

そこで先生に教頭が沢井が登校しないことに対して苦言を呈します、保健室登校でもいいから登校させろと言い、さらにはいっそ退学にできないかと呟く。

先生の来訪

茜の部屋にまた先生が来ます、母親がそのことを言わずにノックをしたため茜は先生と対面してしまう。

茜に改めて学校に来ないかという先生、しかし茜は話したってわからない、先生みたいに普通に生活できる人には気持ちなんてわからないと言います。

教室の人間関係で悩んでいる茜、相手に合わせなくてはいけないのがもう我慢できない。

「先生にはわからない、もう放っておいてください、どうして私のことを気にかけるのですか?」

そして私に気をかけるのは不登校生徒がいると自分の立場が危うくなるからではないかと指摘する。

とうとう声を荒げる先生、「わかった風なことを言うな、自分だけが特別だと思うな!」

そして声を荒げたことを謝る先生、実際に教頭にせっつかれて体面を気にして来たということを正直に話します。

「怒鳴って悪かったな、また来るよ。あまりお母さんに心配かけちゃだめだぞ」と言い先生は帰路につきました。

チャットと登校

自分が悪いのか相手が悪いのか、わからなくなってしまったとチャットの相手に言う茜、相手も茜に同じことを言います。

次の日学校へ登校する茜、クラスは一旦静まり返ります。

職員室で、自分でどうすればいいかわからなくなったけど、先生が正直な気持ちを言ってくれたからと語る茜。

先生が離席をしている間、チャットの相手に学校にいるということをメールする茜、すると先生の携帯電話が鳴動する。

もう一度メールを打つとまた鳴動する携帯電話、その電話を開くとそこには自分のメールが。

自分がアネモネ(茜のHN)と知ってメールをしていたんですかと問い詰める茜、違うそうじゃないと否定する先生。

2人で話す

茜がアネモネだとは本当に知らなかったと語る先生、ほかにはけ口がなかった、ああでもしないと耐えられなかったと語ります。

お互いにチャットやメールで救われていたと話す2人、そして先生の名前を書き込んだことを謝る茜。

そして先生も会ってみたいと呟き、自分を地獄送りにしてくれと茜に願う先生、もう何もかもが嫌になった、頼むと呟くように話します。

その後学校へ行くがやはり居場所がない茜、そして先生も教頭から叱られている、それを見た茜は逡巡しながらも藁人形の紐をほどいてしまう。

地獄流し

このまま地獄に行けるのですねと喜ぶ先生、「先生、自分のしたことの意味わかってる?」と閻魔あいは問い掛ける。

「地獄少女と契約した人間は極楽浄土に行けず、地獄をさまよう、知らなかったでしょうね、それをあなたはいい気なものね、物見遊山で地獄行き」

茜は藁人形を抱えながら先生に語り掛けます、「私も後で行くから待っていてね、地獄の底で。」

それでいい

先生は行方不明という扱いになっています、一は熱血そうな先生だったのにとつぐみに話す。

つぐみは閻魔あいと精神がリンクし、「これでいいの?地獄が極楽で」と呟く。

そのころ閻魔あいは同じ問いかけを祖母にし、祖母はそれでいい、地獄に流したその先は考える必要がないとあいに話します。

「地獄少女 宵伽」回顧録3の感想

地獄少女シリーズの中でもかなり特異なシナリオが今回のお話ですね。

ゆづきの登場はあるのでしょうか、ゆづきに関しては1話だけ切り取っても分かりにくいキャラクターなのでどうなるでしょうか。

つぐみのラストシーンは1期を見ていないとよくわからないですね。

「地獄少女 宵伽」放送情報

(画像:Pixabay)

「地獄少女 宵伽」の放送局やネット配信の情報を紹介します。

テレビ放送

  • TOKYO MX 毎週金曜日24:00~
  • とちぎテレビ 毎週金曜日24:00~
  • 群馬テレビ 毎週金曜日24:00~
  • BS11 毎週金曜日24:00~
  • MBS 毎週金曜日26:55~
  • ファミリー劇場 毎週日曜日 24:20~ 【再放送】毎週水曜日22:00~

ネット配信

  • GYAO! 毎週月曜日 12:00~
  • ニコニコチャンネル 毎週月曜日 12:00~
  • AbemaTV 毎週月曜日 23:30~
  • dアニメストア 毎週月曜日 12:00~
  • ひかりTV 毎週月曜日 12:00~
  • バンダイチャンネル 毎週月曜日 12:00~
  • Video Market 毎週月曜日 12:00~
  • SBMアニメ放題 毎週月曜日 12:00~
  • U-NEXT 毎週月曜日 12:00~

「地獄少女 宵伽」回顧録4を楽しみに待ちましょう!

「地獄少女 宵伽」回顧録3の内容まとめ、感想を紹介しました。

今回はかなり切ない物語、最終的には怨みを持っていない相手に頼まれて救いの先として地獄を選んだ物語です。

色々考えさせられる内容でしたね、次回は回顧録④「黒の轍」、放送を楽しみに待ちましょう!

「地獄少女 宵伽」の関連記事はこちら


【文:如月】
ボイ☆スタライター、ゲームはTRPG、PBWといったアナログゲームからWOTなどのPCゲーム、艦これ、黒ウィズ、シャドウバースなどのブラウザゲーム、スマホゲームまで大好きなゲーマー。
アニメももちろん大好き、ガルパン劇場版も数回足を運んだガルパンおじさんの1人。
その他、歴史、スポーツ、ミリタリーなどなど幅広い趣味があり、興味を持ったものはなんでも調べるのが趣味。
2017年夏アニメは「地獄少女 宵伽」の他、「プリンセス・プリンシパル」なども書くのでそちらもチェックしてください

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。