ドラゴン現る! 冬夜の遠隔ロック機能が万能過ぎる件「異世界はスマートフォンとともに。」6話の感想まとめと内容考察!さらに動画視聴方法も!

今回は「異世界はスマートフォンとともに。」6話の個人的な感想まとめと内容の考察記事に入ろうと思います。今回の内容は「ミスミド王国」まで向かうと言うことが主の目的でした。それは国王同士の会談であのゲートの魔法を使うために一度出向くと言うのが本当の理由であり、それを任される冬夜でした。その道中で色々なことがありましたが、相変わらず冬夜の魔法とスマホのマルチ機能が素晴らしい力を発揮していたように思えました。そんな6話の内容を個人的な視点で掘り下げていこうと思いますので是非最後までご覧になって頂ければと思います!

マルチロック機能が万能すぎる! ドラゴン遂に現る!「異世界はスマートフォンとともに。」6話!

皆さんこんにちは、ボイスタライターの葵です!

今回は「異世界はスマートフォンとともに。」6話の個人的な感想まとめと内容の考察記事に入ろうと思います。今回の内容は「ミスミド王国」まで向かうと言うことが主の目的でした。それは国王同士の会談であのゲートの魔法を使うために一度出向くと言うのが本当の理由であり、それを任される冬夜でした。その道中で色々なことがありましたが、相変わらず冬夜の魔法とスマホのマルチ機能が素晴らしい力を発揮していたように思えました。そんな6話の内容を個人的な視点で掘り下げていこうと思いますので是非最後までご覧になって頂ければと思います!

異世界はスマートフォンとともに。6話の感想まとめと内容考察!

では早速、異世界はスマートフォンとともに。の個人的な感想まとめと内容の考察記事に入ろうと思います。今回の内容は大きな屋敷を冬夜は献上され、さらにその屋敷で皆と共に過ごすと言うことになるのですが、そこで新たな任務が舞い込んできます。束の間の休息と言う感じですが、その任務というのはこの度ようやミスミドとの同盟が結ばれたということで会談が行われるのですが、国王を危険な目に合わせることをできるだけ避けるため、冬夜のゲートを使うということで、一度ミスミドへと訪れることになる冬夜でした。今回はその道中で起こった出来事のまとめになります。個人的な感想を交えて記事を書いていきますので、是非最後までご覧になって頂ければと思います。

冬夜、やはり万能! ドラゴンをどう倒すのか?

今回の内容を総括すると、「ドラゴン退治」「ミスミドへの道中」「冬夜の屋敷」その辺りではないかと思います。では早速順番に個人的な感想を交えて見ていこうと思います。

まずは前回の活躍ぶりを買われて、国王から爵位をもらえるということになった冬夜ですが、それを断ってしまう冬夜でした。謙虚さという面ではピカイチですね。これはもちろん物語上でしょうが、本当にいい性格をしているなと思いました。これがまさに裏表がない性格ということで本当に出来すぎている物語ですね。

それはさておき、その爵位の献上を断った冬夜には屋敷が贈られました。その屋敷はかなり大きいものであり、まさに貴族の屋敷という感じでしたね。ここにもちろん一人で住むということなく、皆(5名)で住むという話なのですが、皆はてっきり王女と同棲屋敷と思っていたらしくかなり後ずさっておりました。しかしながら冬夜の何もなしの「皆可愛いと思っている。家族」という言葉を聞いてやはり鈍感すぎると思ったのは私でけではないでしょう。

冬夜という人物像を考えてみるとここまで本当に謙虚にきていると思います。それこそ自らの欲望というものをほとんど出さず・・・出さないというよりはそもそも欲望なんてないんじゃないか? と言わんばかりの振る舞いを見せてきておりますが、これだけの力を持っておきながらそれを自分のために使わないというあたりがすごいですね。

その辺りの細かい部分については後々の詳しく語ろうと思いますが、今回の主な物語の内容はミスミド王国へと赴くことでした。その道中はもちろん危険が伴うものであり、国王をできるだけ危険から遠ざけるという意味で冬夜のゲートの魔法を頼る王族・・・これも滑稽と言えば滑稽かもしれません。

さて、そんな冬夜たちはミスミドの大使たちと共にミスミドへと向かいますが、その道中では様々なことがおきました。ほんわかな雰囲気がありつつも、そんな中で盗賊たちに囲まれてしまう場面も・・・しかしここでまたしても冬夜の万能な能力が発揮されます。それは冬夜のスマートフォンと魔法によるコラボ技ですね。

盗賊をスマホで探知し、それをロック、そしてピンポイントで麻痺の魔法を使うというものでした。これはさすがに出来すぎているという風にも思えましたが、もはや慣れてしまえばなんとでもない光景でした。今後どのような強いモンスターや敵が訪れても冬夜が苦戦することはないのではないか?とまで思わされるような光景でしたね。

そしてその後、色々な拠点を回りつつ、もうすぐミスミドへとたどり着くという場面でまさかのドラゴンが現れるという事態に・・・

琥珀の出番が今回はありました。出番というよりは喋るということですね。私個人的にはこの琥珀というキャラクターがかなり気に入っており、マスコットの時はもちろん可愛らしい趣、そして通常では強そうな感じを醸し出す神獣ということで、本来の名前は白帝! かなり強いことがわかりますね。これはドラゴンの長とも呼べるものでしょうか・・・赤龍が出てきた時にわかりました。

それはとりあえず後回しで、ドラゴンとの戦いで琥珀が威嚇する場面がとてもかっこいいと感じました。もちろん個人的にではありますが・・・。やはり神獣は強いのですね。

冬夜は今回若干の苦戦をしいられますが、それでもリンゼや他の仲間たちとの連携プレイで確実に仕留める?という豪快な戦いが見られました。このアニメでは毎回のごとく戦いがあり、またラブコメもあり、主人公最強という今までにない感じの凄まじいほどのまでの主人公優遇世界で冬夜が大活躍するというものですが、ここまで視聴してきてそれでも面白いと思ってしまうのは今までにない物語だからでしょうか? 声優ももちろんベテランさんから新人声優さんまで幅広い方々を起用しており、これほどのアニメは中々ないのでは? とまで思ってしまいました。

赤龍が出てきて琥珀と会話しているあたりもなかなか個人的には面白かったですね。琥珀というキャラクターが個人的に好きなのでもう少し今後も琥珀を戦わせてほしいと思ってしまうのはやはり個人的なよくが出てしまっているからなのでしょうね。

それはともあれ、今回の物語も盛り上がりがありつつ、また今回は恋愛に関して少し前進している部分もありなかなかいい物語であったように感じました。今後ハーレム関係がどうなるのか、その辺りも注目したいですね!

異世界はスマートフォンとともに。の動画視聴方法!

ニコニコチャンネル:異世界はスマートフォンとともに。

そろそろ水着回が来るのか?

今回でようやく6話、次回からは折り返し地点ですが、そろそろ水着回がきてもおかしくはない感じの話数になりました。次回あたり、もしくはその次で水着回がきそうですね! 次回の異世界はスマートフォンとともに。もお見逃しなく!


(アイキャッチに使われているものと同じ画像)


【文:葵】
元ファミ通編集部ライターであり、現在はボイスタ専属ライターとして活動中! 基本食わず嫌いなく2次元ものを視聴しておりますマルチライターです。漫画ゲームアニメ、2次元ならなんでもこい! 推しキャラはリゼロのレム! 今後も色々と記事を書いて行きますので是非ご覧になってください! 今後ともボイスタを宜しくお願い致します。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。