その出会いはエビフライがきっかけ?「異世界食堂」の2話感想まとめと動画情報をご紹介!

今回ご紹介するのは1話より小説家になろう発の小説TVアニメ化として話題になっている「異世界食堂」2話の感想まとめと動画情報となります!前回の1話ではヒロインであるアレッタが「洋食のねこや」の主人である主人公に出会うこととなりました。今回の「異世界食堂」2話ではどんな展開となるのでしょうか? 食事シーンの作画などに注目していきながら感想まとめと動画情報を見ていきたいと思います!

「異世界食堂」の2話感想まとめと動画情報をご紹介!

みなさんこんにちは!

今回ご紹介するのは1話より小説家になろう発の小説TVアニメ化として話題になっている「異世界食堂」2話の感想まとめと動画情報となります!

前回の1話ではヒロインであるアレッタが「洋食のねこや」の主人である主人公に出会うこととなりました。

提供される食事シーンの作画が素晴らしいのは勿論のことですが、その他にもキャラクターの可愛さや個性などが多大なる評判を呼んでいました。

今回の「異世界食堂」2話ではどんな展開となるのでしょうか? 食事シーンの作画などに注目していきながら見ていきたいと思います!

異世界食堂の感想まとめ!

「異世界食堂」第2話の真相に迫る……その前に、ちょっとした情報です!

動画情報に関しては、感想まとめ後の「異世界食堂の動画情報!」という見出し以下に記載されていますので、是非参考してみてくださいね!

今回「洋食のねこや」に迷い込んだのは冒険者・サラ!

毎週土曜に一度だけ異世界からの客を招く扉が開くという「洋食のねこや」。今回入店してきたのは、トレジャーハンターであるサラ(CV:安野希世乃)でした。

サラはお宝を探しにとある洞窟へとやってきた結果、「洋食のねこや」へと繋がる扉を発見することになります。

勢いよく店内に入ったサラはナイフを片手に構えますが、その中にいた人物を見て驚くことに。

「洋食のねこや」の常連で故人であるウィリアムの手記を手に洞窟へとたどり着いたというサラは、店が異世界であることに大層驚いて、とりあえず料理食べることにしました。

まずサラが驚いたのは、水が無料であるということでした。

日本の飲食店では水が無料で提供されますが、海外では水が有料だということが多々あり、そのことに驚いたんですね。

ウィリアムが好きだったメンチカツ定食を頼んだサラは、提供されたメンチカツがさぞかし珍味なのではないかと最初不審に思います。しかし空腹だったサラには疑問を通り越すほどの魅力がメンチカツがありました!

さっそくかぶりつくサラ! そしてその味に驚愕!

細かく刻まれて、たっぷりの肉汁と塩コショウが素晴らしいハーモニーを奏でていることに驚きました。視聴者も、サラの豊富な語彙に笑いながらも、メンチカツが受けていることに誇らしいという感想を投稿していました!

食べ終わったサラは、店主からメンチカツサンドをウィリアムの墓前に供えることに。さらに、実はウィリアムが偉大なトレジャーハンターであり、サラの祖父だったことが分かります。

そして偉大なトレジャーハンターであるウィリアムが手に入れたお宝。それが「食事」だったということに思い当たったサラは、縁というものを改めて感じることになるのでした!

騎士・ハインリヒの元にやってきたのは……照り焼き侍?

公国に仕えている騎士・ハインリヒ(CV:杉田智和)の元にやってきのは、西の大陸より勇名届かせている剣豪・タツゴロウ。

一体どんな人物なのかと見守っていると、なんと登場したのは1話で登場した照り焼きが大好きな侍風の男だったのです!

タツゴロウのハインリヒの前にやってくると、あるものを渡します。

それは……ひと目で名剣と分かるほどの剣だったのでした……!

ハインリヒの過去。モスマンから逃げていたときの回想!

過去ハインリヒは、モスマンという蛾人間のような飛翔生物によって汚染される大地の被害を食い止めるべく、本国へとひた走っていました。

任地でも一番の乗馬能力を有していたというハインリヒですが、本国は遠く、馬はモスマンの毒によってじわじわとダメージを負っており、道半ばで倒れてしまうことに。

さらに1日も何も食わず、歩行だけで孤軍奮闘していたハインリヒは馬を早く走らせるために食料をほとんど積まなかったことから、空腹で倒れてしまうことに!

生命の、そして任地の危機を察したハインリヒは神に縋るように食料を欲し、叫びます。

叫んだところでどうにもならないと思いながらも、瞳をぎゅっと閉じながら怒声を響かせたハインリヒ……そして彼が目を開けてみると……そこにあったのは「洋食のねこや」の扉なのでした!

ハインリヒ、ソウルフードであるエビフライを注文することに!

奇跡によって「洋食のねこや」の扉を発見したハインリヒは、扉をけたたましく開けると食料を供出するよう脅しますが、中にいた店主は、なんとも簡単にそれを了承します。

その素直さに不信感を抱いたハインリヒは、「洋食のねこや」が異世界であることを知りさらに疑いを強めますが、腹の音には勝てずに食事をすることに。

そしてハインリヒはメニューの中にシュライプ、つまりエビフライ定食を発見します。

シュライプとは海老そっくりの甲殻類で、ハインリヒの故郷の海でも高級料理で、また、好物でもありました。

シュライプは気軽に食べられるようなものではなく、何年もシュライプを口にしていなかったハインリヒは躊躇いなくエビフライ定食を頼むのでした!

エビフライ定食とタルタルソースの旨さに驚愕するハインリヒ!

シュライプとは似ているようで違うエビフライ定食に、少し臆した様子を見せるハインリヒでしたが、流石は騎士です。すぐにエビフライを口にし、その美味しさに感動します!

そしてタルタルソースをつけて、その旨さにさらに驚愕。一皿をすぐに平らげてしまうと、追加で三皿と……どんどんとエビフライを消化していきます。

やがて心地ついたハインリヒは最初は供出させようとしていたのも忘れて、きちんとお金を払おうとしますが、そこで自分には身銭も無いことを思い出します。

ツケを提案する主人でしたが、騎士であるハインリヒにとってそれは大きな恥であり、結果的に自分の命ともいえる剣を預けて、自分の責務を遂行するために去っていくのでした。

そして、その預けた剣こそが、タツゴロウから渡された剣だったことが判明します!

タツゴロウの案内もあって、再度「洋食のねこや」に来ることができたハインリヒ

もう一度「洋食のねこや」に行こうとしたハインリヒでしたが、土曜の一度だけ扉が開くということを知らなかったために、10日後に再度扉が現れた場所へ行っていました。

それを聞いたタツゴロウはハインリヒを「洋食のねこや」に案内することに。

命の恩人でもあり、思い出のエビフライを提供してくれた「洋食のねこや」にやってきたハインリヒ。

そして万感の想いで「エビフライ定食!」と叫ぶのでした!

「異世界食堂」2話の動画情報

ここまで「異世界食堂」2話の感想まとめを紹介してきました! ここからは動画情報になっています!

dアニメストア(7/5(水)正午開始(予定)~)

dTV(7/5(水)正午開始(予定)~)

あにてれ(7/5(水)正午開始(予定)~)

ほっこりする話で好評の「異世界食堂」! 次回が待ち望まれる!

(画像:Pixabay)

今回、「異世界食堂」2話の感想まとめと動画情報を紹介してきましたが、いかがでしたか?

異世界の人々が、メンチカツとエビフライに出会うことで繋がった縁が描かれた2話でしたが、どちらのお話もこころが思わずぽかぽかとするような気分になったでしょう。

次回はミートソースとチョコレートパフェに関する話題ということで、一体どんな話になるかとSNSなどでも期待が寄せられています!

次回「異世界色」3話も期待しましょう!

「異世界食堂」の関連記事


【文:natori】

ゲーム・アニメ・漫画・ラノベが大好きです。ラノベを始めとした小説は大好きですので、必然的に記事執筆するジャンルもそちらが多いかと思われます! 皆さんに面白いと思ってもらえるような記事を書くように努めますので、よろしくお願いします!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。