漫画やアニメで人気の『犬夜叉』、意外なキャストでの舞台化が決定!日程や会場など公演情報まとめ

長年活躍している漫画家である高橋留美子の漫画『犬夜叉』は人気が高い作品で、長期にわたってアニメ化もされています。今回、その大人気作品の舞台上演が決定しました!近年2.5次元舞台が流行しており、大きく注目されていますが、舞台『犬夜叉』は早くも意外なキャストによるキービジュアルを公開。その完成度の高さも話題となっています。原作、アニメを楽しんでいる多くのファンが期待している話題沸騰中の舞台『犬夜叉』の詳しい公演情報はこちらでチェックしてください!

【2017年は『犬夜叉』が舞台で楽しめる!】

長期にわたってアニメ化され、多くのファンに親しまれている人気漫画『犬夜叉』の舞台化が決定しました。2.5次元舞台の人気が高まっている中、当然ながら今回上演が決まった『犬夜叉』もキービジュアルも公開され、多大な注目を浴びています!

今回は、舞台『犬夜叉』の原作紹介、公演日程や会場、そして意外なキャスト情報などをまとめてお届けします。

【舞台化で再注目されている人気漫画『犬夜叉』とは?】

原作者は高橋留美子

『犬夜叉』の原作者は高橋留美子。1978年から漫画家として活躍しており、『うる星やつら』『めぞん一刻』『らんま1/2』『境界のRINNE』など、特に漫画好きではない人も含め、非常に多くの人に親しまれている作品を生み出しています。ジャンルはラブコメディが多く、作中には昭和のギャグが満載です。

半妖の主人公が中心のストーリーで、アクションシーンも多い

『犬夜叉』は1996年から2008年まで『週刊少年サンデー』に連載された人気漫画です。半妖の犬夜叉と女子中学生の日暮かごめが”四魂の玉”のかけらを探す目的で共に行動する中で、さまざまな仲間や敵と出会います。派手なアクションシーンも多くなっています。

あらすじ

『犬夜叉』のあらすじは…

「あらゆる願いを叶える宝珠”四魂の玉”をめぐって、人間と妖怪が争いを繰り広げていた戦国時代の日本。”四魂の玉”を守っていた巫女である桔梗と半妖の青年・犬夜叉は心を通じあわせていましたが、策略に嵌まりお互いを裏切ってしまいます。その後、桔梗と犬夜叉の死とともに”四魂の玉”も消滅。宝珠を巡る争いは、幕を閉じました。

時は流れ、500年後。神社の娘で中学生の日暮かごめは、15歳の誕生日に戦国時代へとタイムスリップしてしまいます。そのとき、実は桔梗の生まれ変わりであるかごめの体から消滅したはずの”四魂の玉”が現れ、犬夜叉も蘇ることに。

そして再び、”四魂の玉”をめぐる争いが起こり、その最中に”四魂の玉”がかけらとなって方々へ散ってしまうという事態に陥ってしまいます。そうして、犬夜叉とかごめは四魂の玉”のかけらを探すため、一緒に旅を始めるのです。」

…と、このようなストーリーになっています。『犬夜叉』は漫画だけでなくアニメ化もされて人気が高い作品ですが、舞台でどのように表現されるのかとても楽しみですね!

【舞台『犬夜叉』の公演日程・会場・キャストをチェック!】

公演日程

2017年4月6日(木) 開演19:00
2017年4月7日(金) 開演19:00
2017年4月8日(土) 開演13:00、18:00
2017年4月9日(日) 開演13:00、18:00
2017年4月11日(火) 開演19:00
2017年4月12日(水) 開演14:00、19:00
2017年4月13日(木) 開演19:00
2017年4月14日(金) 開演19:00
2017年4月15日(土) 開演13:00、18:00
(引用:舞台『犬夜叉』公式サイトより)

会場

天王洲 銀河劇場
所在地:東京都品川区東品川2-3-16 シーフォートスクエア内2階
アクセス:東京モノレール「天王洲アイル」駅より徒歩1分、りんかい線「天王洲アイル」駅より徒歩5分
(引用:舞台『犬夜叉』公式サイト、銀河劇場公式サイトより)

主なキャスト

  • 犬夜叉:喜矢武 豊(ゴールデンボンバー)
  • 日暮かごめ:若月佑美(乃木坂46)
  • 殺生丸:佐奈宏紀
  • 桔梗:伊藤純奈(乃木坂46)
  • 弥勒:滝口幸広
  • 楓:野口かおる
  • 和尚:小林健一
  • 奈落:木村 了

舞台『犬夜叉』が上演されるのは朗読劇やミュージカルなど、さまざまな劇が上演されている銀河劇場。舞台と客席の間が最高でも20メートルという空間が観やすく、電車でのアクセスも良好な会場です。公演日程は短いものの、主に夜公演なので早めに仕事を終えて観に行くこともできそうですね!

【2017年の舞台『犬夜叉』上演について、ファンの反応は?】

(出典:pixabayより)

最後に、今回の上演決定について、ファンの反応をみてみましょう!

漫画とアニメで親しんできたというファンにとって、今回の舞台化はかなりの衝撃。しかし、上演については期待の声が多くあがっています!

意外なキャストは一部での賛否両論もありますが、このキャストに興味を持って観に行きたいと思っている人も多い!たしかに、舞台役者ではない喜矢武 豊さん(ゴールデンボンバー)や若月佑美さん(乃木坂46)、伊藤純奈さん(乃木坂46)が出演するのは、ちょっと驚きですよね。

しかし、実は全員過去に舞台やドラマへの出演経験があるのです!『犬夜叉』という大人気作品の舞台に抜擢されたのも、これまでの功績も認められたからなのでしょうね。

【舞台では『犬夜叉』の新しい魅力を発見できるかも?!】

(出典:pixabayより)

舞台『犬夜叉』の情報をまとめてお届けしました。漫画やアニメとは違い、舞台だからこそ見られる立体の動きは迫力もあり、また違った印象になります。もしかしたら『犬夜叉』の新しい魅力を発見できるかもしれません!ぜひ、会場に足を運んでみてくださいね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。