【速報】「宝石の国」がついにアニメ化決定!気になる詳細は?

「宝石の国」がついにアニメ化決定!気になる詳細は?独特の世界観で、2012年の連載当初より注目を集めていた「宝石の国」、スタッフは?キャストは?放送時期は?今回はアニメ化が決定した「宝石の国」の、気になるアニメの情報や詳細をまとめてみました。

大人気漫画「宝石の国」がアニメ化決定!

独特の世界観で、2012年の連載当初より注目を集めていた「宝石の国」2013年に単行本第1巻が発売された際には、それを記念して公式からアニメーションPVが作成されましたが、なんとこの度正式にアニメ化が決定しました。

作者である市川春子が、現在も「アフタヌーン」にて連載中の「宝石の国」、独特の世界観と魅力的なキャラクターたちが評判を呼び、「このマンガがすごい!2014」のオトコ編第10位にランクインしたことも。また男性向けの漫画雑誌で連載されている作品ながらも、その幻想的な世界観や宝石をテーマにしていることから、女性ファンも多く存在しています。

今回はアニメ化が決定した「宝石の国」の、気になる詳細をまとめてみました。

「宝石の国」とはどんな作品?

【出典:Pixabay

まず「宝石の国」を知らない人やアニメ化で興味を持った人のために、「宝石の国」がどのような作品なのかを紹介していきたいと思います。

物語の軸となるのはタイトルからもわかる通り宝石。過去に「にんげん」が存在したと伝えられている退廃した世界で、長い年月を経て生まれたのが、宝石の体を持つ人型の生物でした。性別はなく、硬度と靭性によってはすぐに壊れてしまう儚い存在。しかし同時にどれだけ粉々になっても、宝石たちは破片さえ集めれば再生する体を持っていました。

そのため死という概念を持たない28人の宝石達、しかし宝石たちは自分たちを装飾品にしようと月から襲い来るする月人たちと、日夜戦いを繰り広げていました。物語はそんな宝石たちを中心に、宝石達の中でも最も若く、あらゆる仕事の適正がなく長年役割を与えられていなかったフォスフォフィライトを軸に進んでいきます。

「宝石の国」のアニメの放送概要は?

2017年5月19日にテレビアニメ化が発表された「宝石の国」、今現在発表されている放送概要をまとめました。

スタッフ

  • 原作:市川春子(講談社『アフタヌーン』連載)
  • 監督:京極尚彦
  • シリーズ構成:大野敏哉
  • キャラクターデザイン:西田亜沙子
  • 制作:オレンジ

スタッフは監督に京極尚彦、キャラクターデザインに西田亜沙子という「ラブライブ!」シリーズのスタッフが起用されています。シリーズ構成は「スイートプリキュア♪」や「つり球」を手掛けた大野敏哉、アニメーション制作は「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」や「劇場版 マクロスF」のCGパートを手掛けたオレンジが行うことが発表されています。

キャスト

2017年5月19日現在、キャストは一切発表になっていない状態です。宝石たちには性別がないという設定なので、いったいどういったタイプの声優さんたちが起用されるのか…ファンは非常に気になっていることの一つなのではないでしょうか。

放送開始時期

2017年10月より放送開始予定

どんなアニメ?

「宝石の国」は3DCGで宝石たちの煌きや、月人との独創的でダイナミックなバトルアクションシーンなどを表現していくと語られています。まだキービジュアルが公開された段階なのでどのようなアニメになるのかは定かではありませんが、従来のアニメーションとは全く異なった形のものになるのかもしれませんね。

アニメ「宝石の国」の放送が待ちきれない!

2017年10月よりアニメ化することが決定した「宝石の国」のあらすじや、放送概要をまとめてきましたがいかがだったでしょうか。以前のアニメーションPVでも大きな反響を呼んでいた作品だけに、アニメ化を待ちわびていたファンも多かったのではないでしょうか。

2017年、秋アニメの枠で放送されるということで、これから続々と新しい情報が発表されていきそうですね。2017年5月23日には原作単行本の最新刊である第7巻も発売されます。今後も公式からの続報を楽しみに待ちましょう。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。