初音ミクから学ぶボカロの歴史とは?その道筋をたどってみた!

日本、そして海外と世界中の人に愛されている初音ミク。ボーカロイドの楽曲が大好きな方も多いのではないでしょうか。ボーカロイドって何?初音ミクって何?中にはそんな方もいるかもしれません。ここでは初音ミクなどのボカロの歴史についてご紹介します。

日本、そして海外と世界中の人に愛されているボーカロイド、初音ミク

ボーカロイドの楽曲が大好きな方も多いのではないでしょうか。ボーカロイドって何? 初音ミクって何?中にはそんな方もいるかもしれません。

ここでは初音ミクなどのボカロの歴史についてご紹介したいと思います。ぜひ参考にしてくださいね。

初音ミクを代表とするボカロとは

初音ミクなどに代表されるボカロ。

ボカロとはボーカロイド(VOCALOID)のことで、ヤマハが開発した音声合成技術のことをいいます。

その歴史は意外と古く、2004年には初代のボカロが発売されています。有名なボカロ「初音ミク」が発売されたのは、2007年。それまでに実に3年の月日が経っていたんですね。

ボーカロイド・初音ミク

人気ボカロ「初音ミク」は、声優である藤田咲さんの声を起用しています。

キャラクターデザインはイラストレーターのKEIさん。ボーカルのデモトラックに使用するということを想定して作られたボーカロイド。しかし、初音ミクの場合はキャラクターが先行し、発売から2か月程度で2万本もの売上を記録しました。

平均3000本ほどで大ヒットと言われることを考えると、これがどれだけすごいか分かりますよね。

初音ミクなどボカロを使った楽曲の人気

2010年頃からは、インターネット上に初音ミクを代表とするボカロを使った楽曲が数多く発表されるようになりました。

「メルト」「初音ミクの消失」「千本桜」、一部のアニメファンだけではなく、普通の人にもカラオケで歌われるようになった初音ミクなどのボカロ曲、すごいですよね。ニコニコ動画などでは100万回を超える再生回数が記録されていくようになりました。

ボカロを使って楽曲を作る人のことを「ボカロP」と呼ぶようになったのもこの頃です。

初音ミクとのコラボが増えてきた

今では世間にも認識されるようになった初音ミクなどのボカロ。

多くのアーティストや企業などとコラボすることでも話題に上ることがありますよね。ファミリーマート、Xperia、BUMP OF CHICKEN、初音ミクは様々な人やモノとコラボするようになりました。

これからも多くのボーカロイドが発展していくことが予想されています。

初音ミクのこちらの記事もチェック☆

初音ミクのライブに行こう!

初音ミクを代表とするボカロの歴史の紹介、、いかがだったでしょうか。これからも多くの企業が初音ミクなどのボカロとコラボしていく、そんな光景を想像するとワクワクしてきますよね。チケットキャンプでは、初音ミクのライブチケットを取扱中です。ボカロによるヴァーチャルなライブ、ぜひ体験してくださいね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。