強すぎる歌姫!手綱どうなる!?「ハンドシェイカー」8話の感想まとめと内容考察!さらに動画視聴方法も!

今回は、「ハンドシェイカー」8話の個人的な感想まとめと内容の考察記事になります。前回は小休止回ということで色々とのんびりな内容でしたが、今回は初めからボロボロの感じの手綱くんがいました。相手はなんとかなり強いものであり、現役のアイドルのハンドシェイカー。そんな強敵を相手に手綱は生き残れるのか!? 8話の内容を個人的な視点で掘り下げていきますので是非最後までご覧になってくださいね!

今回の敵はありえないほどの強さ! 手綱は果たして勝てるのか!?「ハンドシェイカー」8話!

皆さんこんにちは、ボイスタライターの葵です!

今回は、「ハンドシェイカー」8話の個人的な感想まとめと内容の考察記事になります。前回は小休止回ということで色々とのんびりな内容でしたが、今回は初めからボロボロの感じの手綱くんがいました。相手はなんとかなり強いものであり、現役のアイドルのハンドシェイカー。そんな強敵を相手に手綱は生き残れるのか!? 8話の内容を個人的な視点で掘り下げていきますので是非最後までご覧になってくださいね!

「ハンドシェイカー」8話の感想まとめと内容考察!

では早速、ハンドシェイカー8話の個人的な感想まとめと内容の考察記事に入りたいと思います。今回の敵はかなりの使い手であり、神と対峙するに近い存在と槇原は言っていました。そんな強敵相手に苦戦どころか死にかけながらもボロボロになってしまう手綱です。果たして手綱は勝利することができるのでしょうか!? 8話の内容を個人的な視点で掘り下げていきいます!

歌姫「コダマ」 手綱敗れる!?

今回の始まりはまさかのアイドルのシーンからです。これが今回の敵となる歌姫ですね。何かと名言を引用するくせがあるのでしょうか、色々な偉人の言葉を引用していました。そしてパートナーのマネージャーです。小太りのメガネですが、意外と仕事のできるやつであると後々にわかりました。8戦目の相手と言っていましたのでかなりの経験値がありそうだとこの時点でわかりました。そして次のターゲットに選ばれたのはあの手綱です。

一方手綱の方は槇原からなにやら商品券らしいものをもらいいい服を買ってやれという感じでした。「僕もなにを買ったらいいのかわからない」と槇原に突っ込んでいましたが、結局デートをすることになりましたね。コヨリとのデートシーンはおそらく初めてではないでしょうか? この時のコヨリちゃんはかなり可愛かったですね。ツイッター上でもかなりの反響がありました。コヨリは基本あまり表情を変えませんが、最近ではそこそこ笑顔を見せるようになりました。さらにスマホ操作も結構できており、基本的に「ん」しか言えないので手綱に対して「スマホで伝える」ということができるようになり、ある程度の意思疎通ができるようになったと思います。そんな二人ですが、色々とデート楽しんでいるところにまさかの邪魔者が! それがあの歌姫でした。突然にしてジグラートが展開されて、戦闘が始まります。

手綱は戦闘が始まってからすぐにあることに気づきました。それは「この相手は今までのハンドシェイカーとは違う」ということですね。強さというよりはニムロデの性能が違いすぎるというものでした。さらに敵はコンビネーション攻撃も加えてきます。あのマネージャーは結構天然であり、戦い中にまさかの名刺を出して挨拶するほどの変なやつですが、そんな変なやつにあまり突っ込まないでいる歌姫もかなり変ですね。そして事あるごとに名言を引用するコダマです。これは一応キャラクターの個性を強めるための設定なのでしょうが、どうもしっくりこない感じですね。コダマのニムロデや戦闘スタイルはかなりの好評でしたね。ツイッターではコダマの戦闘が今まで一番いいというコメントが多かったように思えます。

苦戦どころかニムロデの性能差がありすぎるということでかなりの消耗をしてしまう手綱です。シングルギアが簡単に弾かれてしまう状況下で相手にスキもなければ攻撃すら当たらないというまるで赤子と大人のような状態でした。そんな状態で戦いは続きます。戦闘は徐々に手綱の不利が目立ってきており、さらにあのマネージャーが参戦してからはもっと厳しくなりました。マネージャーのニムロデが中々かっこいいと思いましたね。そしてコンビネーション攻撃が最高潮に達した時に勝負はつきました。

気絶する手綱を見つめながら槇原に助けを求めるコヨリです。手綱は戦闘中に無事相手の攻撃を回避することができたのですが、相手の放った攻撃が砕いた岩が水中で直撃し、大怪我を折ってしまったのでした。しかし圏外へとでた手綱たちは無事ジグラートからはじき出され、無事に現実世界へと戻ったということですね。病室で槇原が「今の君が勝てる相手ではない」と言いますが、「それでもやらなきゃ」という手綱です。コヨリを守るために自ら精一杯戦うという意思が手綱にはあるのでしょうね。

そんな手綱を見ているコヨリは夜、リリ会長にメッセージを送ります。それは自分が守られているだけの存在であるということに少し苦しみを抱いているようでした。コヨリはニムロデを持っていないので必然的に戦うのは手綱一人となります。そんな状態で今まで勝ってきたことがもはや奇跡に近いのでしょうが、ここはやはり色々とレベルアップしなければあのコダマには勝てないとコヨリも思ったのでしょうね。自分は守られているだけの存在ではいたくないという思い、そして手綱に傷ついて欲しくないという思いもあるのでしょう。そんな感情が交差し涙を流すコヨリです。

別シーンですが、またしてもリリ会長のブラコンのくだりがありましたね。これは今後も続けられるのでしょうか? 相変わらずの感じであり、このシーンいらないんじゃにかな? と思う場面もありますが、これは目の保養としていいかもしれません。

それはさておき、コヨリの想い、そして手綱は勝利できるのかどうか、それが今後の焦点となってくるのは間違い無いでしょうね! 次回はどのようなことが起きるのか、気になりますね!

「ハンドシェイカー」の動画視聴方法!

ニコニコチャンネル:ハンドシェイカー

ニコニコチャンネルでは最新話が無料で視聴可能となっていますので、ぜひチェックして見てくださいね!

次回のハンドシェイカーは手綱の勝利に繋がるのか!

今回はギリギリのところで逃げることに成功した手綱ですが、今後の物語、次回には戦闘が行われるのでしょうか? 手綱だけでなくコヨリも戦闘に加わらなければこの戦いの勝利は無いと思いますが、どのような内容になっているのかは次回のお楽しみですね! 次回のハンドシェイカーもお見逃しなく!


(写真:Pixabay)


【文:葵】
元ファミ通編集部ライターであり、現在はボイスタ専属ライターとして活動中! 基本食わず嫌いなく2次元ものを視聴しておりますマルチライターです。漫画ゲームアニメ、2次元ならなんでもこい! 推しキャラはリゼロのレム! 今後も色々と記事を書いて行きますので是非ご覧になってください! 今後ともボイスタを宜しくお願い致します。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。