ハンドシェイカー最終話!長岡ペアとの意外な決着!「ハンドシェイカー」12話の感想まとめと内容考察!さらに動画視聴方法も!

今回は「ハンドシェイカー」12話の個人的な感想まとめと内容の考察記事になります。前回から突入したラスボス的存在の長岡・マユミペアとのバトルですが、今回その激戦が綴られていました。壮絶とも言える戦いの中でコヨリと手綱は協力し合いそして長岡を倒すことができたのでしょうか? 結末は意外な方向へと向かって行きます。そんな12話の内容を個人的な視点で掘り下げて行きます!

ついにハンドシェイカーが最終話! 長岡・マユミペアとの最終決戦の決着は!?「ハンドシェイカー」12話!

皆さんこんにちは、ボイスタライターの葵です!

今回は「ハンドシェイカー」12話の個人的な感想まとめと内容の考察記事になります。前回から突入したラスボス的存在の長岡・マユミペアとのバトルですが、今回その激戦が綴られていました。壮絶とも言える戦いの中でコヨリと手綱は協力し合いそして長岡を倒すことができたのでしょうか? 結末は意外な方向へと向かって行きます。そんな12話の内容を個人的な視点で掘り下げて行きます!

「ハンドシェイカー」12話の感想まとめと内容考察!

では早速、ハンドシェイカー12話の個人的な感想まとめと内容の考察記事に入りたいと思います。前回の続きとなるラスボス的存在である長岡との勝負が今回はメインとなりました。意外な決着とはどのようなものなのでしょうか? 勝利はどちらの手に! そしてその後の話も語られていましたね。結果的に神と見えるということはありませんでしたが、物語の終わりとしてはかなりよかったのではないでしょうか? そんな12話の内容を個人的な視点で掘り下げて行きます!

最終決戦! そしてその後!

前回の続きとなり、マユミのニムロデである手毬爆弾が炸裂する場面がしょっぱなから映されました。かなりの数の手毬が手綱たちめがけて迫ってきますが、成長した手綱たちのスピードはかなりのものでした。スピードでは自分たちが優っている? と思った手綱ですが、しかし数もスピードも敵の方が優っていました。とりあえずは逃げの一手でその場をしのぐ手綱たちです。なんとか紙一重で手毬の攻撃をかわしつつ、広い場所へと出ますが、そこで待ち構えていたのは長岡でした。昔のままのニムロデで手綱たちに襲いかかりますが、その手法がとても変わったものでした。それはマユミの手毬爆弾の爆風を利用した加速で破壊力をあげるというもの。自らもダメージを負うのと引き換えに絶大なパワーがありましたね。さらにマユミのニムロデはそのような使い方だけではありませんでした。自らのニムロデも爆破させ敵にダメージを与えるといういわば肉体的ダメージが大きい攻撃です。しかしその代わりに強い力を得ることができるというハイリスクハイリターンな攻撃を主とする長岡ペアでした。そんな二人の攻撃をなんとかしのいでいる手綱たちです。手綱は一瞬不安になりますが、コヨリの顔をみて、「一人じゃない」と再確認します。今まで一人で無茶をしてきた手綱ですが、コヨリという力強いパートナーがいることを再確認し、そして再び闘志を燃やします。二人での同時攻撃、連携攻撃を加えて行きますが、それすらも防がれてしまうほどに長岡は強いものでした。一人で二人の相手をしているようなものですので、かなり強いと言えるでしょうね。そんな二人は一度距離をとってビルの屋上へと上がります。手綱の考えではここでは爆弾を安易に使えないと考えたのでしょうが、それが裏目に出ます。

気づけばビル内部に多数爆弾が仕掛けられていて一斉に爆発します。もはやなりふりを構っている暇などないという感じの攻撃ですね。焦っているように思えるものでした。自らの肉体へのダメージなど厭わないという果てしない覚悟を背負って、そして全力で手綱たちに向かっていく長岡です。それを迎え撃つ手綱もまたコヨリとの連携、絆を力に思いっきり反撃を繰り返します。そして最後の一撃を放った瞬間、勝負はつきました。長岡は正直もう戦えるだけの力を残してはいないほどのダメージを負ってしまったのでした。手綱は降参するように言います。しかしながらあの長岡です、そんな簡単に折れるわけがありませんが、そこへ立ちはだかったのはマユミでした。前回の口ぶりでは薬でコントロールしていると言っていましたが、普通に喋っているマユミがそこにはいました。感情もあり、そして「守る」という言葉を口にします。全力でにムロデを展開するマユミ・・・それを「やめろ」と止める長岡です。これ以上ニムロデを使用すると消えてしまうマユミですが、長岡を守るためであればそれも厭わないという感じでした。しかしここで手綱たちはマユミに仕掛けます。ですが、それは敵を倒すという行動ではなく助けるという行動でした。コヨリがマユミの手を取った瞬間に力が戻り、二人は回復します。今までの傷が癒えて、元どおりになりましたね。そして再び向かってこようとする長岡でしたが、マユミの言葉でその行動を止めます。そしてジグラートは解除され元の場所へと戻りました。

ここでまた衝撃的な事実が判明します。マユミは徐々に感情を取り戻しており、感情のないふりをしていたということと、もう一つは長岡が3年前から不治の病を抱えているということでした。だからこそなりふり構わず攻撃をしていたのもうなづけますね。そして今回一番の感動的なシーンでもありました。

マユミは長岡のことを大切の想っているということ、そしてマユミの願いは自らが助かるということではなく、おそらくは長岡を助けるということなのでしょうね。そこまでは語られてはいませんでしたが、感情を取り戻したマユミはかなり可愛かったと思います。そして戦いは終わり、また普段の日常が戻っきました。槇原からはコヨリの体調はもう元どおりであると告げられます。しかしながら体質的なものは改善されておらずそれも後々の研究でなんとか解明するというような感じでしたね。そしてまたしても「シューマイ食べる?」という下りです。この下りは話を通してネタとして定着していましたね。

そして手綱とコヨリはというとカクテルコーンでアルバイトをすることに決めたようでした。チヅルとハヤテは喜んでいましたね。他のメンバーの日常も相変わらずでした。そして最後にジグラートへ歩いていくシーンで終わり、謎の男が大阪城のてっぺんで神のセリフを言って終わるというものでしたが、これは2期を匂わせる内容で終わったと言ってもいいかもしれませんね! これは2期を期待してもいいでしょう!

「ハンドシェイカー」の動画視聴方法!

ニコニコチャンネル:ハンドシェイカー

ニコニコチャンネルでは最新話が無料で視聴可能となっていますので、是非チェックしてみてくださいね!

ハンドシェイカーいかがでしたでしょうか?

今回でラストとなってしまったハンドシェイカーですが、内容はいかがでしたでしょうか? 少し御都合主義的なものや、無理やりなもの、そして辻褄合わせが強引な部分もありましたが総合的にみて個人的には面白かったと思います。それ以上にコヨリちゃんが可愛かったということと女性キャラクターが可愛かったということが言えるでしょうね! みなさんそれぞれに意見があるとは思いますが、2期があれば是非みたいと思います!

長々とお付き合い頂きありがとうございました!


(写真:Pixabay)


【文:葵】
元ファミ通編集部ライターであり、現在はボイスタ専属ライターとして活動中! 基本食わず嫌いなく2次元ものを視聴しておりますマルチライターです。漫画ゲームアニメ、2次元ならなんでもこい! 推しキャラはリゼロのレム! 今後も色々と記事を書いて行きますので是非ご覧になってください! 今後ともボイスタを宜しくお願い致します。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。