ロマンティック幕末活劇 薄桜鬼のミュージカルまとめ

美しすぎる新選組隊士たちの中に一人女の子として混ざり混沌の幕末を共に駆け抜けられたらどんなにか幸せか。乙女の夢を叶えた恋愛アドベンチャーゲーム『薄桜鬼』はミュージカルとしても大人気!今回そんなすばらしいミュージカルについてまとめてみました!

美しすぎる新選組隊士たちの中に一人女の子として混ざり、混沌の幕末を共に駆け抜けられたらどんなにか幸せだろう……

そんな乙女の夢を叶えた恋愛アドベンチャーゲーム薄桜鬼』はミュージカルとしても大人気!ここではそんな夢のような設定のミュージカルをまとめてみました!

ミュージカル薄桜鬼 斎藤一編

2012年の4/27~5/8にかけて公演された第一作目が「斎藤一編」です。新選組が京都に来てすぐの時期から、池田屋事件などを経て、斎藤さんが羅刹になるまでを描いたもの。

本公演の評価ですが、まさに賛否両論です。「原作好きな人は見ない方がいい」という人もいれば「薄桜鬼好きなら見ないと損!」という人も。というのは「キャラの崩壊も含めて楽しめるか」というのが分かれ目になりそうですね。

ミュージカルならではのギャグを土方さんが言っていたりするので、あのお堅いツンツンな土方さんしか受け入れられないという人には向かないかもしれません。しかし演者の人たちのイケメンっぷりは一見の価値ありです!綺麗な顔の役者さんたちが玉の汗を流しながら披露する殺陣はよだれものですよ!

ミュージカル薄桜鬼 沖田総司編

2013年の3/14~3/24にかけて公演された続編が「沖田総司編」。

本公演はゲームの沖田さんルートが主軸のシナリオになっています。原作ファンには垂涎の沖田さんと雪村が2人で血を飲むシーンも織り込まれています。レポートによればそのシーンの血をなめる音が「たまらん」かったとのことwww

沖田総司編になると前作斎藤一編で「ミュージカル版は無理」と思ったファンは見に行くのをやめたようで、総じて高評価です。特に主人公となる沖田総司と雪村とのやりとりが原作に忠実で、ファンは大興奮ですね。

でも意外と人気なのが斎藤さんの「豆腐ネタ」www 屯所の周りを隊士たちでかけっこ勝負をして勝った人の好きなおかずが出るというシーンがあり、そこで1位になった斎藤さんが豆腐尽くしの献立を考えるという一連の流れが最高ですよ!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。