【グラブル】ラカム超カッコいい!男前なラカムの姿!「グランブルーファンタジー」4話の感想まとめと内容考察!さらに動画視聴方法も!

今回は「グランブルーファンタジー」4話の個人的な感想まとめと内容の考察記事になります。前回は帝国軍に囲まれてしまったグランたちですが、そこへ現れたのは登場からイケメンぶりを発揮しまくっているラカムでした。操舵の腕だけでなく、銃の腕前もかなりのものであり、将軍が座っている椅子の脚だけを撃ち抜くという荒技をやってのけるラカム。そんなラカムの有志が今回は観られる回でした! 4話の内容を個人的な視点で掘り下げていこうと思いますので、是非最後までご覧になってください!

騎空士ラカムの底力! グランサイファーは動くのか!? さらに帝国軍の狙いとは?「グランブルーファンタジー」4話!

皆さんこんにちは、ボイスタライターの葵です!

今回は「グランブルーファンタジー」4話の個人的な感想まとめと内容の考察記事になります。前回は帝国軍に囲まれてしまったグランたちですが、そこへ現れたのは登場からイケメンぶりを発揮しまくっているラカムでした。操舵の腕だけでなく、銃の腕前もかなりのものであり、将軍が座っている椅子の脚だけを撃ち抜くという荒技をやってのけるラカム。そんなラカムの有志が今回は観られる回でした! 4話の内容を個人的な視点で掘り下げていこうと思いますので、是非最後までご覧になってください!

「グランブルーファンタジー」4話の感想まとめと内容考察!

では早速、グランブルーファンタジー4話の個人的な感想まとめと内容の考察記事に入りたいと思います。今回はラカムの有志がかなり観られる回であったと思いました。ラカムは前回から登場しましたが、登場してからというものの、かなりの男前さを出していますね! こういうキャラはどこかしら抜けている部分があるものなのですが、それが一切なく、強いこだわりを持っているとてもいい男であるというキャラクターです! そんなラカムが大活躍する4話の内容を個人的な視点で掘り下げていきます!

ラカムの有志! グランサイファーは飛び立つのか!?

今回の始まりは前回の続きからとなりました。帝国軍に囲まれるグランたちです。阿呆でチビな将軍が踏ん反り返っている場面でラカムがナイスな射撃を行った場面ですね。「あらららら!」という感じで坂を転げ落ちるちびっこ将軍の姿を観て吹かない視聴者がいましたでしょうか? 私はかなり爆笑してしまいました。さらにここで言えることは、ラカムの銃の腕前が凄いということですね。どこから撃っているのかわからないという感じでしたが、わざと当てないように撃っており、そのスキにグランたちを秘密の抜け穴に誘導するよう、銃で知らせるというなんとも難しいことをやってのけますが、ここでグランがそのことに気づいたというのも案外凄いことですよね。まさかあれであそこに抜け穴があるなんて誰が気づきますでしょうか? まあそれはさておき、とりあえず難を逃れたグランたちです。秘密の抜け穴で再びラカムと再開するグラン。「やっぱり!」と言います。「なんとなく気づいていたのか」とラカムも言いますが、気づいていたのが不思議なくらいですね。そしてラカムはほとぼりが冷めるまで自らの住処へとかくまってくれました。

やはりこれまでのラカムの行動や言動を見ている限りではいい人すぎるということしかありませんね。グランたちを助けたにも関わらず「俺は俺の船を守っただけだ」とツンデレを見せる場面もありつつ、しかしながら放っておけない感じ、そして何より男気がかなりありますよね。あとであれが帝国軍であると知ったにも関わらず動じない姿には驚かされました。

ラカムのアジトのような場所でグランは思い切ってラカムを仲間に引き入れようとします。が、しかし、ラカムはそれを拒否します。ラカムは子供の頃から壊れた船をずっと修理しており、その船以外には乗る気はないという思いがあるようです。それがあの先ほど帝国軍がドンパチやっていた場所にあった「グランサイファー」という飛空挺ですね。あれを修理し、再び空へと飛び上がるまでは他の船に浮気をする気はないとのことでした。一度は飛んだらしいのですが、墜落・・・それ以降、エンジンに火が入らないとのことであり、難航しているようでした。しかし、そのことを聞いたグランはにっこり笑い「わかった」と言います。ラカムの意志ははかなり硬く、その思いというのもかなりストレートなものだっただけにグランも納得したのでしょうね。ラカムのグランサイファーに対する思入れというのは一際目立つものがありました。

しかしそんな中、アクシデントが起こります。突然にして空が荒れ狂う自体に・・・。これも全てはあの帝国軍のちびっこ将軍の仕業のようですね。そんな時にグランたちは待ちの方へと向かいます。すると、またしてもあの二人が登場します。帝国に雇われた傭兵とのことですが、ここでもやはりグランたちに船を提供するという風に持ちかけていきます。どういう意図があってそう誘導しているのかは不明なのですが、裏で手を引いている人間が色々といるようですね。グランたちはもちろんそんな言葉には耳を傾けることはありませんでした。そして起こってしまう勝負! ここでラカムの戦闘力も色々とわかりましたね。銃でまさかの近接戦闘を行おうとしているラカムです。戦闘もなかなかのものでしあり、グランと共に共闘します。しかしながら敵の強さはかなりのものであり、苦戦します、が。

ここにきて後ろで大きな竜巻が吹き荒れます!

その光景をみた傭兵二人は潮時だと言ってその場を後にします。グランたちは町の方へと急ぎますが、状況は芳しくないようでした。船がないというのではなく、1隻だけ残っている船があるというのですが、操縦士が大怪我をしていて誰も操縦できる人間がいないとのことでした。ここでラカムは苦しみます。たくさんの人が救助を待っている中、自分が操縦できるということと、グランサイファー以外は乗りたくないというプライドが交差します。しかしながら、周りを見渡し、状況をしっかりと把握したラカムは操縦することを決意します。

しかしここでもまたあの将軍の手が及びます。最後の船出会った飛空挺は将軍の手によって破壊されてしまいます。最後の頼みの綱であった飛空挺まで破壊されてしまい絶体絶命かと思われたのですが、ここでルリアが風の神ティアマトの元まで連れて言って欲しいと進言します。よくわかっていない感じのラカムでしたが、ルリアの言葉を信じあのグランサイファーの元へと急ぎます。

すると! まさかのここであの不動だったグランサイファーが飛んだのでした。王道的な流れですが、ちょっと感動しましたね! 次回、ティアマトを沈めることができるのでしょうか?

「グランブルーファンタジー」の動画視聴方法!

ニコニコチャンネル:グランブルーファンタジー

ニコニコチャンネルでは最新話が無料で視聴可能となっていますので、是非チェックしてみてくださいね!

次回のグランブルーファンタジーは、ティアマト戦!?

遂に飛行することができたグランサイファーですが、あのティアマトがいる場所へたどり着けるのでしょうか? ここでひとつ気になったのですが、あのティアマトがいるという雲・・・どうみてもラピュタの竜の巣ですよね。ファンタジーですのでそういうのもありなのかな? とも思いましたが、あそこに本当にティアマトがいるとなると本当に竜の巣ですね! 次回のグランブルーファンタジーもお見逃しなく!


(筆者撮影)


【文:葵】
元ファミ通編集部ライターであり、現在はボイスタ専属ライターとして活動中! 基本食わず嫌いなく2次元ものを視聴しておりますマルチライターです。漫画ゲームアニメ、2次元ならなんでもこい! 推しキャラはリゼロのレム! 今後も色々と記事を書いて行きますので是非ご覧になってください! 今後ともボイスタを宜しくお願い致します。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。