『機動戦士ガンダムUC』 スペシャルライブが「RE:UnChild」としてカムバック!

『機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096』の放送を記念して、8月に「RE:UnChild」として再びライブイベントが開催されます。今回はその見どころについてご紹介します!

アニメ『機動戦士ガンダムUC』で、劇中歌など音楽を担当した澤野弘之と主題歌を歌ったAimerによる「UnChild」。2014年に『機動戦士ガンダムUC episode 7「虹の彼方に」』公開記念として開催されたライブイベント「UnChild」は大好評。

そして、『機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096』の放送を記念して、8月に「RE:UnChild」として再びライブイベントが開催されます。今回はその見どころについてご紹介します!

ガンダムの音楽を担当したUnChildって? RE:UnChildとは?

もともとガンダム・エースにて2007年から2009年にかけて連載されていた『機動戦士ガンダムUC』。2010年からは映画、ブルーレイ、インターネットなどで全7作に渡ってOVA化されました。その音楽を担当したのが、SawanoHiroyuki[nZk]としても活動する澤野弘之さん。

そして、エピソード6と7の主題歌を担当したのがAimerさんでした。そんな2人がコラボして作られたのが『UnChild』というアルバム。

ガンダムの世界観をテーマにしながらもよりボーカルに重点を置いた彼らの楽曲は話題となり、オリコンCDアルバム週間ランキングでTOP10入りを果たしたのです。2014年には「UnChild」というライブイベントを開催。そして、今回再び開催されるのが「RE:UnChild」なのです。

2014年に『機動戦士ガンダムUC』「UnChild」をおさらい!

2014年に『機動戦士ガンダムUC episode 7』の公開を記念してZepp Tokyoで行われたスペシャルライブ「UnChild」。開演前にはOVAのダイジェスト映像が流されるなど、一気に『機動戦士ガンダムUC』の世界観に包まれます。

気になるセットリストですが、エピソード 7の主題歌「StarRingChild」はもちろんのこと、サントラの「MOBILE SUIT」にボーカルを加えた「Destiny」や、「UnChild」としての新曲も披露。また、アンコールではAimerが担当していない歴代の主題歌や会場に集まったファンへの感謝が込められた曲も披露されるというサプライズがあるなど、ファンにはたまらないものでした。

「RE:UnChild」でもファンが十分に満足できる内容だと期待ができます。

「RE:UnChild」では、新作アニメ『機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096』の要素が盛り込まれる!

そんな大盛況に終わった「UnChild」のイベントですが、「RE:UnChild」は、今年4月からスタートしたアニメ『機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096』の放送開始を記念したもの。Aimer以外に、ゲストボーカルとして、Tielle、naNamiも出演します。

Tielleは、『機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096』でオープニングテーマ「Into the Sky」を、naNamiはエンディングテーマ「Next 2 U -eUC-」を担当。これまでの「UnChild」の魅力はもちろんのこと、新メンバーも加わった「RE:UnChild」は前回よりも盛り上がること間違いなしです!

サントラを聴きこんでガンダムのイベントにいこう!

ガンダムのチケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。機動戦士ガンダムUC スペシャルライブイベント RE:UnChildもおすすめ!

今なら5人に1人Amazonギフト券が当たるキャンペーン開催中♩

▶︎キャンペーン詳細はこちら

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。