GRANRODEO「GRANRODEO LIVE TOUR 2017 Pierrot Dancin’」の追加公演がまもなくスタート!会場・座席表情報まとめ

「GRANRODEO LIVE TOUR 2017 Pierrot Dancin’」の追加公演をまもなくスタートさせるGRANRODEO。一部では座席もありますが、オールスタンディングがメインの会場は、GRANRODEOのライブを臨場感たっぷりに楽しめます。今回は、「GRANRODEO LIVE TOUR 2017 Pierrot Dancin’」の追加公演について詳しくチェック!座席解説はもちろんのこと、会場周辺の情報もまとめてお届けします。

GRANRODEOライブツアーの追加公演間近!会場と座席表をチェック

(出展:pixabay)

「GRANRODEO LIVE TOUR 2017 Pierrot Dancin’」で当初予定されていた公演を終えたばかりのGRANRODEO。彼らはアニメ・声優ファンをはじめ、男女問わずさまざまな世代から絶大な人気を誇っています。

そして、8月からは「GRANRODEO LIVE TOUR 2017 Pierrot Dancin’」の追加公演がスタート!会場はスタンディングと座席のスペースがある、なんばHatchとZepp DiverCity Tokyoの2つです。

GRANRODEOのライブを臨場感たっぷりに堪能できる各会場のキャパ・アクセス・座席表と、周辺情報をまとめてお届けします。

GRANRODEOライブツアーの追加公演概要

会場・座席表情報の前に、まずはGRANRODEO「GRANRODEO LIVE TOUR 2017 Pierrot Dancin’」の追加公演概要をまとめてチェックしておきましょう。

日程・会場

【大阪】
2017年8月5日(土) なんばHatch 開場 17:00/開演 18:00
2017年8月6日(日) なんばHatch開場15:00/開演16:00

【東京】
2017年8月10日(木) Zepp DiverCity Tokyo開場18:00/開演19:00
2017年8月11日(金) Zepp DiverCity Tokyo開場16:00/開演17:00

料金

1Fスタンディング 6,500円(税込)※入場整理番号付
2F指定 6,500円(税込)
※ドリンク代別500円

(引用元:GRANRODEO Official Website)

なんばHatchは「GRANRODEO LIVE TOUR 2017 Pierrot Dancin’」の当初の予定にもなかった会場です。

ライブは場所よって感じ方が異なりますので、すでに行われた公演でGRANRODEOのパフォーマンスを見たという方も、もう一度参加を検討してみてはいかがでしょうか?

また、東京公演ではツアー前半で公演を行ったZepp DiverCity Tokyoに戻ってきます。こちらもツアー最後の締めくくりという大事な公演になりますので、ファンなら見逃せませんね!

続いては、各会場の詳細と座席表、周辺情報などをまとめていきます。

GRANRODEO「GRANRODEO LIVE TOUR 2017 Pierrot Dancin’」追加公演【大阪】

GRANRODEO「GRANRODEO LIVE TOUR 2017 Pierrot Dancin’」の追加公演前半は大阪。ここでは、会場のなんばHatchについて詳しく見ていきましょう。

なんばHatchの概要

なんばHatchの建物は八角形の個性的な外観で、ひと目みればすぐにわかります。多目的複合施設「湊町リバープレイス」の一部です。コインロッカーも設置されています。

キャパは約1,653人(1Fスタンディング:約1,500人/2F座席:153人)で、スタンディングとしては程よい広さです。

また、音響家が選ぶ優良ホール100選に入っているというのも特徴的。選ばれているのはホールやアリーナクラスの会場が多く、同等のライブスペースとしては珍しい事例です。

専門家から見て舞台設備・音響・照明などの質が良く、運営スタッフも高く評価されています。

アクセス・最寄駅

所在地:大阪府大阪市浪速区湊町1-3-1
《電車》地下鉄御堂筋線/四ツ橋線「なんば」駅26番-B出口よりすぐ

座席表

公式サイトの会場座席表は1Fにも座席がある図ですが、「GRANRODEO LIVE TOUR 2017 Pierrot Dancin’」の追加公演時、1Fはすべてスタンディングスペースです。後方の真ん中に音響・照明スペースがあります。

1Fは後方でもそれほど遠く感じません。スタンディングで見えるか不安な方は、後方をキープしつつ、オペラグラスなどを使うとよいかもしれませんね!

2Fの座席はサイドブロックのAA〜FF列/1〜8番、中央エリアのA〜E列/1〜23番まで。スタンディングのすし詰め状態が苦手な方や、落ち着いて楽しみたい方はこちらがおすすめです!

周辺情報

なんばHatchがある地域は、最寄駅の近くからかなり栄えています。ライブ前後の食事や時間調整にも困ることはありません!多数のグルメスポットに立ち寄れるほか、なんばCITYなどでショッピングをすることもできます。

GRANRODEO「GRANRODEO LIVE TOUR 2017 Pierrot Dancin’」追加公演【東京】

GRANRODEO「GRANRODEO LIVE TOUR 2017 Pierrot Dancin’」の追加公演後半は東京。続いては、Zepp DiverCity Tokyoについて詳しく見ていきましょう。

Zepp DiverCity Tokyoの概要

Zepp DiverCity Tokyoは2012年オープンの比較的新しい会場です。最新鋭の機材を備え、これまでのライブスペースとは異なるエンターテインメント空間を作るために誕生しました。

キャパは2,473人(1Fスタンディング:約2,107人/2F座席:214人/2Fスタンディング152人)と、大阪会場のなんばHatchよりもやや広めです。コインロッカーは建物の内外に設置されています。

場所は、お台場のショッピングモール「ダイバーシティ東京プラザ」内。同じお台場地区内にZepp Tokyoもありますので、「GRANRODEO LIVE TOUR 2017 Pierrot Dancin’」で訪れる際は間違えないよう注意しましょう。

アクセス・最寄駅

所在地:東京都江東区青海 1-1-10 ダイバーシティ東京プラザ
《電車》東京臨海新交通臨海線 (ゆりかもめ)「台場」駅より徒歩5分
《電車》東京臨海高速鉄道りんかい線「東京テレポート」駅より徒歩3分

座席表

スタンディングスペースとなっている1Fは、中央のあたりに仕切りがあります。音響スペースは後方の真ん中です。

キャパが大きめなので、1Fは人が大勢入ると会場内にはかなり熱気がこもります。スタンディングに慣れていない方は、やや後ろに下がっているほうが安心かもしれません。

座席のある2Fは2A〜2F列まであり、1〜14番(左)、15〜28番(中央)、29〜42番(右)という並びです。2A列は中央ブロックがなく、2F列は13〜30番の座席のみとなっています。

どの席でも全体が見渡しやすいでしょう!後方であれば、念のためオペラグラスを持参してくださいね。

周辺情報

概要でもお伝えしていますが、Zepp DiverCity Tokyoは「ダイバーシティ東京プラザ」内にあります。そのため、時間調整や食事などで使えるお店がたくさんあって便利です。

また、お台場地区にはショッピングモールのほかにも気軽に散歩できる海浜公園などがあり、一日中過ごせます。ライブのついでにゆっくり見て回ってみてはいかがでしょうか?

GRANRODEOライブツアーの追加公演に参戦しよう!

GRANRODEO「GRANRODEO LIVE TOUR 2017 Pierrot Dancin’」の追加公演について、大阪・東京それぞれの会場・座席表情報をまとめてお届けしました。

どちらの会場もスタンディング・座席の両方が用意されていますが、各々の楽しみ方に合わせて選ぶのが一番です!

心地よくライブを楽しめる場所で、GRANRODEO「GRANRODEO LIVE TOUR 2017 Pierrot Dancin’」の追加公演をしっかりと堪能してくださいね。

こちらの記事もおすすめ!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。