【ガールズ&パンツァー】「カメさんチーム」生徒会の方々を大紹介!本当はイイ人たち?

『ガールズ&パンツァー』は、かわいい女の子たちに戦車……という、ちょっと変わった組み合わせが話題を呼んだ人気アニメです。様々な個性豊かな女の子たちが登場するのですが、ここでは序盤は嫌な感じの方々だった生徒会の皆様「カメさんチーム」について紹介していきます!「カメさんチーム」のリーダー的存在の「角谷杏」は、イイ人なのか?

 『ガールズ&パンツァー』「カメさんチーム」とは?

『ガールズ&パンツァー』は、かわいい女の子たちが戦車に乗って戦う競技「戦車道」を学び、女性としての品を学んでいこうとする物語ですが、どちらかと言えばバトルに重きを置かれたミリタリーアクションアニメ作品です!

競技の最中に、意図せず町を大砲や機関銃で破壊したり、それでも町の人達は楽しそうに応援しているという、ちょっと変わったアニメでもありますが『ガールズ&パンツァー』略して「ガルパン」は、女の子たちの青春や本格ミリタリーバトルを楽しめる作品でもあります!

競技用の弾を使っているとはいえ、当たったら死亡確定でありますが、作品ではみんな生命に関わるような大怪我はしないので、安心してみることができる作品です!

ここでは、そんな「ガルパン」に序盤からでてきて存在感をみせた「角谷杏(かどたにあんず)」の生徒会チーム、「カメさんチーム」について紹介していきます!

『ガールズ&パンツァー』生徒会の会長「角谷杏」の魅力とは?

「角谷杏」ですが、一番最初にでてきた時は悪役っぽい感じで登場しました! そして、主人公の「西住みほ」は過去のトラウマから「戦車道」をやりたくないのに、生徒会の権力をつかって「戦車道」をやらなければ退学にすると脅した、感じの悪い人物でした。

まぁ、「杏」からしてみれば、代々由緒ある「西住流」の「戦車道」を受け継ぐ「西住みほ」に「戦車道」を専行してもらいたかったのですが、さすがに強引な感じはする女の子でしたね。

でも、結果的に主人公の「みほ」もトラウマから解放され、「戦車道」を通して最高の友達もつくることができ、「戦車道」を楽しいと思えるようになったので、結果的に「杏」のやったことは正解だったと言えます!

このように、「杏」は少々強引な人物でありますが、いつも結果オーライにしてしまうという強運の持ち主です! その生まれ持った強運に自信があるのか、作中では全くと言っていいほど弱気になることがありません!

どんなに不利な時でも、自信に満ちた表情は崩れることがなく、下手なプライドもないので周囲に侮辱されても気にしていないという、ある意味でものすごく強い精神力の持ち主です!

『ガールズ&パンツァー』生徒会の副会長「小山柚子」はナイスプロポーション!

いつも「杏」の護衛をしているというか、側で補佐(雑用)をしているのが、作中で素晴らしいプロポーションを見せてくれた「小山柚子(こやまゆず)」です!

彼女は生徒会では基本的に雑用係で、なにもしない「杏」に代わって色々な業務をしています。

「大洗女子学園(おおあらいじょしがくえん)」に眠っていた汚い戦車を、わざわざ水着姿になって洗浄するなど、「杏」がなにもやらないので、彼女が面倒な仕事を全て引き受けています。

さすがに「杏」に対して不満があるようですが、それでも「杏」のことが好きなのか、彼女にどこまでも従っていく少女です!

『ガールズ&パンツァー』生徒会の広報「河嶋桃」はちょっとこわい?

「河嶋桃(かわしまもも)」は、生徒会では広報担当です。キツイ目つきに眼鏡がトレードマークの、典型的な仕切りキャラとして活躍します!

どちらかといえば、彼女の方が「柚子」よりも立場が上な感じで、「柚子」が一人で戦車を洗っている時も、「桃」は静観しているばかりでした(柚子が人が良すぎるだけかもしれませんが)。

「桃」という可愛らしい名前が似合わないくらい口調がきつく、「杏」の破天荒ぶりも相まって、生徒会の嫌な雰囲気をつくっている張本人の一人とも言えるかもしれません。

「杏」に心酔しているのか、「杏」の決定には逆らうことはなく、全て彼女の思い通りにことを進めていくため手助けをする参謀です。

感情のコントロールが苦手で、意外と最も精神的に暴走しやすいキャラクターでもあります!

『ガールズ&パンツァー』「カメさんチーム」の戦車!

「カメさんチーム」というのは、主人公の「みほ」が生徒会チームにつけた名称。実は「みほ」達の学園「大洗女子学園」のリーダーは「杏」ではなく、経験者の「みほ」です!

だから、「みほ」の好きな名前をそれぞれのチームに振り分けた結果、生徒会のチームにつけられた名称が「カメさんチーム」というチーム名でした(他のチームも動物の名前)。

そして、その「カメさんチーム」が使う戦車は、「38(t)戦車 B/C型」。チェコスロバキアが生んだ戦車であり、第二次世界大戦前にチェコのCKD社が生んだ戦車です。

作中では、初戦である「聖(せんと)グロリアーナ学園」戦において金色に塗りつぶされていましたが、その時はあまり活躍できなかったのと、金色が目立ちすぎて戦闘向きではないと判断したのか、後の試合ではもとのミリタリーカラーをベースに戻していました。

そして、作中終盤の対黒森峰戦を前には、集まった義援金でヘッツァー改造キットを購入し、「38(t)戦車 B/C型」は車体上部を載せ替えてヘッツァー仕様にパワーアップします!

『ガールズ&パンツァー』「杏」の魅力!

「杏」は一番はじめこそ嫌な印象がありましたが、回を重ねるごとに、やることがちょっと強引なだけでイイ人なのだということがわかっていきます!

「聖グロリアーナ学園」戦においても、初戦で敗戦さえしてしまったものの、試合に負けて勝負に勝ったと胸を張って言えるだけの、内容が物凄く良い試合でした。

「聖グロリアーナ学園」戦で負けたら、ものすごくかっこわるい踊りである「あんこう踊り」を「みほ」達にしてもらうという約束でしたが、「みほ」のがんばりと実力を認めたのか、「まぁ、こういのは連帯責任だから」と言い、「杏」を含めた生徒会メンバー全員で「あんこう踊り」をするという、ある種の責任感と度量があるキャラクターとして描かれます!

また、公式戦の初戦の相手だった「サンダース大学付属高校」のリーダー「ケイ」に対しても、フレンドリーに接し、初対面の相手や敵に対しても礼儀を忘れず、嫌なやつに侮辱されても気にしないという強さもあります!

負けたり侮辱されたり不利な状況に立たされても、誰よりも状況を楽しみながら楽観的にことを進める性質があり、毎回ギリギリの所で状況を好転させていくという運の良さは、「杏」の魅力と言えるでしょう!

『ガールズ&パンツァー』「カメさんチーム」まとめ&グッズ紹介!

『ガールズ&パンツァー』生徒会チームの、特に「杏」についてご紹介しました!

はじめは敵なのか? と誤解してしまいかねなかった「杏」や生徒会の面々。しかし、「杏」ほど精神的に頼れる人物はいないということが徐々にわかっていき、良い働きをした時は素直にみんなを賞賛してくれました!

まとめると、「杏」はそんなストレートで裏表のないだけの人物なのだということが伺えますね!

「杏」は見かたによっては物凄くかわいい女の子なので、「ガルパン」をまだ視聴していない方は、その破天荒なかわいさが魅力な「杏」を、ぜひ見てみてほしいと思います!

『ガールズ&パンツァー』は、女の子と戦車という異例なコラボを果たした作品にも関わらず、とても人気になった作品です。

グッズも良い商品は早くなくなってしまうので、気になるグッズは早めにチェックした方が良いでしょう!

ここでしか手に入らない『ガールズ&パンツァー』のグッズは、こちらを参照してください!

関連記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。