「少女終末旅行」第6話放送開始!感想まとめと考察、動画の視聴方法を紹介

つくみずさん作、webコミック「くらげバンチ」で連載中の「少女終末旅行」の第6話が公開されました。 第5話では廃墟となって無人の集合住宅の1室の模様替えを想像して楽しむ2人と、雨漏りをした水滴で奏でる音楽を楽しむ2人が描かれましたね。 今回2人はどんな旅をするのでしょうか、「少女終末旅行」第6話の内容と考察、感想を紹介、「少女終末旅行」の放送を見逃した方に放送情報の紹介などもありますよ!

「少女終末旅行」第6話放送開始!感想まとめと考察、動画の視聴方法を紹介

みなさんこんにちは、ボイスタライターの如月です。

文明が崩壊し全てが滅んでしまった世界で、ふたりぼっちになったチトとユーリ、愛車のケッテンクラートに乗って延々と続く廃墟を旅するファンタジー物語「少女終末旅行」の第5話が放送されました。

第5話では誰もいなくなっている廃墟の集合住宅の1室に入り、そこの模様替えを想像して楽しむ2人。

そして雨宿りした先で、雨漏りした水滴で音楽を奏でる面白さに目覚めた2人が描かれました、特にEDへの入り方がとても秀逸でしたね。

今回2人はどこへ向かうのでしょうか、

「少女終末旅行」第6話の内容とツイッターの感想まとめを紹介します。放送を見逃してしまった人のために、今からでも間に合う第6話の動画視聴方法もありますよ。

少女終末旅行の主演水瀬いのりさんの出演作品の記事はこちら

「少女終末旅行」第6話の内容と考察

絶望的だ

温かい日差しで待ったりするユーリ、それに対して直らないケッテンクラートと格闘し絶望するチト。

なかなか直らないケッテンクラート、ユーリに手伝えと言うがユーリは絶望を楽しもうよとお気楽。

このまま直らなければ最上階に行けないと絶望するチト、ユーリはそれでもいいんじゃないと他人事。

飛行機と人

空を飛ぶ飛行機が目に入り興奮するユーリ、チトはそれを追いかけるかのように一緒に入る人を見つけます。

飛行機を追いかける人は転びます、「あ、こけた」「死んだか?」

こけた人の元に向かう2人、「成功だ、うまく飛んだぞ」

女性はそのまま2人の存在に気づかずに飛行機の観察と記録をします。

「うわ、びっくりした、なんだお前ら」

ようやく2人に気づいた女性、あの飛行機はこの女性が作ったものです。

見てもらう

故障したケッテンクラートを見てもらう2人、「これなら直せるかな」

喜ぶ2人、修理の代わりに何かを手伝ってもらいたいようです。

「こんな時に人に会うなんて、ついていたよ」

イシイ

女性の名前はイシイ、2人はイシイに連れられて行った場所は古い空軍基地。

イシイはずっとここへ住んでいるようです、近くに食料生産施設があったんだけどもう動いていない、水と電気も時間の問題のようですね。

とんでいった飛行機は試作機と言うイシイ、「本命はこっちさ」

ケッテンクラートの修理と引き換えに飛行機の製作に協力してもらうとイシイは告げます。

飛行機が完成したら私はここを出ると言う。

お風呂を使わせてもらう2人、いい人だねというユーリ、チトはいつもいい人に会うわけではないと悲観的。

お風呂から出た2人はイシイの元へと戻る、食事としてイモをもらいます。

「うん、うまい」「おいしい!」

これを食べて明日から頑張ってと言うイシイ、「ねえイシイ、なんで飛行機なんて作ろうと思ったの?」

「一番の理由は、やっぱりあれかな。記録があったんだ、君たちの目の前に貼ってあるよ。飛行機の図面だよ」

基地にあった数々の飛行機の図面、初期のものから理解できないものまで。

そのさまざまな図面を参考に作ったのがさっきの飛行機です。

もし失敗したら死と不安になるチト、「だが、どこにもいけなければそれこそ絶望だろ、この都市と共に死んでいくだけだ」

お手伝い

飛行機作りの手伝いをする2人、1人乗りの子の飛行機は航続距離は2000㎞にもなるようです。

空からの景色に興味があるユーリ、この飛行機に乗りたかったと言います、チトは全然乗りたくないと言いますが。

ケッテンクラートの修理を手伝うイシイ、この時はユーリは謎の絶望の歌を歌い続けます。

「動いた、命拾いした」

動き出すケッテンクラートを嬉しそうに運転するチトと走って追いかけるユーリ、「命拾いした」

そして飛行機作りも順調、大きい資材は直った愛車を利用して運びます。

完成した飛行機をケッテンクラートで引っ張る、「よし、準備はできたぞ」

感性を祝ってイモパーティーを開く3人、イモを2つもらって大喜び。

そして西の食料生産地に行けばまだ食料が残っていると教えてもらう2人、次の目的が決まりました。

離陸

イシイの目的地は記録にある隣の都市、晴れた日に観察をするとその存在をかすかに確認できています。

「イシイ、本当に行くんだね」

「もちろんだ、この時のためにずっと1人で作ってきたんだ、君たちに会えて本当によかったよ」

この瞬間を誰かに見てもらえたと言うのが本当によかった、誰かに見てもらったということは歴史に残る。

「もしかするとイシイは、人類最後の飛行者かもね」

「そうかもな」

「さて、行くか。歴史の末端に刻む飛行だ」

そして離陸を試みるイシイの飛行機、それを見送る2人、快調に飛行をする飛行機。

「やったー!」

ユーリが嬉しそうに声を上げるとその時、突然飛行機が分解して墜落する。

ショックで座り込むチト、「チーちゃん、見て!」

ユーリの言葉で空を見るチト、そこは落下傘で脱出したイシイの姿が。

やっぱりダメだったかと呟くイシイ、「あっけないもんだな、長い間1人で、1人で頑張ってきたのに。でもまぁ、失敗してみれば気楽なもんだな」

笑顔で風に揺られるイシイ、ユーリは絶望と仲良くなったのかなと言います。

「でもまぁ、イシイが無事でよかった」

「あのまま降りていけば下層には着陸できそうだし、また暮らしていけるよね」

チトは日記に飛行機のことなどを書きます、「歴史ってやつ?」「なのかな」

「少女終末旅行」第6話の感想

「少女終末旅行」の放送情報

(画像:Pixabay

「少女終末旅行」の放送局やネット配信の情報を紹介します。

  • TOKYO MX 毎週金曜夜10時30分~
  • テレビ愛知 毎週土曜深夜2時50分~
  • KBS京都 毎週金曜深夜1時30分~
  • サンテレビ 毎週金曜深夜0時00分~
  • TVQ九州放送 毎週月曜深夜2時30分~
  • BS11 毎週金曜夜11時00分~
  • AT-X  毎週金曜夜9時30分〜(リピート放送 日曜深夜3時00分~,月曜午後1時30分~,木曜早朝5時30分~)

「少女終末旅行」第6話を確認して第7話の放送を待とう!

「少女終末旅行」第6話の内容まとめ、感想を紹介しました。

故障したケッテンクラートを前に絶望するチト、そこで出会ったのは飛行機を作っている女性のイシイでした。

イシイのおかげでケッテンクラートは無事に直り、イシイは出来上がった飛行機で飛行をするが残念ながら失敗しました。

しかしどこか吹っ切れたような表情をするイシイ、次回2人はどんな物語を描くのでしょうか、放送を楽しみに待ちましょう!

少女終末旅行の関連記事はこちら


【文:如月】
ボイ☆スタライター、ゲームはTRPG、PBWといったアナログゲームからWOTなどのPCゲーム、艦これ、黒ウィズ、シャドウバースなどのブラウザゲーム、スマホゲームまで大好きなゲーマー。2017年放送アニメでは「すかすか」と「プリンセス・プリンシパル」がお気に入り。
アニメももちろん大好き、ガルパン劇場版も数回足を運んだガルパンおじさんの1人。

その他、歴史、スポーツ、ミリタリーなどなど幅広い趣味があり、興味を持ったものはなんでも調べるのが趣味。
2017年秋アニメは「少女終末旅行」の他、「魔法使いの嫁」なども書くのでそちらもチェックしてください。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。