衝撃の過去編!?「映画 ハイ☆スピード!-Free! Starting Days-」のあらすじをチェック!

ハイ☆スピード!-Free! Starting Days-の映画が昨年12月に公開されましたが、この7月にはBlu-ray&DVDとなって帰って来ます。また、2017年の3月にはスペシャルイベントが開催されるので、楽しみに待ちましょう。

映画 ハイ☆スピード!-Free! Starting Days-」のおおじこうじさんのライトノベル「ハイ☆スピード!」を原作とした映画です。あらすじは以下になります。
岩鳶中学校へ進学した主人公の七瀬遙と、遙の幼なじみである橘真琴は水泳部に入部します。そこで椎名旭、桐嶋郁弥とメドレーリレーのチームを組み4人で試合に出ることになりました。しかし、4人はフリーではトップクラスの実力者であるものの、リレーとなるとうまくいきません。そんな幼い4人が水泳を通して徐々にお互いのことを知り「チームとは何か」を学んでいくという物語です。キーとなるとのは遙と真琴の過去です。遙は小学生時代に出場した大会でもメドレーリレーをしています。その時のメンバーは遙と、橘真琴、葉月渚、松岡凛でした。
遙はもちろん、真琴もまた、この時の「最高のチーム」でリレーをしたことを忘れられずにいました。あれ以上のチームはできないと感じる遙が、水泳を通してどのようにして今を生きるのかを描いた青春ドラマです。

アニメにはいない新キャラ!「映画 ハイ☆スピード!-Free! Starting Days-」の重要人物

「映画 ハイ☆スピード!-Free! Starting Days-」には、アニメは出てこないキャラがいます。
それが今回、メドレーリレーの一員となる椎名旭と桐嶋郁弥です。さらに郁弥の兄である桐嶋夏也と、芹沢尚も加わります。夏也と尚は三年生で、一年生である遙たちを教育します。この部分がアニメと大きく違う部分になります。
また、アニメでは主人公の遙たちはアニメ1期では高校2年生でした。2期では3年生になります。
映画では中学1年生、さらに小学生まで遡り遙たちのキャラが描かれます。つまり過去を描いているのです。
「Free!」では「中1で水泳部を退部した後、高2になってまた始めた」という設定でスタートしています。
この退部するまでの間の短い短い物語を映画化したわけですが、映画を見た人の感想によると「なぜ退部したのか」と思うほど前向きなラストで締めくくられているようです。

個人的に気になるのは、中学1年の夏にこれだけのチームでリレーが出来、
遙達も部活にやる気を出しているのに、この後水泳部を辞めちゃうんですよね?
なんだか、そんな未来に繋がるなんて信じられないラストなので、
出来ればこの続きのドラマも描いて欲しいところです。出展映画『ハイ☆スピード!-Free! Starting Days-』あらすじ詳細&速攻レビュー!)

アニメに登場したキャラと、登場していないキャラがどちらもメインとなり物語が進むので、原作を把握しておくことでより一層映画が楽しめるでしょう。

DVDで要チェック!「映画 ハイ☆スピード!-Free! Starting Days-」

以上「映画 ハイ☆スピード!-Free! Starting Days-」のあらすじでした。
映画自体はすでに公開終了していますが、7月20にはBlu-ray&DVDとなって発売します。「Free!」が好きな人はぜひ、七瀬遙の中学時代、退部までのわずかな間に起きた物語を映画で確認してみてはいかがでしょうか。
アニメ版の時から評判であった水の美しさ、しぶき、水泡の表現などは映画でももちろん健在です。水泳映画としても申し分のないクオリティなので、公式サイトでTrailerを確認してみましょう。 来年の3月にはハイ☆スピードのスペシャルイベントも控えています。チケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。