Fate/Grand Order(FGO)第5章「北米神話対戦イ・プルーリバス・ウナム」のネタバレ!【FGO】

Fate/GrandOrderの第5章「北米神話対戦イ・プルーリバス・ウナム」のネタバレ記事です。FGOの魅力を余すところなく、ご紹介します。Fate/GrandOrderの「北米神話対戦イ・プルーリバス・ウナム」では、戦争中のアメリカにてケルト人とアメリカ合衆国の戦いに入っていきます。FGOのネタバレが入っています!

Fate/Grand Order(FGO)第5章「北米神話対戦イ・プルーリバス・ウナム」とは?

みなさん、こんにちは!ボイスタライターのはりぃです。
みなさんFate/GrandOrder(以下FGO)は知っていますか?プレイしている方も多いのではないでしょうか?
アメリカ「北米神話対戦イ・プルーリバス・ウナム」ということで、戦争が舞台となっています。
アメリカの偉人たちが出るかと思いきや、発明王エジソンやインドの偉人アルジュナなど個性豊かな面々が揃っています。
ストーリーのネタバレや、皆さんの感想を含めご紹介します!

気になるストーリーは?


(出典:pixabayより)

気になるストーリーはというと、舞台はアメリカを横断していきます。
ケルト人との戦争の真っ最中に叩き落とされた主人公とマシュは、まず人を助けることに専念しているナイチンゲールに出会います。
戦時中でも人を助けることを第一に考える彼女は、バーサーカーとなっていて、「助けるために殺す」という独特な感性をもっていました。
ケルト人との戦争において、まずはアメリカ西部合衆国に味方についてもらおうと、大統領トーマス・エジソンの元へ向かいます。
しかしそこでは意見の相違からすぐには協力が得られず、戦いとなるのでした。
やっとの思いで相互理解を果たし、アメリカ西部合衆国を味方につけると、次はケルト人との戦いです。
女王メイヴ率いるケルト人たちには、なぜかインドの英雄「アルジュナ」が味方についているのでした。

Fate/Grand Order(FGO)第5章「北米神話対戦イ・プルーリバス・ウナム」に登場する味方サーヴァントは?

Fate/GrandOrderのストーリーに登場する味方サーヴァントたちをご紹介します。
FGOのアメリカではサポートとして、レジスタンスメンバーやアメリカ西部合衆国軍が味方についてくれます。
今回はサポートメンバーがコロコロ変わるので、要注意です。ずっと好きなサポートサーヴァントをつかってはいられません。
そんな味方サーヴァントをネタバレで列挙してみました。皆さん好みのサーヴァントはいますか?

ナイチンゲール


最初から途中までサポートとして、主人公たちに付き合ってくれる良いバーサーカーの典型です。
ただし、バーサーカーなりに倫理が抜けているところがあり、「人を救うためならば人を殺す」という理由で、戦争に参加している。

ラーマ

レジスタンスの1人ですが、ストーリー中大傷を受け、しばらく参戦できなくなるところがあります。

ジェロニモ

レジスタンスを率いている1人で、司令塔です。
彼がいるからここまでレジスタンスが持ったようなもので、強くはないですが理性的です。

ロビンフッド

レジスタンスの1人で、西部戦線にて戦っていた1人です。
ビリー・ザ・キッドと共に戦っていました。

ビリー・ザ・キッド

レジスタンスの1人で、西部戦線にて戦っていた1人です。
ロビンフッドと共に戦っていました。

エリザベート・バートリー

2章からなんども出てくるお姉さんです。
ここでもアイドル目指して頑張っているのですが、主人公からは「何度も出てきて恥ずかしくないんですかー!」と言われています。

ネロ・クラウディウス

なぜかアメリカではアイドルを目指してしまっった、ローマの皇帝です。
今回は白い衣装で現界しており、エリザベートとアイドルの座を競っています。

トーマス・エジソン

アメリカ大統領を名乗るライオンの男性です。
今回は西部アメリカ合衆国の代表として登場する、発明王でもあります。

カルナ

槍の名手で、アルジュナの天敵です。
インドの神話の英雄のはずなのに、なぜかアメリカで現界しています。

エレナ・ブラヴァツキー

エジソンを時に扇動し、時に諌める、良い片腕役です。

Fate/Grand Order(FGO)第5章「北米神話対戦イ・プルーリバス・ウナム」に登場する敵サーヴァントは?

Fate/GrandOrderでの敵サーヴァントの中でも、満遍なく強くなってきたのがこの「北米神話対戦イ・プルーリバス・ウナム」からです!
その敵のサーヴァントを覚えておきましょう!攻略時に役に立ちます!

クー・フーリン(オルタ)

今回の大ボスになります。
メイヴによって聖杯の力を手に入れているので、とても強いです。

メイヴ

裏ボスではありますが、能力的にはさほど戦闘向きではありません。
クー・フーリン(オルタ)を「クーちゃん」と呼び、彼にアメリカを制圧させようとしています。

フィン・マックール

ケルト人側の敵の1人です。ディルムッド・オディナの主君でもあります。
ケルト人側の指揮官でもあり、ケルト人を統率するものとして主人公たちの前に立ちはだかります。

ディルムッド・オディナ

フィン・マックールの従者で、ケルト人側の敵です。

フェルグス・マック・ロイ

ケルト人側の敵として、西部戦線で相対する事になる1人です。

ベオウルフ

人類史の敵で、主人公たちとは敵という関係になりますが、ただ「強いやつと戦いたい」という信念のもとに動いているサーヴァントです。
戦いたいが故にケルト人側についています。

アルジュナ

かルナの宿敵にして兄弟です。
当初ケルト人側についた敵ですが、のちに味方になります。
自分の身を犠牲にして、一矢報いてくれるすごいサーヴァントです。

定礎復元までのプチ攻略方法! 詰まる所はどこ?

Fate/GrandOrderの中でも、戦争という事で雑魚戦が多いのが特徴の「北米神話対戦イ・プルーリバス・ウナム」ですが、詰まるところはそんなにありません。
FGOのサーヴァントの中では、マシュ以外にサーヴァントをしっかりアタッカーを育てていれば、大丈夫です。
強いて挙げるならば、最後のクー・フーリン(オルタ)戦は3連戦あるので、ここはしっかりと育てたサーヴァントで突破したいものです。
クー・フーリン(オルタ)はバーサーカーなので、こちらもバーサーカーでアタックするか、育ったアタッカーで一気に壊滅に追い込むか、どちらかの手法をとるといいでしょう。

「北米神話対戦イ・プルーリバス・ウナム」をやった人の感想を集めてみました!

Fate/GrandOrderの感想、ネタバレをまとめてみました。FGOの魅力がたっぷりと詰まっています。
「北米神話対戦イ・プルーリバス・ウナム」ならではの感想がたっぷりあります!
攻略報告もしっかりあるので、まだ攻略していない人は参考にしてみるのもいいでしょう。

定礎復元まで頑張りましょう!

Fate/GrandOrderの中でも激アツな5章「北米神話対戦イ・プルーリバス・ウナム」です!
戦争という中で戦うサーヴァントたちがカッコ良いのはもちろん、FGOならではのサーヴァントたちの様々な側面が見れ、楽しい章になっています。
ネタバレをしてきましたが、好きなサーヴァントはいましたか?
敵でも味方でもかっこいいのが、「北米神話対戦イ・プルーリバス・ウナム」ですよ!本当に悪い奴はいないです!
悪役でも、ただ自分の望みに忠実なだけですので、かっこよく見えるのかもしれません。
激アツな5章をしっかりストーリーを見ながら攻略していきましょう!

Fate/GrandOrderの関連記事はこちら!


【ライター:はりぃ】
ボイスタライターの1人。女性向けを比較的好むが、男性向けもアニメ・ゲーム共にたしなみます。声優だと前野智昭さんが好き。雑食なためネタは豊富。FGOはつい最近はじめ、玄人の友人に導かれるようにプレイ。時間もお金もないが、全てのイベントを完走できるということを現しながらイベント走ってます。再臨のための素材集めに苦労中。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。