志高く生きる美少女!『fate/stay night』遠坂凛の素顔とは?

『fate/stay night』はファンでなくともその名を耳にしたことがあると言わせしめるほどの高い知名度を誇る作品。メインヒロインの一人・遠坂凛は衛宮士郎とともに聖杯戦争で戦い、サーヴァント・アーチャーとともに死線をくぐり抜けます。遠坂凛は『fate/stay night』でどのように描かれているのでしょうか。

赤の衣装が印象的!『fate/stay night』のヒロイン・遠坂凛の素顔とは?

『fate/stay night』においてメインヒロインの一人を務める遠坂凛は、サーヴァント・アーチャーを従え、亡き父である遠坂時臣の意志を継いで聖杯戦争に参加。成り行きで衛宮士郎とともに強敵たちとの死線を潜り抜けていきます。

学校では男女問わず人気を誇る美少女である一方、本性を知る衛宮士郎からすればイタズラ好きで腹黒い一面、また寝起きの悪さなども相まって「あかいあくま」と揶揄されることも。それでも戦闘時においては魔術師としてリードする存在でもあります。

そんな遠坂凛について、『fate/stay night』シリーズではどのような活躍や描かれ方がされていたのでしょうか?彼女の年齢や性格といった基本プロフィールから、作中で残した名セリフなどを紹介してまとめてみました。

『fate/stay night』遠坂凛のプロフィール!どんな人物なのか?

『fate/stay night』に登場する遠坂凛は衛宮士郎と同じく穂群原学園に通う学生で、2年生であることから年齢は16~17歳であることが分かります。遠坂家の人間として、亡き父の意志を継いでサーヴァント・アーチャーと共に聖杯戦争へ身を投じていくのでした。

魔術師としてはアベレージ・ワンと呼ばれる五大元素を操る高い実力を持っているものの、重要なシーンで凡ミスを犯してしまう悪癖持ち。その他には宝石に魔力を込めて用いる宝石魔力や指差しで相手を呪う北欧魔術「ガンド」などを得意としています。

また体術にも優れており、言峰綺礼の指導によって八極拳も心得ている遠坂凛。しかしながら宝石魔術の性質上、高価な宝石を用いる必要があり、そのため家計のやりくりなど、お金については細かい一面が窺えます。

どんな性格をしている?

遠坂家の魔術師としての誇りとプライドが高く、一方でお人好しな性格である遠坂凛。従えるサーヴァント・アーチャーからは「戦闘に向いていない」「志よりも結果を優先するべき」と指摘されており、本人もそのことを気にしている様子です。

趣味は宝石磨きと士郎いじりとなっており、居候として衛宮邸に上がり込んでからは魔術指導の傍ら、純情な彼の心を弄んだりからかうなどして楽しんでいます。イタズラ気質なのはプライベートな時だけで、戦闘時は聖杯戦争を勝ち抜くため戦いに集中。

またイメージカラーが赤となっており、彼女が身につける服装については赤のコートやニットがほとんど。また宝石魔術においても様々な宝石を多用していますが、赤い宝石を多く使用している印象も強くなっています。

日常生活における遠坂凛

遠坂凛の日常生活が描かれているのは、衛宮士郎に魔術指導を行うために居候として上がり込んでから。そこでは家主である士郎以上の権力を振る舞う光景が描かれており、共同生活を楽しんでいる様子が窺えます。

朝は寝起きが悪く士郎に起こされる毎日を送っており、さらに起きてからは士郎の作る料理の数々に舌を巻く日々でした。その中でも中華料理については士郎以上の腕前とされており、一方で味噌汁の作り方を知らないという一面も。

その共同生活を送る中で士郎と交友を深めていき、セイバーも交えて三人でピクニックに行くことも。そこでは凛の手作りによるサンドイッチを士郎とセイバーに振る舞うなど、女子力を随所に見せているのでした。

遠坂凛の『fate/stay night』で残した名セリフとは?

戦闘においては士郎をリードする存在である遠坂凛ですが、悪い癖で肝心な場面では凡ミスを犯してしまうことは自覚している様子。それでも士郎とともに共闘して、聖杯戦争という過酷な戦いを潜り抜けていきます。

そんな凛が作中で残した名セリフには、どのようなものがあるのでしょうか?各エピソードからピックアップしてみましたので、ぜひご覧ください。

私はこれから何が起きるかわかってるし、覚悟もできてる。十年前からね

『fate/zero』では遠坂凛の父である時臣が聖杯戦争に参加するも、志半ばで命を落としてしまうのでした。その亡き父が掲げていた志を継ぐ形で、凛もアーチャーを召喚して聖杯戦争という死線に身を投じていきます。

凛が参戦する聖杯戦争が行われるまで、事の始終を言峰綺礼から聞いていたため、聖杯戦争の内容について把握していた凛。想像をも超える過酷さや厳しさを知ったうえで、父の意志を形にするそれだけのために、戦場へと踏み出しのでした。

信じられない男の子に泣かされた…

キャスター戦でセイバーを取り戻すために乗り込んだ凛と士郎ですが、あろうことかアーチャーがキャスター側に寝返ってしまう事態に。しかしながら、見逃されたことにより、撤退して作戦を練り直すこととなります。

その帰り際に士郎から慰めの言葉をかけられる、そこで凛は自然と涙を流してしまうのでした。辛い気持ちを抑えながらも先輩魔導士として士郎を指導していた身ですから、本音をグッと押さえていた凛の強い気持ちに綻びが見えた瞬間です。

また彼女も年相応の女の子であることを垣間見れる貴重なシーンの一つ。士郎が人として凛を好きだと言った際には、顔を赤らめて恥じらう様子も描かれており、凛推しのファンにとっては珠玉の名シーンとなったことでしょう。

『fate/stay night』遠坂凛を演じているの声優は植田佳奈

遠坂凛を演じるのは植田佳奈。

シスター・プリンセス小学校の頃からコスプレにハマり、関西の同人即売会やコミックマーケットではコスプレイヤーとしても活動していた過去があります。また一方で児童劇団に所属しており、舞台やミュージカルを経験していました。

大学生の時に雑誌主催の声優オーディションに応募し、グランプリを受賞します。在学中でありながらも、日本ナレーション演技研究所大阪校研修科で演技を学び、その間に地上波番組のレポーターも担当。

2001年には声優デビュー、さらに歌手デビューも果たしながら、すぐさま大手レーベルである「avex mode」と契約。その後も様々な声優たちとユニットを組んで、さらに出演作品のキャラクターソングも手掛けるなど、若手時代から幅広く活動を行っていました。

植田佳奈が過去に出演した作品

  • 魔法少女リリカルなのはA’s:八神はやて
  • 咲-Saki-:宮永咲
  • ガンスリンガー ストラトス:竜胆しづね

『fate/stay night』遠坂凛のまとめ

『fate/stay night』におけるメインヒロインの一人・遠坂凛について、彼女の年齢や性格といったプロフィール情報や、作中で残した名セリフを簡単ながらまとめてみました。

普段は気丈でプライドの高い様子が強い彼女ですが、いざ戦闘が終わった際やプライベートシーンを垣間見ると、年相応の女の子であることが分かります。また発言からも、惹かれる内容ばかりと発しており、自然と魅力に惹きこまれた方が続出したことでしょう。

そんな凛を正ヒロインとして描いているのが『fate/stay night[Unlimited Blade Works]』で、そこでしか描かれていない遠坂凛を除くことが可能。セイバールートを描いた『fate/stay night』では見られない彼女の表情を見るチャンスとなっています。

外見はまさに美少女である凛ですが、彼女の性格や中身を知ることにより、その魅力はさらに増していくばかり!これまで『fate/stay night』を知らなかった方は、ぜひ両作品を見比べてみて、そして彼女の世界観に引き込まれてみてください。

「fate」のその他の記事はこちらから♪


【文:光明】
出版社で編集職を経験。現在はボイ☆スタ専属ライターとして、様々なアニメ作品のキャラクター紹介やあらすじ記事を執筆中。『ラブライブ!』『ラブライブ!サンシャイン!!』に夢中になってからはフィギュア購入のみならず、数々の楽曲に魅了されてギターやキーボードなど、音楽活動に再び本腰を入れるように。また、「スクフェス全国大会2017 2次予選」に向けて、毎日シャンシャンしている日々を送っています。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。