ライトノベル愛は作中随一!『エロマンガ先生』高砂智恵の性格や魅力をまとめました♪

2017年春アニメで屈指の人気を誇る『エロマンガ先生』。「たかさご書店」の看板娘であり、和泉正宗の職業を知っている高砂智恵。正宗にとって数少ない異性の友人でもあります。ライトノベルをバカにされると怒るほど愛している高砂智恵ですが、一体どんなキャラクターなでしょうか?彼女の様々な内容をまとめてみました。

『エロマンガ先生』高砂智恵のラノベ愛とは?性格や魅力をまとめて紹介♪

原作・伏見つかさ×イラスト・かんざきひろの『俺妹』コンビが送る人気アニメ『エロマンガ先生』。最強タッグが起こる兄妹ラブコメとあって、放送前から多くのファンから期待が寄せられていた2017年春アニメの一つです。

物語に登場する高砂智恵は、主人公である和泉正宗の異性の友人の一人。また正宗が和泉マサムネとして創作活動を行っていることを知っており、「たかさご書店」の看板娘でもある人物。

またラノベを心底愛しており、書店ではラノベコーナーのディスプレイなどを担当!そのため神野めぐみに「キモオタ小説」と揶揄された際には、普段の優しい表情からは想像できないほど怒りを見せるのでした。

今回はそんな高砂智恵についてピックアップしていきます。彼女の年齢といったプロフィール情報、また作中で残した名セリフやエピソードから窺える性格や魅力をまとめていきますので、最後までご覧ください♪

『エロマンガ先生』高砂智恵のプロフィール♪

  • 学年:高校1年生
  • 年齢:15歳
  • 血液型:A型

高砂智恵は和泉正宗の同じ高校に通う同級生で、「たかさご書店」という本屋で看板娘をしている女の子。一人称は「ボク」となっており、またライトノベルが大好きでコーナーを担当していることが描かれています。

正宗が和泉マサムネとして創作活動を行っていることを知る人物で、「ムネくんの作品がアニメ化するくらい大ヒットしたら、お嫁さんになってもいいよ?」と、正宗を少しからかうような発言を残しています。

二人は小学3年生の時に同じクラスだったことがあるそうですが、正宗はそのことを覚えていないようです。しかし智恵は覚えており、彼に対して淡いながらも恋心を抱いているような、そんな印象を随所で感じさせます。

またラノベをバカにされると、普段の様子から想像できないような表情で怒ることがあり、神野めぐみに対しては「ラノベの世界にどっぷりとハマらせる」ため、続きが気になるようにあえて全巻ではなく複数の作品を数冊オススメするという手法を取るのでした。

『エロマンガ先生』高砂智恵はどんなキャラクター?作中から窺える性格!

「たかさご書店」の看板娘として、店内ではライトノベルコーナーを担当している高砂智恵!彼女はライトノベルが大好きで、その愛は通学時にも読みながら登校するほど。またバカにされると怒るという一面もあります。

特に神野めぐみに「キモオタ小説」と揶揄された際には、彼女をラノベの世界に誘うために策略を巡らせ、思い通りにハマらせることに成功♪売り場を担当しているだけに見合う相当な知識量が窺えます。

また和泉正宗が創作活動を行っていることを知る人物ですが、友人でありクラスメイトであっても、決してひいきはしない様子が描かれています。正宗は山田エルフとの対決の際、「たかさご書店」で平積みされている彼女の作品の上に自分の作品を重ねるという工作を行うのでした。

しかし智恵は「営業妨害」として、正宗に注意を与えるだけでなく軽く叱責を入れます。友人作家を応援している立場ではありますが、甘やかすことなく接している様子で、彼女から母性本能のような魅力を感じた人もいるのではないでしょうか?

高砂智恵が『エロマンガ先生』で残している名セリフ

作中では登場機会があまり多くない高砂智恵ですが、TVアニメでは描かれていない部分もあり、原作も連載が継続されているということで、今後はさらなる登場に期待がかかります。

そんな中で、智恵は作中でどのようなセリフを残しているのでしょうか?数ある発言の中から名セリフと評されているものを僅かながらピックアップしてみました。

おい小娘。ライトノベルコーナーの主を前にしてキモオタと申したな?

神野めぐみがライトノベルを「キモオタ小説」と揶揄しますが、あろうことか和泉正宗だけでなく、ラノベを愛する高砂智恵の目の前で発言するのでした。これにより高砂智恵の逆鱗に触れてしまい、めぐみは智恵の手によってラノベに興味を持つようになります。

普段はニコニコと優しい雰囲気がにじみ出ている智恵ですが、この時ばかりは鬼の形相と言わんばかりに豹変!そしてオススメしたのは、続きが気になるように完結物を含めず、レジを通した後も「また明日ね、めぐみちゃん」と言って見送るのでした。

『エロマンガ先生』の中でも怒らせると恐い人物であることが分かるシーンですが、智恵のライトノベル愛がひしひしと伝わってくる場面。彼女のアクセントとなる部分であるため、惹かれた方も多くいるのではないでしょうか?

ボクがムネくんのお嫁さんになってあげてもいいよ?

伏見つかさ作品『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。』では、主人公の高坂京介は登場する女性キャラから好かれていました。和泉正宗についても、和泉紗霧・山田エルフ・千寿ムラマサから好かれている様子が描かれています。

同様に高砂智恵も正宗のことを気にしているような感じが窺える発言がコレ!しかし直前に「アニメ化するくらいの大ヒット作を生み出して…」という発言を残しているため、少し正宗を茶化している印象の方が強いでしょう。

高砂智恵の登場機会がそこまで多くないため、正宗のことをどう思っているのかが気になってきます。小学校の時も同級生だったことを覚えているなど、それらしいことを匂わせていますが、今後の物語で徐々に明らかになることに期待です♪

『エロマンガ先生』高砂智恵を演じているのは石川由衣

高砂智恵の声を担当している声優は石川由衣。

普段は声優ではなく、舞台役者をメインにして活動。2007年に初めてアニメ主演デビューを果たしており、2014年には『進撃の巨人』で大ブレイクを果たします。その結果、声優アワードで助演女優賞を受賞することとなりました。

『進撃の巨人』が声優として大きな転機となっており、関連イベントでは国内のみならず海外でのイベントにも出席!2010~2012年の3年間は声優としての出演が控えめでしたが、近年は再び出演数も増え、これからの活躍に大きく期待される声優の一人です。

石川由衣の主な出演作

  • 進撃の巨人:ミカサ・アッカーマン
  • ガーリッシュナンバー:片倉京
  • アイカツ!:新条ひなき

ライトノベルを心底愛する高砂智恵♪『エロマンガ先生』の今後の展開でで正宗との関係が発展する?

『エロマンガ先生』に登場する高砂智恵について、学年や年齢といったプロフィール情報から、作中の名セリフやエピソードから窺える性格や魅力をまとめてみました!

作中に登場するキャラクターの中では、おそらく最もライトノベルへの愛情が深いことが窺える高砂智恵。その愛が如実に表れているエピソードは、キモオタ小説と揶揄する神野めぐみとのやり取りが起きた回が顕著でしょう。

ラノベを馬鹿にされると普段の優しい印象から一変する際は迫力すら感じますが、他の人物に比べて大人しい彼女の良いアクセントに。同時に純粋にライトノベルが大好きなのだということを改めて感じさせてくれます。

物語内では正宗への感情があまり出ておらず、彼のことを好いているのかどうかをハッキリさせることはできません。まだ登場回数が少ないキャラクターとあって、今後の展開次第では、彼への気持ちが明らかになることも予想されます。

原作はまだまだ連載が継続しており、メインとなる創作活動以外にも高砂智恵とのやり取りや関係の進退などが描かれてほしいところ!そのため、これからの『エロマンガ先生』の展開からは目が離せそうにありませんね♪

「エロマンガ先生」その他の記事はコチラ♪


【文:光明】
キャラクター紹介やグッズ紹介、声優記事を中心に執筆。
『ラブライブ!』『ラブライブ!サンシャイン!!』との出会いによってゲームやフィギュア購入に勤しむようになったライトオタク。また同時にアニソン魅了されて5年以上も寝かせていたボーカロイドを初めて起動させるように。
ライター以外にも動画制作や音楽制作、カメラ撮影などクリエイティブに活動。しかし文筆業とオタク趣味を優先しているため、他はおざなりになっているのが実情。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。