紗霧と委員長が友達に!? そして正宗がまさかのあの人物と対面!? エロマンガ先生6話の感想まとめと内容考察!さらに動画視聴方法も!

今回は「エロマンガ先生」6話の個人的な感想まとめと考察記事になります。前回の内容は企画書の作成、そして紗霧がビビッとくる巨乳の女の子を探す、さらにめぐみが紗霧と仲良くなるのを手伝うと言うものでした。そしてラストシーンはともえに対して「キモヲタ小説」と言ってしまったことに対してともえが激怒しかけるシーンで終わりましたが、今回の内容は想像を超える面白さになっていたのではないでしょうか? そんな6話の内容を個人的な視点で掘り下げていきますので、是非最後までご覧になって頂ければと思います!

委員長のパンツを紗霧が奪う!? めぐみがラノベにどハマりした理由とは! 正宗があの作家と対面!? エロマンガ先生6話!

皆さんこんにちは、ボイスタライターの葵です!

今回は「エロマンガ先生」6話の個人的な感想まとめと考察記事になります。前回の内容は企画書の作成、そして紗霧がビビッとくる巨乳の女の子を探す、さらにめぐみが紗霧と仲良くなるのを手伝うと言うものでした。そしてラストシーンはともえに対して「キモヲタ小説」と言ってしまったことに対してともえが激怒しかけるシーンで終わりましたが、今回の内容は想像を超える面白さになっていたのではないでしょうか? そんな6話の内容を個人的な視点で掘り下げていきますので、是非最後までご覧になって頂ければと思います!

エロマンガ先生6話の感想まとめと内容考察!

では早速、エロマンガ先生6話の個人的な感想まとめと内容の考察記事に入ろうと思います。今回の内容はかなり面白さが増してきているなと思った感じでした。話数を重ねるごとにキャラクターの内面が見れてくると言うことと、さらには物語が意外な方向へと向かって行っていると言うことに見始めた当初からは考えられないような展開になっていると言うことに改めて面白さを感じると言うのが今回、私がしみじみと感じたことでした。6話の内容に関してはとにかく可愛いキャラクターがたくさん出てきていると言うことと、物語がとてもうまく進んでいると言うことに感動しました。そんな6話の内容を個人的な視点で掘り下げていきますので、是非最後までご覧になって頂ければと思います。

紗霧に友達再び!? そして正宗の企画書はどうなるのか!

前回のラストシーンからの引き続きになりますが、めぐみが「キモヲタ小説」と言う言葉を口にしたことによってともえが激怒すると言うシーンでした。しかもその口調はまさに今人気のラノベ「千寿ムラマサ」の作風のようでしたね。そして激怒したともえはめぐみに怒りをぶつけようとしますが、そこで正宗がストップをかけます。当然と言えば当然ですが、ラノベ大好きなともえに対して「キモヲタ小説」と言うワードは禁止用語となり、そして「ライトノベル」と言うように説得・・・。めぐみは紗霧がライトノベルを好きなことを知り、そして自分も同じジャンルを好きになってそして友達になろう作戦でいたのでしょうが、どの小説を読めばいいのかわからないと言うものでしたね。そしてそれに一手打ったのがともえでした。キモヲタ小説と言われてスイッチが入ってしまったのでしょうね。めぐみをラノベ漬けにしてやろうと言う作戦・・・しかもその作戦が完全に決まってしまうあたりも面白かったですね!

結局、委員長はともえの作戦にハマりラノベにどハマりしてしまうのですが、当初の目的である紗霧と仲良くなると言うことをすっかりと忘れているようでした。いやいや、なんのためにラノベを読んだのか・・・と心で突っ込んでしまった私ですが、ここでまさか紗霧の小説を借りればいいと言う発想に至るとは思いませんでした。ここで紗霧を説得する正宗です。結局目隠し&手を縛ると言うことで紗霧と対面することを許可したのですが、ここから今回の一番の見所だったのではないでしょうか?

ここからはとにかくエロい! と言うようなものでした。キャラクターが幼いと言うだけにこれはなかなかのエロさでしたね。見せない、チラリズム的な内容がまたそそられるようにも感じました(オヤジかっ)。目隠し&両手縛りの状態をみてその姿をかなりまじまじと見つめながら、その姿を描く紗霧ですが、紗霧って実は結構オヤジっぽい性癖の持ち主? なんて思ってしまった私です。そしてそのあとに紗霧がまさかの行動に・・・。めぐみのパンツをえいっとずり下ろすと言うまさかの展開に驚きましたね。驚いたと言うか、まさかのことであり、正直美味しい場面でした。めぐみと言うキャラクターはモブではなくかなり可愛いキャラクターですし、ちょっと変わっているところもありますが、元気一杯の好きな方はかなり好きなのではないか?と言うキャラクターですので個人的にはかなり美味しい場面でした。みなさまはどう思われたでしょうか?

それはさておき、これにより、めぐみはかなりショックだったようであり、塞ぎこんでしまいますが、これが紗霧とめぐみを近づける一番の要因になったようですね。ここから一気に距離が縮まったように思えました。友達はダメと言っていましたが、もう完全に友達と言ってもいいような関係になっているように個人的には感じましたね。紗霧は自分のお気に入りの小説をめぐみに貸してあげ、そしてちゃんと目隠しをとって対面したと言うことはかなりの進歩と言ってもいいでしょう! 紗霧も正宗との対面によって色々と変わり始めているのは間違いなさそうですね!

そして企画書の方なのですが、そちらは出版枠を確保していると言うことであり、先に描かれた紗霧のイラストを元に企画書を作成し、担当編集へ見せるとOKが出ましたね。おっ、と思ったのですが、それがまさかの来年の5月に出版という展開に・・・。正宗として今年中に何としても出版させたいという思いがあったのでしょうね。その出版枠というのがなぜ5月になってしまったのかというと、まさにあの人気作家である「千寿ムラマサ」が奪っていったということでした。正宗は「被っている」といっていました。そして紗霧からは「上位互換」とも言われていましたね。確かに和風なネーミング、作品内容も酷似しているということで、一般の読者からは似通った作家でありながらやはりムラマサが圧倒的にすごい作家であると思われている現状に少し悔しく思っているのは間違いなさそうでしたね。

そんなことを話していると颯爽と、もはやなんの違和感もなくベランダから登場する山田エルフでした。山田エルフの出版社で出版するという作戦を考えますが、まさか山田エルフの担当編集が山田エルフの兄とは思いませんでした。まさかの設定ですね! しかしその兄からは「ちゃんと自分の編集者から許可を得てから」というごもっともな返答がきて、山田エルフ同行の元、自らの編集者の元へと赴く二人でした。途中デート的なことが行われていましたね。そこで思ったことは、やはりラノベ作家でも、しっかりと自分のプライドというものを持っているのだなと感じました。持っている人と、そうでない人がいるということもまたしれた感じですね。

そして二人は出版社へと到着しますが、そこで一人の女の子と出会います。ここでおそらくこの人はあの人ではないか? と思った方は多分少なくはないでしょう。素人的に緊張している風な感じを見せつつ、そして最終的にその人物が「千寿ムラマサ」であるとわかったのはラストシーンでした。これから面白くなりそうだなと思わせられる展開でしたね。天下一というネーミングももろパクリですが、かなりいいのではないでしょうか? ムラマサと正宗の勝負になりそうですが、これからどのような展開になるのかとても楽しみですね!

エロマンガ先生の動画視聴方法!

ニコニコチャンネル:エロマンガ先生

次回のエロマンガ先生は千寿ムラマサ回か!?

このアニメはおそらく水着回的なものはないものであろうと予想しています。1クールなのかどうかは不明ですが、おそらくないのではないのかな? とも思っています。なぜなら日頃からかなりエロ要素を挟んできているのでこれで水着回があればもうかなりの美味しさであるのは間違い無いのですが、このアニメの流れ的にストーリー重視という感じが出ていますので、もしかしたらあるかもしれませんが、無い可能性の方が高いですね。それはさておき、次回のエロマンガ先生は、颯爽と登場した千寿ムラマサ・・・まさかの女の子であり、まさかの和服少女・・・これは次回が楽しみですね! 次回のエロマンガ先生もお見逃しなく!


【文:葵】
元ファミ通編集部ライターであり、現在はボイスタ専属ライターとして活動中! 基本食わず嫌いなく2次元ものを視聴しておりますマルチライターです。漫画ゲームアニメ、2次元ならなんでもこい! 推しキャラはリゼロのレム! 今後も色々と記事を書いて行きますので是非ご覧になってください! 今後ともボイスタを宜しくお願い致します。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。