お互いの気持ちの交差・・・そして勝負の行方は?「エロマンガ先生」4話の感想まとめと内容考察!さらに動画視聴方法も!

今回は「エロマンガ先生」4話の個人的な感想まとめと内容の考察記事になります。今回の内容は4話にしてここまで感動できるのか! というような内容であったように個人的には思いました。勝負の内容云々というよりは、兄から妹への想いや、そして妹から兄への想い・・・どちらかというと、そういう兄妹という垣根ありで作家とイラストレーターという立場での想いというのも含まれていつつ、その想いが爆発する瞬間が今回の4話だったように思えます! そんな4話の内容を個人的な視点で掘り下げていきます!

今回はかなり凄い! 義理の兄妹愛が見られる瞬間か!? そして勝負はどうなったのか!「エロマンガ先生」4話!

皆さんこんにちは、ボイスタライターの葵です!

今回は「エロマンガ先生」4話の個人的な感想まとめと内容の考察記事になります。今回の内容は4話にしてここまで感動できるのか! というような内容であったように個人的には思いました。勝負の内容云々というよりは、兄から妹への想いや、そして妹から兄への想い・・・どちらかというと、そういう兄妹という垣根ありで作家とイラストレーターという立場での想いというのも含まれていつつ、その想いが爆発する瞬間が今回の4話だったように思えます! そんな4話の内容を個人的な視点で掘り下げていきます!

「エロマンガ先生」4話の感想まとめと内容考察!

では早速、エロマンガ先生4話の個人的な感想まとめと内容の考察記事に入りたいと思います。今回は特に盛り上がる場面が多かったように思えますので、是非是非観ていない方はご覧になって欲しいと思います。今回の主な内容は順に綴っていきますが、特筆すべきところはラストシーンでしょうね。やはりこれを除いては今後の物語はありえないと言えるかもしれません。最高に感動的でもあり、また若い世代や大きな目標を持っている方にとっては刺激のある言葉であったようにおもえます。そんな4話の内容を個人的な視点で掘り下げていきますので、是非最後までご覧になって頂ければと思います!

勝負の行方 紗霧と正宗の関係良好に!?

今回のスタートはあの山田エルフの手料理から始まりました。執筆活動を見にきた正宗ですが、ここにきて謎の手料理を振舞われるとは思ってもおらず・・・わけがわからないという感じと、意外にも料理スキルがあるということに驚く正宗の姿がありました。山田エルフという女の子とは本当に天才肌なのかもしれませんね。あの歳で結構な料理スキルを持っているので必死に練習したというのもあるのかもしれませんが、どちらかというと天才肌という感じがしました。それはさておき、なぜ料理を振舞っているのかというのは、自分の執筆活動に必要なことであるからだと言います。気になる異性に料理を振る舞うという女性の気持ちを知りたいというのを実際に体現して感じ取るというのをやっているそうですね。まさかここまで真剣に物書きに取り組んでいるとは正宗も思ってはおらず結構感服していました。さらには料理もかなり美味しいようでしたね。見掛け倒しということではなかったようです。ここで山田エルフ先生からの名言です「私は遊びで小説を書いてる。でもね、本気でやらない遊びなんかつまらないでしょ?遊びだからこそ全力でやるのよ」。個人的な意見ですが、何事にも全力で取り組むという姿勢と意思が大事なんじゃないでしょうか? と思うのですが・・・。まあ私の意見は置いておいて。それを聞いた正宗はひとまずの帰宅です。山田エルフの手料理のお土産を片手に「お隣さんから、すげえうまいから!」と激推しする正宗でした。こういうところは結構鈍感で鈍いというのが主人公の王道ですね! ここで一つ驚いたのは、結構普通に正宗を入れている紗霧でした。前まではドアで顔面強打からの部屋からこっそり顔を忍ばせて怒ったり、または無視するパターンが多かったのが、これは成長というべきなんでしょうかね?

しかしながら、紗霧の第一声は「嘘つき」でした。紗霧はペンタブレットを正宗に見せながら、自ら描いた絵で説明していきます。それを見ているとどうやらこの間正宗が言っていた「お隣さんとは全然仲良くない」という言葉が嘘であるとはっきり言っている絵が書かれていました。

それをみた正宗の第一声は「エロい!」でした。まあ確かに全裸の山田エルフはかなりエロかったですが、そこじゃない! という感じでしたね。そしてもう一つ正宗は質問します。それは紗霧がなぜ貧乳の女の子の絵しか描かないのか? ということでした。それを聞いた紗霧は赤面しつつ「えっちな絵にはこだわりがあるから! 生で見たことない絵は描きたくない!」と断言します。良からぬ想像がここから展開されましたね。視聴者側は美味しい場面でしたが。

そして再びペンタブレットで説明します。「嘘つき」の連続でしたね。ここでようやく正宗は理解しますが、その理由は今言えないということでした。それが紗霧にとってモヤモヤの原因であることはいうまでもないでしょうが、これが決定打で、「嘘つき、兄さんなんて大嫌い。顔も見たくない」と断固拒否されました。ここで正宗も断言します。それは妹を主人公にした最高のラノベを書くと。それを聞いた砂霧はちょっと嬉しそうでしたが、嬉しくないと言いつつ出て行けと正宗を追い出します。

ここで紗霧と正宗の考え違いが発生しているということが後々にわかりますね。結論から私個人の見解と感想を述べると、結果的に山田エルフに勝利した正宗でしたが、これはある意味兄妹の関係修復に一役買ったというのが山田エルフという存在であり、またお互いの気持ちや考え方がすれ違っていたということが鮮明に描かれていた場面だと思いました。

よくある恋人同士のすれ違いや嫉妬心からくる間違った想像など、それが近いのではないかと思います。紗霧は山田エルフが売れっ子作家であるとはもちろん知らず、少し前にこれからも一緒に頑張ろうと言っていた兄が新しいイラストレーターを気に入って毎日会っていると思っていたということでした。逆に正宗は紗霧が山田エルフにとられたくないという思いとさらに自分と山田エルフの実力差を知っていてその話が紗霧の耳に入れば確実に山田エルフにとられてしまうと危惧していたということでした。ですが、お互いがすれ違っていたわけであり、そのことを知った両者は自らの想いを口にします。それは作家、イラストレーターとしての二人と、兄妹としての二人、どちらもがあってこそ成り立つ想いであったのではないかな? と個人的には思いました! 今回のラストシーンはかなり魅力的で素敵な感動的展開で終わりました。この日を生涯忘れることはないと言っていた正宗の気持ちもわかりますね。今後の物語に繋がる、そして一番初めの大きな壁を乗り切ったとうい感じの終わりでした。

「エロマンガ先生」の動画視聴方法!

ニコニコチャンネル:エロマンガ先生

ニコニコチャンネルでは最新話が無料で視聴可能となっていますので、是非チェックして見てくださいね!

次回のエロマンガ先生5話は新たな物語の始まりか?

今回書き上げた小説を必ず書籍化してみせると言った正宗ですので、おそらくは今後その作品をどういう風に担当編集に納得させるか、改稿していく感じが次回の話になるのでしょうか? いまいち先が読めない感じもありますが、次回の話も楽しみですね!

次回のエロマンガ先生もお見逃しなく!


(筆者撮影)


【文:葵】
元ファミ通編集部ライターであり、現在はボイスタ専属ライターとして活動中! 基本食わず嫌いなく2次元ものを視聴しておりますマルチライターです。漫画ゲームアニメ、2次元ならなんでもこい! 推しキャラはリゼロのレム! 今後も色々と記事を書いて行きますので是非ご覧になってください! 今後ともボイスタを宜しくお願い致します。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。