アニメ「エロマンガ先生」10話の感想まとめと内容考察、動画視聴方法も!王様ゲームで盛り上がる!そして先輩と後輩の夢語り!

今回は「エロマンガ先生」10話の個人的な感想まとめと内容の考察記事になります。今回の内容は前回に引き続き、合宿所でのお話となりました。あの続きがまだあったのですね。それだけ今回の内容は結構重要であったと個人的には思いました。なぜなら今回の内容はムラマサ、そして正宗の二人の夢というもの、作家として今後どうしていくかということについてかなり語られていたからでした。半分以上はギャグ路線であったのはいうまでもないのですが、それでもこの作品の良い部分はしっかりとしたストーリーが盛り込まれており、どの話数も無駄なシーンがないということですね! そんな10話の内容を個人的な視点で掘り下げていこうと思います!

今回も合宿の続き!? 年上後輩と年下先輩の夢語り・・・熱烈なファンレターの相手とは!? エロマンガ先生10話!

皆さんこんにちは、ボイスタライターの葵です!

今回は「エロマンガ先生」10話の個人的な感想まとめと内容の考察記事になります。今回の内容は前回に引き続き、合宿所でのお話となりました。あの続きがまだあったのですね。それだけ今回の内容は結構重要であったと個人的には思いました。なぜなら今回の内容はムラマサ、そして正宗の二人の夢というもの、作家として今後どうしていくかということについてかなり語られていたからでした。半分以上はギャグ路線であったのはいうまでもないのですが、それでもこの作品の良い部分はしっかりとしたストーリーが盛り込まれており、どの話数も無駄なシーンがないということですね! そんな10話の内容を個人的な視点で掘り下げていこうと思います!

エロマンガ先生10話の感想まとめと内容考察!

では早速、エロマンガ先生10話の個人的な感想まとめと内容の考察記事に入りたいと思います。今回の内容はかなりギャグと真面目な話の両極端であったように思えました。というよりはほぼギャグ路線だったのはいうまでもないのですが、そこの切り替わりがかなり絶妙であり、ギャグからの真面目路線への入り方がかなりよかったと個人的には感じました。ムラマサの個人的な夢が叶ったということ、そして作家として夢をどうもつべきか、ということを正宗のセリフによってムラマサは変わったという内容が今回の見所でしたね! そんな10話の内容を個人的な視点で掘り下げていきますので、是非最後までご覧になってくださいね!

王様ゲーム!? ムラマサの正宗への入れ込み具合が半端ではない!

今回の始まりはまさかの前回の合宿の続きからとなりました。私の予想を大きく外れていたのはここでは伏せておきましょう(今更)。さてさて、今回の始まりは前回に正宗が言っていた「アフターストーリーの執筆」というところから始まりました。徹夜で、仕事ではなく趣味で小説を書くのは久しぶりだと言っていましたが、やはり仕事で書くということと、そして趣味で小説を書くというのは気持ちの入れ具合が違うのですね。小説家としてファン、読者に向けて書くという小説と、趣味で自分の好きな物語を延々と綴っている小説とはやはり違うものなのでしょうね。私個人的なころで恐縮なのですが、私自身も長年作家という夢を持ち続けており、商業用に書くというのは経験がないのでわからないのですが、やはり新人賞に通るためにどうするべきかというのを考えて書くというのはわかる気がします。そういう部分ではかなり大きな差があるのはいうまでもないのですが、しかし少しでも似ているのではないか? と個人的に感じで「ふむふむ」と思っていた次第です。

それはさておき、完成した「アフターストーリー」を早速ムラマサに見せるべくロビーへと足を進める正宗ですが、そこでムラマサを発見します。ムラマサは何やら微笑ましい笑顔で小説をまじまじと読んでいる姿が目に入るのですが、正宗が来ていることにも気づかないほど物語に入り込んでるムラマサがそこにはおりました。本当に正宗の小説が好きなのですね!

そしてようやく完成した作品を手渡し、「最高の駄作」と付け加えつつ、ムラマサはホクホクしながら早速それを読むと喜んでいましたね。このムラマサの正宗に対する入れ込み具合がものすごいものだと個人的に思いました。正宗が書く小説といものをこれほどまでに好きであるというのはよほどの惚れ込みがない限りはありえない現象ですね。私も同じ経験があるのでわかりますが、衝撃を受けた小説家の小説はどんな物語でも面白いと思ってしまうのがやはりファンというものなのでしょう。いや、それこそが真のファンというものなのでしょうね!

そして朝食後はお仕事タイムでした。山田エルフが強制的に仕事につけさせられ、見張りの兄が後ろで構えている中、皆で円卓を囲み仕事をしているのですが、ムラマサは一人正宗の小説をホクホクしながら読んでいましたね。そして好きな人を大声で公言するという場面も! ここまで来たらもはや清々しいですね。正宗はモテモテで羨ましい限りです。物語の始まり当初はそこまでモテる内容になっているとは思っていなかったのですが、このような物語になっていると思うと当初からは考えられないような物語の進展です。というかここまで物語が読めない作品も中々ないですね。読めないのは私だけかもしれませんが、毎回とても楽しみ観させてもらっています。原作を読んでいないだけにかなり原作も読みたくなって来ました。私自身のことはさておき、その後、山田兄が一時間ほど退席するとのことでいなくなった瞬間に山田エルフが遊びを提案してくるというまさかのギャグ展開。そして流れで王様ゲームに・・・ムラマサに耳打ちで何やら吹き込み、そして王様ゲームが始まりますが、なぜか一人脱落、そして紗霧を含めた王様ゲームも開催され、そしてわけがわからなくなる内容でした。ここだけを見ればかなり小休止という感じの内容でしたね。大いに笑わせてもらいました。相変わらず紗霧のパンツ好きには笑わせてもらっております私です。そしてちょっと衝撃だったのはムラマサがノーパンであったということ・・・予想ではふんどしでも履いているのでは? と思ったのですが、まさかのノーパンでしたね。まあ確かに着物では下着はつけないのが普通ですが、ちょっと想像してニヤケテしまったのは私だけではないでしょう。

そんな王様ゲームも兄の帰還により全てが終わったのですが、その後の夕食どきにムラマサの「もう小説は書かない」発言に焦点が集まりましたね。その後に正宗と二人で話場面がありましたが、ここが今回の一番の見所でした。正宗が一通のファンレターを持って来たのですが、もうこれがムラマサが書いたものであるとすぐにわかる感じでした。夢は一つでなくてもいいというのは名言まではいかなくともこの場面ではかなり感動的でした。ムラマサは新たに夢を持つことになり、そして次回に繋がるということですね! 今回はムラマサ回でしたが、前回のごとくかなり楽しませてもらいました!

エロマンガ先生の動画視聴方法!

ニコニコチャンネル:エロマンガ先生

次回のエロマンガ先生はいよいよラストに向けての物語か!

今回でおそらく合宿は終わりなのではないでしょうか? さすがにこれだけ引っ張る理由はないと思うのでこれでラストであると思われるのですが、このアニメは1クールなのでしょうか? 2クールなのかな? とも思わせられる物語の進行具合なのですが、1クールで考えるとおそらく次回あたりはラストに向けての大きな難関があるのではと思っています。次回のエロマンガ先生もお見逃しなく!


【文:葵】
元ファミ通編集部ライターであり、現在はボイスタ専属ライターとして活動中! 基本食わず嫌いなく2次元ものを視聴しておりますマルチライターです。漫画ゲームアニメ、2次元ならなんでもこい! 推しキャラはリゼロのレム! 今後も色々と記事を書いて行きますので是非ご覧になってください! 今後ともボイスタを宜しくお願い致します。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。