『ドラゴンクエストライブスペクタクルツアー』中川翔子さんが語る見どころとは?

ドラゴンクエストの30周年記念として2016年夏に開催される『ドラゴンクエストライブスペクタクルツアー』。不朽の名作『ドラゴンクエスト3』を元にストーリーが展開します。『ドラゴンクエストライブスペクタクルツアー』にメインキャストとして出演する中川翔子さんを中心に見どころをご紹介します。

【NEW!】ドラゴンクエストライブスペクタクルツアー 気になる座席表をチェック!
………………

ドラゴンクエストの30周年記念ということで、2016年夏にドラゴンクエストライブスペクタクルツアーが開催されます。
ドラゴンクエストライブスペクタクルツアーで舞台となるのは不朽の名作『ドラゴンクエスト3』。

第1作につながる勇者ロトの誕生の秘話をえがいたこの作品。『ドラゴンクエスト3』以降も活躍し続ける多数の人気キャラクターも出演しています。

ドラゴンクエストライブスペクタクルツアーにメインキャストとして出演する中川翔子さんを中心に、見どころをご紹介したいと思います。

『ドラゴンクエストライブスペクタクルツアー』中川翔子さん起用の背景は!?

ドラゴンクエストライブスペクタクルツアーの主なキャストは以下の通り。

勇者役:松浦司さん
テリー役:風間俊介さん
アリーナ役:中川翔子さん
パノン役;田中精さん
ヤンガス役:清水順二さん
竜の女王:高橋洋子さん

なかでも気になるのが、メインキャストの中川翔子さん。中川翔子さんは、普段はバラエティタレントとして大活躍しています。

2015年に発売されたゲームソフト『ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城』では同役アリーナの声を演じたことも。そのさいに見せたアリーナへの愛を原作者の堀井雄二さんに評価され、ドラゴンクエストライブスペクタクルツアー出演の起用にもつながったようです。

今回の舞台は格闘シーンやワイヤーアクションのシーンも多いので、かねてから運動音痴を公言している中川翔子さんがアリーナを演じることに対して不安の声も多いようです。しかし、中川翔子さんは今回の役を演じるに当たって以下のように語っています。

「ドラゴンクエストという世界的な素晴らしいゲームの30周年、そして日本で初めての大規模なスペクタクルショーにアリーナ姫として参加できる事を、本当に嬉しく思います。
これがどれほど尊く歴史的な出来事か、言葉にしきれない衝撃と喜びを感じています。
美しく気高いアリーナ姫を演じるには、果てしない努力が必要ですが、絶対に素晴らしいショーにしたいと思います。二段蹴りに挑戦もしたいです!」

(引用:Yahooニュースより)

と意気込みは十分。強い想いによって一部のファンの不安の声も払拭するような演技をしてくれることに期待が高まります。

『ドラゴンクエストライブスペクタクルツアー』中川翔子さんが語るプロデューサーの想いとは?

中川翔子さんはドラゴンクエストライブスペクタクルツアーの出演にあたってのインタビューで熱いプロデューサーの想いを語っていました。

本作のプロデューサー依田謙一さんは、中川翔子さんとラスベガスのシルク・ドゥ・ソレイユのショーを観に行ったさいに、当時シルク・ドゥ・ソレイユのようなショーは日本になかったことから、そのショーよりもさらにすごいことをドラゴンクエストで日本でやりたいと語っていたそうです。

2016年1月には『笑ってコラえて』の番組内でもドラゴンクエストライブスペクタクルツアーの全貌が発表されていて、テレビと連帯する大掛かりな宣伝でプロデューサーの依田謙一さんが人生をかけて立ち上げたプロジェクトのようです。

『ドラゴンクエストライブスペクタクルツアー』中川翔子さんの演技に注目!

ドラゴンクエストライブスペクタクルツアーは、動くスクリーンをつかってドラゴンクエストの世界観を表現するまったく新しいエンターテイメント。プロデューサーをはじめ、かなりの熱い想いが作品にこもっているので、期待ができそうです。

またドラゴンクエストといえば忘れてはいけないのが、すぎやまこういちさんが手がける音楽です。音楽もスクリーンや舞台をつかってドラゴンクエストの世界に没頭できるような演出になっています。この夏はドラゴンクエストライブスペクタクルツアーで非日常を味わいましょう。

『ドラゴンクエストライブスペクタクルツアー』他のオススメ記事

『ドラゴンクエストライブスペクタクルツアー』を観にいこう!

定価以下のチケットも多数♩『ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー』のチケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。