「DIVE!!」第5話放送開始!感想まとめと考察、動画の視聴方法を紹介

森絵都さんの小説「DIVE!!」が2017年夏アニメとして放送されます。 飛込みをテーマとしたスポ根青春物で、閉鎖の危機にあるミズキダイビングクラブの窮地を救うために、ミズキダイビングクラブに通う坂井知季たちが日本代表を目指して頑張ります。すでに映画化もされて評価が高い作品、アニメも注目作品となっています。 「DIVE!!」第5話の内容と考察、感想を紹介、「DIVE!!」の放送を見逃した方に放送情報の紹介などもありますよ!

「DIVE!!」5話の感想まとめと考察、視聴方法を紹介!

こんにちは、ボイスタライターの如月です。

飛込みをテーマとした森絵都さんのスポ根小説「DIVE!!」の第5話が放送されました。

すでに映画化もされている「DIVE!!」のアニメ化ということで注目している方も多いのではないでしょうか。

第4話ではMDCを舞台に全国の強豪と合同練習が行われました、全国の強豪はその能力もさることながらキャラが非常に濃かったですね。

全く個性がないという個性を発揮していたキャラクターもいましたが。

強豪たちから刺激を受けた知季はオリンピックへ向けてやる気を出しますが、幼いころから共に練習をしてきた陵とレイジとの溝が広がります。

飛び込みによって壊れていく人間関係に悩む知季、楽しんできたダイブを楽しめなくなってしまいました。

今回は「DIVE!!」第5話の内容とツイッターの感想まとめを紹介します。この他「DIVE!!」の放送情報も紹介します。

「DIVE!!」の全話記事リンクはこちら

「DIVE!!」第5話の内容と考察

麻木コーチの怒り

富士谷コーチから聞いたと言い知季たち3人の前で怒る麻木コーチ、この中のだれかを特別扱いをしているということがあればしっかり指摘をしろと。

具体的に指摘しなさいと言われて黙り込む3人、そして練習開始、知季は同じミスを繰り返す。

こんなの楽しくない、ダイブの楽しさを忘れてしまった知季は大丈夫なのでしょうか。

要一と知季

陵とレイジについて話す要一、時間がたてば元に戻るだろうと言います。

知季は言います「3人だけなんだよね、東京で飛び込みをやっている中2の男子は。」

だからこそ特別だと思っていた間柄、そんな2人にそっぽを向かれるのがショックだと知季が言います。

要一は特別な3人だからこそ陵たちがショックを受けたのではないかという、それに気づいた要一は反省しているという。

「反省か、甘いなお前も」。

スポーツは常に勝ち負けが付きまとう、麻木コーチはあの2人ではなく知季の才能に目を付けた、勝ったということ、これからも勝つたびに反省するのかと勝負における心得のようなものを話します。

それでもあの2人の気持ちを考えるとと言う知季に、飛び込みをやめるんじゃないよなと言う要一。

もし本気で飛び込みをするなら身近な2人など気にせず、10万人を魅了する飛び込みをしろと伝える、そしてお前がいなくなると俺も張り合いがなくなると。

要一は飛び込みを続けたいと気持ちを吐き出す、それを聞いた要一は満足そうに知季を誘います、おごってやると。

ファーストフード店

ファーストフード店でアイスコーヒーだけを頼む要一、それに驚いた知季に要一は逆に驚きます。

こんな高カロリーの物を食べるなんてありえないだろ、カロリー計算をしろよと、アスリートとしては正しい発言ですね。

しかし声が大きすぎるため周囲のハンバーガーを食べてる人や店員からじろじろ見られてしまいました、要一も結構天然キャラなのかもしれません。

店内で要一はある記事を知季に見せます、それは沖津の祖父が海難事故で亡くなった話。

天才ダイバーと呼ばれた沖津の祖父についても書かれていました、この記事を見て要一は沖津の祖父の怨念を感じないかと知季に問う。

そして3回半で苦労している知季にあきらめるなと言う、それが成功するのを期待してるのは麻木コーチだけではない、自分自身もと言う。

ロッカーで

陵とレイジはロッカールームで知季に謝ります、全ては知季をやっかんでいた自分たちが悪かったと。

麻木コーチに自主トレをやっていないことを見抜かれそして言われます、「人をうらやむ前に、自分がやるべきことをやりなさい」。

この言葉で目覚めた2人、やるべきことをやって知季に負けないことを誓う、関係改善した3人、これからは身近なライバルとして切磋琢磨していくのでしょう。

沖津と麻木コーチ

沖津は頑固さで技術を磨かず祖父の教え通りまっすぐな飛込を目指します、選考会に向けてそれではだめだと言う麻木コーチの声に耳を貸しません。

水しぶきを立てない技術、それを認めようとしない沖津はこのままなのでしょうか。

富士谷コーチは麻木コーチに声を掛けます、あまり結果を求めすぎるのはよくないと。

MDCのために頑張っているのはわかるが、飛び込みと言うのは長い年月を要する競技、すぐに技術を身に着けるのではなく道の長い未来を教えるのがコーチの役目ではないかと。

麻木コーチは知季に1回なんとか成功するようにと言う、そうすれば知季の目はその景色を覚えこむと。

夜のランニング

ちくわとランニングをする知季、公園で暇つぶしをしていると1人でいる沖津と出会う。

初めて一緒に話をする2人、沖津はプールが嫌いだと言います、得点とかを細かく考え意識するのが面白くないと。

知季は聞きたかったことを聞きます、それは沖津が飛び込みを憎んでいるかどうかということ。

沖津はそんなことはないと答える、飛び込みをするのは沖津の血であると続ける、沖津家は代々網元で不漁の度に崖から飛び降り神に祈るという神事を行っていました。

その風習は無くなりましたが祖父は沖津に飛び込みを教え続けました、海の神は信じていないが沖津の血は信じると。

海に飛び込むのが沖津の血、だからこそプールが嫌いだと。

知季は気づいたことを言います、沖津の祖父は沖津に飛び込みをやらせたかったのではないかと言う、指導を受ける前から飛込競技で使う技を覚えており、そしてボディアライメントが完璧だったから。

「それじゃじじいは俺に得点をつけさせる飛び込みをやらせたかったのか」と怒る沖津、それに対して知季は自分の思いを話します、自分もジャッジはどうでもいい、でも飛び込みを続けていくと自分だけの最高の突き抜けた瞬間、自分だけの景色が見れるんじゃないかと。

沖津はその言葉で何を思ったのでしょうか、別れ際に知季にお前は3回半回れると言い立ち去ります。

そして後の練習で3回半を見事に成功させる知季、忘れないようにもう一度成功させないとと心に誓う。

自宅にて

家に帰り弟に3回半を飛べたと嬉しそうに言う知季、しかし弟の様子がおかしい。

部屋に彼女を連れ込んでいるのかといい紹介しろよと言うと、弟はやめろと叫ぶ。

その様子で何かを察した知季は弟の部屋を開けます、そこには泣いている知季の彼女未羽の姿が。

知季は今まで感じたことのない絶望に沈みます。

「DIVE!!」第5話の感想

陵とレイジは知季といいライバルになりそうですね、そして沖津は知季のことを認めたようです。

ラストシーンの未羽については次回さらに掘り下げるのでしょうか。

「DIVE!!」放送情報

(画像:photoAC

「DIVE!!」はフジテレビ系列のノイタミナで放送されます、ネット配信はAmazonプライム・ビデオにて日本・海外独占配信を行います。

テレビ放送

  • フジテレビ  木曜 24:55〜
  • 秋田テレビ  木曜 25:20〜
  • 盛岡めんこいテレビ 木曜 24:55〜
  • さくらんぼテレビ 木曜 24:55〜
  • 仙台放送 木曜 26:10〜
  • 福島テレビ 木曜 25:55~
  • 新潟総合テレビ 木曜 25:45~
  • テレビ静岡  木曜 25:35~
  • 東海テレビ  木曜 26:10~
  • 関西テレビ  木曜 25:55~
  • テレビ愛媛  木曜 25:30〜
  • テレビ新広島  木曜 25:55〜
  • テレビ西日本  木曜 25:55〜
  • サガテレビ  金曜 24:55〜
  • テレビ熊本  木曜 25:45~
  • 鹿児島テレビ  木曜 26:05〜
  • 北海道文化放送  日曜 26:25~

ネット配信

  • Amazonプライム・ビデオにて日本・海外独占配信

第1話:日本では7月5日(水)24時~先行配信
第2話以降:日本では毎話フジテレビ放送直後の木曜27時~配信予定

「DIVE!!」第5話を確認して第6話の放送を待とう!

「DIVE!!」第5話の内容まとめ、感想を紹介しました。

飛び込みの面では多くのことがいい方向に回りだした第5話でしたね、陵とレイジとは関係が改善、要一と沖津は知季にライバルとしての視点で期待をしているようです。

しかし省みてこなかった私生活の部分でトラブル発生、彼女と弟、そして絶望に沈む知季、第6話はどうなってしまうのでしょうか、放送を楽しみに待ちましょう!

DIVE!!の関連記事はこちら


【文:如月】
ボイ☆スタライター、ゲームはTRPG、PBWといったアナログゲームからWOTなどのPCゲーム、艦これ、黒ウィズ、シャドウバースなどのブラウザゲーム、スマホゲームまで大好きなゲーマー。
アニメももちろん大好き、ガルパン劇場版も数回足を運んだガルパンおじさんの1人。
その他、歴史、スポーツ、ミリタリーなどなど幅広い趣味があり、興味を持ったものはなんでも調べるのが趣味。
2017年夏アニメは「DIVE!!」の他、「地獄少女 宵伽」なども書くのでそちらもチェックしてください。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。