【バトルガールハイスクール】第5話の内容や考察・感想まとめ

第1話から常に注目されている中、第5話を迎えたアニメ「バトルガールハイスクール」。今回は高校2年生の3人が大きく関わる感動の友情ストーリーとなっています。そんな感動のストーリーを第5話の内容を振り返りながら、内容はもちろん、考察、感想をまとめました。ぜひこちらで第5話の内容を振り返っておき、第6話へ備えましょう!

 バトルガールハイスクール第5話の内容や考察・感想をまとめました♪

多くの方が注目する中で第5話を迎えたバトルガールハイスクール。第4話ではf*f(フォルテッシモ)が中心のストーリーで、ミサキの新しい一面に加えてf*fの新曲も披露され、その歌声に感動した方も多かったのではないでしょうか。

第5話では星守クラスの生徒達は一体どんな成長をするのでしょうか。そんな気になる第5話の内容や考察・感想をまとめました!

バトルガールハイスクール第5話「アイリスの花言葉」の内容と考察

今回は高校2年生の3人が大きく関わるストーリーとなっています。ミサキの新たな一面も見る事ができ、ミサキが徐々に星守クラスへの関わりが深くなってきている事がわかるでしょう。

では第5話を振り返りながら内容・考察をご紹介していきます!

いきなりバトルシーンからスタート!

今回はいつもと違い、いきなりバトルシーンからスタートします。そのバトルシーンもイロウスに対し、苦戦するような描写がされており、まだまだ強いイロウスがたくさん出現している事がわかります。

苦戦しているものの、ミサキの援護もあり、無事イロウスは倒せるのですが、ミサキも含めて戦っていた星守クラスの生徒達は浮かない表情を浮かべていました。

今回の題名でもあるアイリスの花

花を育ているのが大好きなくるみ。くるみが育ている花の中に今回の題名の中にもあるアイリスという花がありました。

花言葉を言う前に別シーンへ切り替わってしまったためまだ花言葉を聞けなかったものの、花言葉とは一体どんな意味を持ち、今回の物語にどう関わってくるのでしょうか。

訓練にミサキが参加しない!

もちろんミサキはずば抜けて能力が高い事は誰もが知っており、前から特訓には参加しないという事もわかっていました。しかし人一倍正義感の強い風紀委員長のゆりはミサキが訓練に参加しない事にゆりが疑心感を抱いていきます。

ミサキとくるみという予想外の2人がお風呂で出くわす!

そして訓練後の風呂場でミサキが入浴していると、そこにくるみが入ってきます普段から花を育て、匂いには敏感なくるみがミサキの悩みを感じ取ります。

身体を洗いながらミサキは昔の小さい頃に誰かに背中を洗ってもらっていたという過去を思い出しました。さらにゆりとミサキを重ね合わせる事でくるみは少しずつミサキの心を開いていきます。

この会話からミサキには過去に仲間がいた事が明らかになりました。そしてミサキが孤独に助けをもらわずに強くなろうとしている事がわかります。

続いて悩むゆりと望

ミサキの事で悩むゆりにいち早く気づき、望が声をかけています。そんな話しの内容はミサキとくるみが話していた内容のような話をしています。

ゆりはミサキの事を心配し、ミサキともっと近づきたいという心を抱いているようにも感じられます。しかしその後の特訓も思うようにいかず、悔しい思いをしていきます。

人一倍一生懸命なゆり

特訓で先輩に全く刃が立たなかったゆりは個人での特訓をしようと提案しますが、それに望は一瞬悩むような表情を見せ、断ります。

さらに普段いつも明るい望みですが、すぐにハンバーガー屋から帰ってしまいます。その不安も的中し、ゆりが提案した特訓にも参加しませんでした。

ここでゆりと望が少し言い合いになってしまい、仲が良さそうだったゆりと望の間に少し溝が出来てしまいます。ミサキの事、自分たちの強さの事で悩んでいるゆりは、さらに普段とは違う望にゆりはさらに悩んでしまいます。

果たして望の本心とは?

その後、結局ゆりと望は全く口を交わさなくなってしまいます。そんな2人を心配するくるみは望の元を訪れ悩みを聞きます。

そこで望が感じていた不安、そして悩みとは地球を取り戻すのは星守クラスの生徒達にかかっている。そして自分が救えなかったらもう、地球は取り戻せない、自分には荷が重いというような不安を抱いています。

望の不安は限界まで達し、最終的にイロウス退治の作戦にも無断で欠席をしてしまうほどになってしまいます。望がいない状態で作戦に出発する事になります。

1人欠けてしまっており、ゆりもくるみも望へのわだかまりが消えておらず、戦闘に集中出来ないであろう高校2年生グループは大丈夫なのでしょうか。

そこへ望への緊急連絡をしますが、望は一向に連絡に出る気配がありません。そんな不安が的中するような形でゆりが窮地に立たされてしまいます。

望がゆりの元へ!

連絡を取らず、誰もが来ないと思っていた望ですが、ゆりの窮地に助けに入ります。そこで戦闘中ながら望の不安や心配をしっかりと話します。

そこでゆりのわだかまりも消え、いつも以上に力を出し、コンビネーションも上がった2人は無事に作戦を成功させました。

作戦後の2人の友情がさらに深まる

作戦後に改めて2人で話をしていき、望の不安も消えたようで、さらにゆりと望の間の溝も元通りなくなり、さらに友情が深まったように感じるでしょう。

さらにくるみの「とってもいい匂い」という言葉からも2人の雰囲気は元通り良くなったとい事がわかるでしょう。

ミサキの悩みとは一体?そしてアイリスの花言葉とは?

ミサキは何かに追われるように悩みを抱えています。ここで現れたミサキの追いかける人とは一体誰なのでしょうか。お風呂場で登場した背中を流してくれていた人、そして話していた仲間とも関係がありそうです。

さらにその後ミサキがふと花壇へ通りかかると、いつも通りアイリスの花に大事そうに水を上げているくるみがいました。

アイリスはくるみとゆりと望が仲直りの印に植えた物だといいます。そのためくるみは他の花以上にアイリスを大事に育てているのです。そして第5話冒頭で聞けなかったアイリスの花言葉は「友情・信頼・希望」という言葉でした。まさしく今回のくるみ、ゆり、望を表現しているような花言葉です。

そんな花言葉を知ったミサキは何かを感じ取るように少し考え方が変わったような表情をします。

バトルガールハイスクール第5話の視聴者の感想

今回はやはり高校2年生の3人の話しという事で、さらに友情が深まった3人に感動したという感想が非常に多かったです。

バトルガールハイスクール第5話を振り返り、第6話に備えましょう!

(出典:ぱくたそより)

バトルガールハイスクール第5話を振り返りながらご紹介しました。題名にもあるアイリスの花言葉が最後の最後でわかった時には見ていて非常にスッキリしたのではないでしょうか。さらに花言葉やくるみ達の植えた意味をしってから5話を振り返るとさらに納得でき、そして感動するストーリーだったのではないでしょうか。

第5話を振り返っておき、次回のバトルガールハイスクール第6話に備えましょう。

バトルガールハイスクールに関する記事はこちら

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。