様々な謎が解けるが・・・ロベルト大ピンチ!?「バチカン奇跡調査官」3話の感想まとめと内容考察!さらに動画視聴方法も!

今回は「バチカン奇跡調査官」3話の個人的な感想まとめと内容の考察記事になります。今回は色々な謎が解けた回でもありました。そんな中で衝撃的なこともありつつ、元を正せば奇跡でもなんでもない、いわば手品のような出来事が浮き彫りになりました。しかし未だ処女受胎の謎については不明のままであり、ラストシーンではまさかのロベルトが!? そんな3話の内容を個人的な視点で掘り下げていこうと思いますので、是非最後までご覧になって頂ければと思います!

覚せい剤に警備員の障害・・・さらにまさかの慰め神父!?「バチカン奇跡調査官」3話!

皆さんこんにちは、ボイスタライターの葵です!

今回は「バチカン奇跡調査官」3話の個人的な感想まとめと内容の考察記事になります。今回は色々な謎が解けた回でもありました。そんな中で衝撃的なこともありつつ、元を正せば奇跡でもなんでもない、いわば手品のような出来事が浮き彫りになりました。しかし未だ処女受胎の謎については不明のままであり、ラストシーンではまさかのロベルトが!? そんな3話の内容を個人的な視点で掘り下げていこうと思いますので、是非最後までご覧になって頂ければと思います!

バチカン奇跡調査官3話の感想まとめと内容考察!

では早速、バチカン奇跡調査官3話の個人的な感想まとめと内容の考察記事に入ろうと思います。今回の内容は今まで謎であった部分が結構な具合で明らかとなった回でもありつつ、衝撃的な事実もわかりました。ミイラ化したミハイル神父やナチスの残党・・・それにまさかのホモーな出来事までもが明らかとなりました。そしてラストシーンではまさかのロベルトが危機に!? 次回4話でこの話が完結するのか、もしくは今後も続くのか、その辺りも考察しつつみていこうと思います!

様々な謎が解明! ラストシーンでロベルトが!?

割り符ともう一つの校長室、そして憑依した悪魔など様々なことが今回もありましたが、順を追ってみていこうと思います。

まずは開かずの間であったあのもう一つの校長室ですが、まさかのミイラ化したミハイル司祭の姿がありました。生前のままに残してあるということはつまりはこういうことだったのですね。それにしてもミイラとは・・・ホラー要素もありつつサスペンスミステリー・・・人気が出るのもわかりますね。

そしてそこには聖槍がありました。大英博物館から消えたとされているものではないかとロベルトは言っておりましたがまさにそうかもしれませんね。レプリカはたくさんあるということではありますが、本物である可能性もあります。大事にとってあるということがある程度の裏付けになるでしょう。まああくまでも個人的な推測にすぎませんが・・・

そしてロベルトはそこで悪魔の聖書を見つけます。人間側から書かれた聖書ではなく悪魔側から書かれた聖書というものですが、今まで噂の域を出なかった存在であるものがなぜかミハイル司祭の部屋にあるということはやはりこの教会は悪魔崇拝が行われているということなのでしょうか? なにやら怪しすぎる教会ですね。

そして一方平賀はある引き出しに違和感を持ちます。それは仲が空っぽであるはずなのに重たいというものでした。中を開けてみるとそこには二重になった隠しの蓋がしてあり、そこにあったのはまさかの割り符の片割れでした。

割り符ですが、片割れにはリッチという意味、富の意味であると思っていたのもが、まさかの違いう意味であったということがここでわかりました。ハインリッヒという言葉です。ドイツでは有名な言葉らしいのですが、私は知りませんでした。そのハインリッヒでバチカン銀行にハッキングをかけるということをローレンへと依頼します。

ここでびっくりしたのはローレンが意外にもイケメンだったということですね。もっとヲタク感が出ているとは思っていましたが結構なイケメンでした。バチカンのファイアーウォールを構築したという凄腕らしいのですが、のちにハインリッヒに関するものがヒットします。12億ドルの資金、そして覚せい剤の取引で得られた資金など様々なことが浮かび上がってきたのでした。

そしてもう一つ驚きだったのは、ドイツナチスに関することですね。1話でUFOの話をしていたタクシー運転手ですが、それがまさかの飛行船であり、それがナチスドイツの残党だったということでした。その生き残りがミハイル司祭だったというわけですね。これはバチカン銀行の極秘顧客リストにハインリッヒの名前がヒットし、紛争地域への難民支援が表向きの活動であり、裏ではバチカン銀行を隠れ蓑にした株のインサイダー取引でした。スイス銀行にも多額の金額を委託して相当利益を得ているようであり、ハインリッヒ福祉法人の役員の中にバチカンのお歴々がずらりと出てきたみたいです。この役員達には高額な賄賂が支払われており、その中にはバチカン銀行の最高責任者の名前もあったようです。まさに大物ぞろいですね。

これには裏があり、教皇長選挙でバチカン銀行の金を一手に握る人物が発言力を強めるとしたら、これはさすがに大元さえもが真っ黒になってしまうということですね。本気でイエスキリストを信仰している人間の肩身は狭くなるどころか全く意味をなさないことになってしまいます。

これは当初そこまで重い問題ではないと思っていたのですが、かなり黒い秘密のようですね。これがわかればバチカンの上層部の一部の人間達は全て排除ということになります。逆にわからなければ次のバチカンの権力を握るのは金の猛者たちということですね。宗教という傘で金儲けをしようとする新興宗教に成り下がってしまうというわけです。バチカンという大きなキリスト、カソリックの大元がそんなことになれば宗教でもなんでもありませんね。

これを何としても止めなければならないと思っている二人でしょう。さらなる謎を解明すべく動きます。謎の儀式ごっこや暗号について、守衛の証言や現在の校長の証言についてなどにも謎が残るまま二人は生徒達が行なっている儀式ごっこというものを遠くから監視します。

しかしながらここでまさかの出来事がおきました。骸骨の仮面を被った謎のフードの人物にナイフで襲い掛かられるという自体に・・・平賀を庇ってロベルトが応戦しますが・・・ラストシーンでは血が飛び散るシーンだけが残り、そして今回の3話の幕を閉じました。これについては次回にわかるのでしょうが、ロベルトは無事なのでしょうか?

バチカン奇跡調査官の動画視聴方法!

ニコニコチャンネル:バチカン奇跡調査官

次回4話は秘密に大いに迫るか!?

今回である程度の全貌が読めたということですが、肝心の処女受胎についてはまだわからない状況です。そしてロベルトの生命やいかに? 次回の始まりはかなり面白くなりそうですね! 次回のバチカン奇跡調査官もお見逃しなく!


【文:葵】
元ファミ通編集部ライターであり、現在はボイスタ専属ライターとして活動中! 基本食わず嫌いなく2次元ものを視聴しておりますマルチライターです。漫画ゲームアニメ、2次元ならなんでもこい! 推しキャラはリゼロのレム! 今後も色々と記事を書いて行きますので是非ご覧になってください! 今後ともボイスタを宜しくお願い致します。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。