【BanG Dream!】遂にやりきった!これが全力のポピパ「バンドリ」12話の感想まとめと内容考察!さらに動画視聴方法も!

今回は「バンドリ」12話の個人的な感想まとめと内容の考察記事にになります!今回のバンドリではラストオーディションに向けて、メンバーの濃い日常が描かれていました。最後のオーディションまでもう日にちがない中、必死に練習する場面は少なく、皆が一緒に過ごしている場面が多かったように思えました。そんなメンバーの絆のようなものを感じられる内容だったのではないでしょうか? そんな12話を個人的な視点で掘り下げていきます!

最後のオーディション! 復活した香澄とメンバー達が織りなす最高の演奏とは!「バンドリ」12話!

皆さんこんにちは、ボイスタライターの葵です!

今回は「バンドリ」12話の個人的な感想まとめと内容の考察記事にになります!今回のバンドリではラストオーディションに向けて、メンバーの濃い日常が描かれていました。最後のオーディションまでもう日にちがない中、必死に練習する場面は少なく、皆が一緒に過ごしている場面が多かったように思えました。そんなメンバーの絆のようなものを感じられる内容だったのではないでしょうか? そんな12話を個人的な視点で掘り下げていきます!

「バンドリ」12話の感想まとめと内容考察!

では早速、バンドリ12話の個人的な感想まとめと内容の考察に入りたいと思います。今回でラストオーディションとなったポピパメンバーですが、必死に練習する場面が描かれているかと思いきやかなりほんわかした内容になっていたと思いました。そしてそれだけではなく、メンバー一人一人の想いと、メンバーの絆のようなものがしっかりと伝わってくる内容であったと個人的に思いましたね。そんな12話の内容を個人的な視点で掘り下げていきます!

ラストオーディション 結果は?

今回の始まりはまさかのラーメン屋からの始まりでした。これは香澄の復活祝いということであり、有咲がおすすめのお店を紹介してくれたという感じでしたね。本人は行きつけと言っていましたが。そして中に入るとあの生徒会長がラーメンを上品にすすっているでは有ませんか。なんと有咲は生徒会長にキーボードを教わってそのお礼に幾度かこのラーメン屋にきていたようです。秘密の特訓をしていたようですね。なんだかんだ言って有咲はポピパに全力を注いでいるようでした。そしてなぜか走る?という流れに・・・翌日の朝に皆で走っている様子が有ましたがおたえのスタミナはすごかったですね。香澄と沙綾はギリギリついてきていたようですが、リミリンと有咲はギブという感じでした。

そして日々は過ぎていきます。学校では試験が近いようであり、皆で勉強をしているシーンがありました。有咲は余裕な感じでしたね。学年トップなだけあってかなり勉強ができるのは嘘では無いです。しかし意外だったのはおたえが香澄と同じく勉強があまり得意では無いというところでしたね。同じような場所でつまづいていたのを見て、同じ感じがしました。特段勉強ができないというわけでは無いのでしょうが、できるというわけでも無いのでしょうね。沙綾とりみりんは結構できる部類らしく同じように勉強をしていました。ここで勉強していなかったのは有咲だけでしたね。そして最後にはおたえが眠ってしまうシーンも! このようなほのぼのとした日常的なシーンが今回は多かったように思えました。これはあえてこういう日常シーンを入れたのでは無いかと思います。バンドだけではなんく、メンバーの絆というのをメインに出したかったのでは?と個人的には思いましたね。

そして最後の練習が終わった後、おたえの家に皆で泊まるという流れなります。今回は有咲が結構ピックアップされていたようにも思えました。おたえの母親が初登場しましたが、この親にしてこの子ありという感じでしたね。かなりホワホワなお母さんという感じがしました。そして驚くべきなのはうさぎの多さですね。

おたえの家では普通にお泊まりという感じでしたが、やはり明日にオーディションを控えているというのもあり皆それぞれに緊張している様子もありました。夜の枕投げを心押しそうにシュンとしているおたえがかわかったのは私だけでしょうか?

ここで一つ気づいたことといえば、やはり皆明日のラストオーディションがかなり気になっているといことですね。いうまでも無いことなのでしょうが、皆眠られな様子でした。おやすみと言いつつ布団に入るもやはり皆ねれずに明日のことを考えているようでしたね。緊張とはまた違うものなのだと個人的には思いました。やりきるという意味を考えた結果が明日試されるということですが、やりきるというのは音楽を楽しむことと、さらに自らの演奏を最大限出し切るという意味なのかもしれませんね。そんなことを皆考えていたのでしょう。そして香澄は空を見上げますが、星は見えません。おたえが目を閉じてみると見えるかもと言ってきたので目を閉じると本当にきらめく何かが香澄の中に映りましたね。あれは星なのか、それとも香澄がずっと求めていたキラキラなのかは不明ですが、おそらくこれが明日に大きく影響するのは間違いなでしょう。明日のオーディションでキラキラできること、これが全員の意思だったのかもしれませんね。

そして迎えるオーディション当日です。皆が一斉にスペースの扉を叩きます。オーナーが待ち構えていたように「きたね」と言い、オーディションが始まります。

グリグリのメンバーも揃っており、そして香澄の妹も駆けつけます。今回でオーディションが最後というのが大きなものとなっているだけに皆の気合も今までとは違いますね。香澄の今までのようなふわっとした感じはありませんでした。何かをつかんだような感じが見受けられたのですが、私だけでしょうか?

オーディション前に皆で円陣を組みます。これでバンド活動がこれで最後というわけではありませんが、これが一つの区切りという意味で皆が一致団結する姿はすごく魅力的に写っていたように思えました。そしてライブが始まります。ライブでは最初は香澄が一人で歌っていたのですが、あの一件以降、皆で歌うというのを決めたのでしょうね、最初はりみりん、香澄、おたえの3人で。そしてそれぞれに個々でパートで歌い、最後のサビは香澄が決めるという内容でした。演奏はかなり感動しましたね。本当に音楽を楽しんでいるような感じが観ている側にも伝わってきました。今までのように緊張で顔がこわばっているようなこともなく、皆笑顔で歌って、演奏していたのがすごくよかっったと思います。

そして演奏終了後に、まさかの有咲が泣きながらミスを悔やみます。あの有咲が自らの間違いを自ら指摘し、そして謝るというのは初めてのことですね。この短くも長い期間に有咲も成長したということでしょう。しかしながら皆かなりやりきったという感じが出ていました。オーナーが、4人には訊くまでも無いね、といい、そして香澄に問います。「お前は?」と。香澄は自信満々、しかし今までのような表情ではなく真剣そのものな表情で、「やりきりました」とこたました。するとオーナーは立ち上がりステージの方へと向かって歩き、そして「いい演奏だった」と言いました。そして「合格」の一言です!

かつてないほどの感動がありましたね。ここまでのストーリーを見てきたから言えることだと思いますが、この「合格」の言葉の重さはかなりあったと思います。観ている側にかなり繊細に届いたと個人的に思いました。おそらく次回が最後になると思いますが、今回の回は神回と言ってもいいのでは無いでしょうか?

「バンドリ」の動画視聴方法!

AmebaTV:バンドリ

AmebaTVでは見逃し放送がありますので、是非チェックしてみてくださいね!

次回ラストバンドリは初スペースライブか!?

今回でスペースのオーディションに合格したということとはラストはスペースでのライブがラストの回になるのでは? というのが一般的な予想ですね。おそらくと言いますか、確実に次回はスペースでのライブとなるでしょう! 次回のバンドリもお見逃しなく!


(筆者撮影)


【文:葵】
元ファミ通編集部ライターであり、現在はボイスタ専属ライターとして活動中! 基本食わず嫌いなく2次元ものを視聴しておりますマルチライターです。漫画ゲームアニメ、2次元ならなんでもこい! 推しキャラはリゼロのレム! 今後も色々と記事を書いて行きますので是非ご覧になってください! 今後ともボイスタを宜しくお願い致します。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。