【最強超生物】暗殺教室 殺せんせーの弱点はこれだった!!

少年ジャンプで連載中の大人気マンガ「暗殺教室」。コミックス発行部数は1200万部を突破し、この冬にはアニメが放送開始!毎週楽しみに見ているファンも多いのでは?今回は「暗殺教室」の担任である謎の生物・「殺せんせー」に注目してみたいと思います。

少年ジャンプで連載中の大人気マンガ「暗殺教室」。コミックス発行部数は1200万部を突破し、この冬にはアニメが放送開始!毎週楽しみに見ているファンも多いのでは?

さらに、実写映画版「暗殺教室」の公開も迫っています。こちらもチェックしておきたいところ。

今回は、この「暗殺教室」の担任である謎の生物・「殺せんせー」に注目してみたいと思います。

暗殺教室の主人公「殺せんせー」っていったい何者?


(出典:youtube)

「暗殺教室」の主人公である(渚くんが主人公のような気もしますが)、「殺せんせー」っていったい何者なんでしょうか?

月の7割を破壊したという超生物で、来年3月までに自分を殺さなければ地球を滅ぼすと語る危険な生物……。それぐらいしか情報はありません。他の星から来た地球外生物なのか?と思われましたが、「生まれも育ちも地球」と発言している模様。では、あやしい実験で生み出された化け物なのか?正体は今のところ、全くわかっていませんよね。

「殺せんせー」という名前は、赴任先の椚ヶ丘中学校3年E組の生徒につけられたニックネーム。「殺すことができない先生」というところから、「殺せないせんせー」=「殺せんせー」と名づけられました。読み方は「ころせんせー」。生徒たちはみんな、殺せんせーを殺すことを依頼された暗殺者。ですから、椚ヶ丘中学校3年E組は「暗殺教室」なんですね。ちなみに名づけたのは、3年E組のメンバーである茅野カエデです。巨乳を敵視している、あの子ですね。

「殺せんせー」の、異常な強さ 「暗殺教室」での報奨金は100億円!

なかなか殺せないから、「殺せんせー」。そんな名前がつくほど、殺せんせーは強いのです。例えば、もはや代名詞といえる、マッハ20での移動。これは人類では達成できていない速度なのだそうで、それだけでも殺せんせーのすごさがわかります。これだけの速度での移動ができる上に、同じくマッハで触手も動かせてしまうので、たいていの攻撃は回避できてしまうんですよね。

そして、毒物への耐性もあり、毒殺は不可能。毒を盛っても、ちょっと顔色が変わったり、顔の形が変わったりぐらいで済んでしまうのです。また、拳銃などで撃たれても平気。鉛の弾は体内ですべて溶かしてしまうのだとか。さらに、さまざまな使い方のできる粘液を体から出すことができ、銃弾を止めたり人間を絡め取ったりと、どんな攻撃にも対応。

他にも、新しい攻撃技を編み出したり、完全防御形態になれたりと、殺せんせーのスペックは本当に高すぎ!まさに殺せない強さを持っているのが「殺せんせー」なんですね。だから、暗殺が成功した場合の報奨金は、なんと100億円!いったい誰が成功するんでしょうか?

みんなのコメント
  1. 暗殺教室ファン より:

    すごかった。・・・・・うん。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。