2016年10月スタート!アニメ「亜人」第2期、そのあらすじと第1期の復習。劇場版初日舞台挨拶も!

重厚なストーリーと複雑な展開が見どころの漫画作品「亜人」。世界的にも人気を博している大ヒット作品ですが、最近はアニメや劇場版などメディアも広がっています。ということで本日は話題の「亜人」をあらすじを声優さんと共にご紹介します。

世界的に大人気な「亜人」

亜人は、重厚なストーリーと複雑な展開が見どころの漫画作品です。その人気は日本にとどまらず、世界的にも人気を博している大ヒット作品。

そんな物語は漫画にとどまらず、アニメ、劇場版など多岐にわたりメディアの広がりを見せています。そんな亜人をあらすじや声優さんと共にご紹介します。

いったいどういうアニメ?そしてどんなあらすじ?

亜人(1) (アフタヌーンKC)をAmazonでチェック!

あらすじは、死ぬことのない新生物『亜人』という生物の登場に世界が驚いたなかで、主人公はある夏の日に交通事故に遭い死亡してしまうのですが、すぐに生き返ってしまいます。

主人公、『永井圭』は亜人だったのです。その後政府から追われる身となり、その中で「帽子」と呼ばれる謎の男佐藤に接触します。佐藤は圭を亜人管理員会に送り、そこで圭は死ねないことを念頭に置いた拷問を繰り返され、何度も死んでは甦るということを繰り返します。

そこから脱出した圭は静かな生活を求めて田舎に隠れて過ごします。そんな中佐藤は亜人を使って人間を大量殺戮することを宣言。これを止めることができるのか?アニメ第2期はそこから始まります。

声優陣にも注目!実力派揃いが声で、スタッフはオリジナリティの高い映像技術で魅せる亜人ワールド!

アニメでは珍しいCGを全般に使ったオリジナリティ高い映像で、そのため一見して通常のアニメとは違います。そのリアリティに富んだ映像が人気に一つです。

また、差別という深い題材に着目している点も魅力の一つ。亜人は死なないから何をしてもいい。そんな風潮が昔の、あるいは今も行われている世界の現状を批判し、空想という実験の中でその解消法を模索している作品です。

主人公永井圭の声優さんは宮野真守さん。多くの人気作を持ち、また同時に歌手や声優バラエティにも活躍の場を持つマルチ声優さんです。圭の数少ない味方である海斗は細谷桂正さん。

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズのオルガ・イツカ役など、兄貴分の強い男役を多く演じています。謎の男、佐藤は声優界では大御所、大塚芳忠さん。

大ベテランでありながら、今でも第一線で声を出している声優さんで、バラエティ番組やバンキシャなどのナレーションとしても活躍しています。実力派揃いのキャスティングが再び演じるアニメ、『亜人 第2期』。次第に明かされていく物語にのめり込むこと間違いありません。

劇場版第3部、『亜人 -衝戟-』の舞台挨拶。声優さんの語る『亜人』と、その中で語られた独特の収録方法とは?

9月2日に行われた映画版亜人シリーズ最終章、「亜人 -衝戟-」の完成披露上映会。シネマメディアージュに主人公・永井圭役の宮野真守さん、海斗役の細谷桂正さん、田中功次役の平川大輔さんが登場し、舞台挨拶を行いました。

主役の宮野さんは、「この作品には関わって長いのでとても嬉しいです」とコメント。細谷さんは台本の内容と完成した映画としての迫力のギャップに驚いたと言います。

平川さんはプレスコという声を先に収録してから映像を作るという普段とは逆の収録方法で演じた後、それに改めて当てはめられた映像に想像以上だったとコメント。

演じていた声優さんたちにとっても魅力ある映像になっていたようです。アニメのあらすじとは違った3部構成の劇場版が終わり、再びアニメとして始まる亜人。その世界はまだ終わりません!

「亜人」のその他おすすめ記事

これからも今までも予想がつかない物語に注目!亜人というエンターテイメント!

亜人という作品を紹介してきましたが、その内容は深く、決して一度見ただけではすべてを知ることはできない名作だと思います。原作漫画、テレビアニメ、そして劇場版。深いストーリーと1期からのメッセージ、ハイクオリティな映像。そして声優さんの力のこもった演技。どれを差し引いてもこれほどまでに人気のある作品には仕上がらなかったことでしょう。

2016年10月から放送されるアニメ2期『亜人』。そして9月23日から公開の劇場版『亜人 -衝戟-』。劇場版1部2部や第1期、原作漫画を同時に見直しつつ、新しい物語を楽しみにしましょう!チケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。