「アイドルマスター SideM」5話の感想まとめと内容考察!頑張る元先生アイドル!三十路パワーは凄い!?

今回は「アイドルマスター SideM」5話の個人的な感想まとめと内容の考察記事になります。今回のメインとなったのは、このアイドルマスターSideMのストーリーの中でもかなりレアなキャラクター性を持っているユニットである「S.E.M」の3人でした。元高校教師というなんともアイドルに似つかない感じの職業だった3名がアイドルとしての初舞台を迎えます。それに当たって壁となったのはやはり・・・!? 5話の内容を個人的な感想を交えて綴っていこうと思いますので、是非最後までご覧になって頂ければと思います!

超レアなユニット「S.E.M」が堂々の予備校イベントで初ステージを披露!「アイドルマスター SideM」5話!

皆さんこんにちは、ボイスタライターの葵です!

今回は「アイドルマスター SideM」5話の個人的な感想まとめと内容の考察記事になります。今回のメインとなったのは、このアイドルマスターSideMのストーリーの中でもかなりレアなキャラクター性を持っているユニットである「S.E.M」の3人でした。元高校教師というなんともアイドルに似つかない感じの職業だった3名がアイドルとしての初舞台を迎えます。それに当たって壁となったのはやはり・・・!? 5話の内容を個人的な感想を交えて綴っていこうと思いますので、是非最後までご覧になって頂ければと思います!

アイドルマスター SideM5話の感想まとめと内容考察!

では早速、アイドルマスター SideM5話の個人的な感想まとめと内容の考察記事に入ろうと思います。今回のメインユニットは元高校教師で作られた「S.E.M(以下、セム)」でした。年代はおそらく二十代後半から三十代ほど、その中でもひときわ「おじさん風」を醸し出していた「山下次郎」は普段からの運動不足で腰痛に・・・。初舞台となる予備校主催のイベントでのステージを控えて3人はそんな運動不足を解消するために早朝ランニングを決行したが・・・!? そんな5話の内容を個人的な感想を交えて綴っていこうと思いますので是非最後までご覧になって頂ければと思います!

予備校主催のイベントステージが決まった「S.E.M」

今回のメインユニットは上記でも散々言っておりますが「セム」の3人となりました。

このメンバーは他のメンバーとは少し違ってまさかの「元高校教師」の集いということですね。高校生の先生がまさかのアイドルをやるということになった経緯はそれぞれ3人に違う想いがあったのでしょうが、そもそもの始まりは硲が「生徒に夢を与え、勉強への意欲をしっかりと芽生えさせるため」という大きな目的のためにアイドルに転身したということが始まりでした。

思い切りもいいところですが、自らアイドルになろうと思ったその決意・・・尋常ではありませんね。

そんな硲の大きな転職希望を同じ職場の教師であった次郎と類が同じくして硲についてきたということですね。類は正直なところ「面白そうだから」というのがメインだったのでしょう。そして次郎は類の言葉「金持ちになれる」という言葉に一発でのされるということに・・・動機はどうであれ教師という職業をやめて一からスタートとなるアイドルを目指す心構えというものはすごいと思いましたね。そこまで深くは描かれていないのでしょうが、硲の生徒たちへの想いというものはすさまじいものであると感じました。

体力作りで早朝ランニング!「おじさん辛い」

そんな3人のユニット「セム」の初舞台となるイベントがついに決まりました。それが予備校主催のとあるイベントの前座で歌うというものでした。これは勉強をする生徒たちにメッセージを伝える、つまりは硲が理想とする舞台であるということは間違いないようですね。

その後、レッスンを始めるのですが、ステージで披露する楽曲のダンスがかなり辛いという次郎・・・初日のレッスンですでに腰痛を引き起こす事態に・・・!?

そんな次郎をみた硲はこれは単純に運動不足であるということでその運動不足を解消するため、また基礎体力を作るというために「早朝ランニング」を一日おきに決行することが決まりました。

早朝ランニングというだけでも次郎にとってはハードなものだったでしょう。類はテンションマックスでしたね。彼はメンバーの中でも最年少なので元気一杯という感じでした。次郎はおそらく三十路な上に元化学の教師ということで運動とは無縁な前職をしていたことから一番辛そうでした。

そんな早朝ランニングですが、まさかのセムだけではなく他のユニット、事務所に所属するジュピター以外のメンバーも同じくしてランニングをするという大所帯のイベントに!? 輝やピエールは相変わらず張り切っておりました。薫は輝には負けないと意地をはる姿も毎度の光景になってきましたね。

そしてそんな早朝ランニングが続き、レッスンも続く日々が刻々と過ぎていきます。当初は辛そうだった次郎も少しは慣れてきている様子でしたね。

次郎が風邪・・・硲の想い

そんな日々が刻々と過ぎていく中、とある雨の日。こんな雨の中でも早朝ランニングを欠かさず続けるセムのメンバーでした。この日、次郎は「雨だから今日はランニングは中止」と思い込んでいたところ、いつものごとく鳴り響くインターホン。もちろんそれは類のお迎えでした。

「今日は雨だからないでしょう」という次郎ですが、「硲なら絶対にやる」という類・・・そんな言葉を聞いて、確かにそうだなという感じの笑顔をこぼす次郎の表情を見ると、3人の結束力というものがかなり強いと感じられた瞬間でした。

そしていつもの場所へ行くと硲が一人で準備運動をしている姿が・・・硲は今日は誰も来ないと思っていたのでしょうが、まさかの類と次郎がやってきたことに驚きます。

硲の中には「自分が二人を巻き込んだ。その責任がある」という思いがあったようです。自分が言い出しっぺであり、それについてきてくれた二人に責任を感じているという部分が少なからずあったようですね。

そんな想いを抱く中、雨の日の早朝ランニングが効いたのか、次郎が風邪をひいてしまいます。その時に慌てて駆けつけ、全力で謝罪する硲・・・自らの胸中を打ち明けますが、そんな言葉を聞いた次郎たちは「自分たちで決めたこと」と逆に硲を勇気付けます。

硲が思い込んでいたこと、それはもちろん自分の考えに二人が同意してついてきたというものあるのでしょうが、結局やるかやらないか決めるのは自分であるということをここで気づかされた硲でした。

そしてステージですが、まさかの大盛り上がりでしたね! おじさんのステージもかなりかっこいい感じであり、また他のユニットの曲とは違い独特な雰囲気を醸し出す曲でした。振り付けも確かに難しく、そして面白いものでした。

結果的に3人、硲の想いは予備校の生徒たちに届いたようであり、これぞ硲たちが目指すアイドル像であるということが実現できた、とてもいい回だったと思います!

アイドルマスター SideMの動画視聴方法!

ニコニコチャンネル:アイドルマスター SideM

次回は新しいユニットの登場か!?

ここまでそれぞれに新しいユニットの紹介が続いてきておりますが、次回はここに登場していないユニットの登場になる可能性が!? どんな内容になるのでしょうか! 次回のアイドルマスター SideMもお見逃しなく!


出典元:Pixaday


【文:葵】
元ファミ通編集部ライターであり、現在はボイスタ専属ライターとして活動中! 基本食わず嫌いなく2次元ものを視聴しておりますマルチライターです。漫画ゲームアニメ、2次元ならなんでもこい! 推しキャラはリゼロのレム! 今後も色々と記事を書いて行きますので是非ご覧になってください! 今後ともボイスタを宜しくお願い致します。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。