『3月のライオン 第2シリーズ』OP/ED主題歌は誰が担当している?アーティスト情報やCD発売日などをチェックしよう♪

2017年10月より放送されているTVアニメ『3月のライオン 第2シリーズ』のOP/ED主題歌CD情報をまとめました。『3月のライオン 第2シリーズ』ではどんなアーティストが主題歌を担当しているのかチェックしてみてください♪またCD情報だけでなく、過去に放送された『3月のライオン 第1シリーズ』のOP/ED主題歌も合わせて紹介しているため、同作品の音楽やアーティスト情報をまとめて押さえていきましょう!

『3月のライオン 第2シリーズ』OP/ED主題歌を歌うアーティストは?

2017年10月から『3月のライオン 第2シリーズ』が放送されています。

今回はOP/ED主題歌情報だけでなく、CD発売日や担当しているアーティストの情報など、様々な内容をまとめてみました!

また第1シリーズでも魅力的な主題歌が揃っていることから、アニメ『3月のライオン』を語る上では外すことができない存在となっています。

『3月のライオン』を毎週欠かさず視聴している方はもちろん、これから見ようと考えている人も、ぜひOP/ED主題歌を歌うアーティストたちをチェックしてみてください♪

【3月のライオン 第2シリーズ】OP主題歌「フラッグを立てろ」(歌:YUKI)

  • 発売日
    2017年11月22日
  • 値段
    (初回生産限定盤)1,600円+税
    (通常盤)1,000円+税
  • CD収録曲
    1.フラッグを立てろ
    2. yes
  • DVD(初回生産限定盤)
    TVアニメ「3月のライオン」第2シリーズノンクレジットオープニングムービー

『3月のライオン 第2シリーズ』OP主題歌を担当しているのはYUKIさん♪

第1シリーズ第2クールでもOP主題歌を担当しており、これで『3月のライオン』では2回目となる楽曲提供を行っていました。

「フラッグを立てろ」は『3月のライオン』のために書き下ろされた楽曲であるため、随所に物語やキャラクターの心情などが盛り込まれているでしょうから、YUKIさんの音楽とどのように融合しているのかに注目です♪

YUKIってどんなアーティスト?

1993年にロックバンド「JUDY AND MARY」のボーカリストとしてデビューし、「そばかす」や「Over Drive」といった数々の名曲を世に輩出しました。

2001年にバンドは解散しますが、YUKIさんは翌年からソロアーティストとして活動するようになり、「the end of shite」でデビューを飾ると、その後もヒットチャートを駆け抜けていきます。

YUKIさんならではの音楽やビジュアルによって世界観を築き上げ、今もなお多くのファンからの声援を受けながら活動をしており、2017年はソロ活動15周年という大きな節目を迎えました。

またYUKIさんは、バンドとソロの両方で東京ドーム公演を行った女性ボーカリストとして史上初の記録を樹立しており、約5万人もの観客を動員しています。

これからも音楽は続いていくでしょうから、YUKIさんが織りなす音楽の数々からは目が離せないばかりか、音楽活動以外にもアートワークなども見逃せません♪

【3月のライオン 第2シリーズ】ED主題歌「カフネ」(歌:Brian the Sun)

  • 発売日
    2017年11月15日
  • 値段
    (期間生産限定盤)1,759円+税
    (DVD付き初回生産限定盤)1,759円+税
    (通常盤)1,000円+税
  • CD収録曲
    1. カフネ
    2. フォレルスケット
    3. カフネ(アニメver.)※期間生産限定盤のみ
    4. カフネ(Instrumental)
  • DVD映像
    (DVD付き初回生産限定盤)『Brian the Sun TOUR 2017 “パトスとエートス”』2017.5.27 恵比寿リキッドルーム ライブ映像
    (期間生産限定盤)TV アニメ「3 ⽉のライオン」エンディングのノンクレジット映像

『3月のライオン 第2シリーズ』ED主題歌「カフネ」を歌っているのは、男性四人組バンド「Brian the Sun」です♪

ED主題歌を担当するにあたり、『3月のライオン』という作品を「未熟さや過ちを悪として一蹴することなく、またキャラクターの内面にある人間らしい愛を描いている作品」と感じており、世界観にハマったとコメント。

「カフネ」ではストーリーが持っている絶妙なバランス感覚の一端を担えるよう、繊細な気持ちで作られた曲であるとも述べており、また『3月のライオン』という作品に「Brian the Sun」が関われたことを嬉しく思っている様子。

「Brian the Sun」がどのような形に仕上げたのか、その耳でチェックしてみてください♪

Brian the Sunってどんなアーティスト?

「Brian the Sun」は大阪の学校に通っていたギターボーカルの森良太さんを中心に結成されたバンドで、ベースの城山治輝さん、リードギターの小川真司さn、ドラムの田中駿汰さんで構成されています。

2011年に現在のメンバーに固まると、翌年7月から全国流通盤となる「Sister」をリリースしたことにより、インディーズシーンにおいて「Brian the Sun」の存在感を知らしめることに。

以降も全国規模でのリリースツアーやフェス・サーキットなどへの出演を果たして、ライブを中心とした活動展開で多くのファンを獲得していくようになります。

そして2016年1月には、「HEROES」でメジャーデビューを果たすこととなり、『僕のヒーローアカデミア』のエンディング曲に抜擢されると、瞬く間に名前は全国区へ!

また2017年はバンド誕生10周年という節目の年になっていることから、これからも日本の音楽シーンをひた走ることでしょう♪

『3月のライオン』第1シリーズの主題歌は?

2017年10月から『3月のライオン 第2シリーズ』が放送されていますが、そこには豪華アーティストが主題歌を手掛けてくれています。

そこで第1シリーズではどんなアーティストが主題歌を担当していたのか気になっているかたも多いでしょう。

第1シリーズも第2シリーズと遜色ない有名アーティストたちが『3月のライオン』の物語に華を添えてくれているため、チェックしてみてください♪

OP主題歌①「アンサー」/ ED主題歌①「ファイター」(歌:BUMP OF CHICKEN)

『3月のライオン 第1シリーズ』のOP/ED主題歌を担当したのは人気ロックバンドで、これまでに名曲を数多く輩出している「BUMP OF CHICKEN」♪

OP主題歌である「アンサー」は各種音楽配信サービスでダウンロードすることができ、ED主題歌「ファイター」はCDアルバム「Butterflies」に収録されています。

メンバー全員が『3月のライオン』のファンであり、読むたびに魅力的なキャラクターたちの生き様などから感動などをいっぱい受け取っているそうです。

OP/ED両主題歌を担当することになり、『3月のライオン』を盛り上げられるよう全力が頑張っていくと述べ、最後には「一度でいいから川本家の食卓にお邪魔したい」というコミカルなコメントも残していました。

OP主題歌②「さよならバイスタンダー」(歌:YUKI)

『3月のライオン 第1シリーズ』OP主題歌を担当していたのはYUKIさん♪

「さよならバイスタンダー」は当時のYUKIさんの決意を歌にしたもので、桐山零が好きな女の子を守るために自分の足で歩んでは、強くなっていく姿に共感するものを感じたのかもしれません。

原作を読むたびに楽しい感覚を味わいながら、同時に苦しくもなると感想を述べており、作品の魅力に取りつかれていることが窺えますね。

ED主題歌②「オリオン」(歌:米津玄師)

『3月のライオン 第1シリーズ』ED主題歌「オリオン」を歌っているのは米津玄師さん♪

米津玄師さんは作品の舞台となる月島に住んでいたことがあり、当時住んでいた家の近所が漫画になっていたことに驚いたそうです。

それから桐山零と自分の共通する部分はあるのか、川本家の温かさや眩しさを表現する方法はないのかなど、音楽を作るにあたって真剣に悩んでいたことが窺えます。

また些細ながら、『3月のライオン』という作品に携われたことに喜びを感じており、米津玄師さんにしか生み出すことができない音楽を提供してくれました。

豪華アーティストによる『3月のライオン』各主題歌は必聴!

【画像:photo AC

『3月のライオン 第2シリーズ』のOP/ED主題歌や各種CD情報をまとめました!

第1シリーズも含めて、豪華なアーティストの顔ぶれとなっている『3月のライオン』ですが、誰もが作品の魅力にハマっており、世界観をより鮮やかに彩る大役を担っています。

どの主題歌も個人個人の特徴が出ていながら、『3月のライオン』に相応しいものばかり!

ぜひ『3月のライオン』本編だけでなく、各アーティストが思い思いに書き綴ってくれた主題歌にも目を向けて、繰り返し聞いてみてください♪

「3月のライオン」の関連記事はこちら


【文:光明】
主にアニメ・ゲーム関連の記事を執筆するライターとして活動中。
ボイ☆スタでは新アニメの概要から各種円盤の紹介、声優関連記事など多くに携わっています。
すき間を縫ってアニメ関連イベントに足を運んでいるため、その模様も届けられれば。
「ガルパ」のイベントに夢中になり過ぎて「スクフェス」はおざなりに。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。