当選倍率はいかに?舞台「黒子のバスケ 2016」最速予想を大発表

2016年に初の舞台化で話題になっている「黒子のバスケ」。黒子役を声優の小野賢章さんが演じることでも注目です。今回は、くろステの倍率について予想してみたいと思います。

2016年に舞台化されることで話題の「黒子のバスケ」。

原作もアニメも大人気な作品ですので、ファンとしては舞台化に賛否両論。ただ、主役の黒子テツヤ役を、アニメで声優を担当している小野賢章さんが演じるなど、気になる点もたくさん。

同じくジャンプに連載され、舞台化された「ハイキュー!!」も、発表当時の不安をよそに公演は大好評!正直、くろステも結構期待して良いのではと思います。

しかし、会場はキャパの小さい劇場なので、倍率が気になりますよね。そこで今回は、これまでの円盤売上等を参考に推測した倍率予想をお届けします。

舞台「黒子のバスケ」2016 公演スケジュールをおさらい

まずは、公演スケジュールと会場のキャパを確認しておきましょう。

公演期間

2016/4/8(金)~4/24(日)
※全21ステージ

劇場

サンシャイン劇場(キャパ:816席)

先行申し込みの詳細や、くろステ発表時のファンの声などは、以下の記事で詳しく解説していますので、合わせてチェックしてくださいね。
「黒子のバスケ」2016年4月舞台化決定!黒子役は小野賢章

舞台「黒子のバスケ」2016 倍率予想

それでは、くろステの倍率予想に挑戦してみたいと思います。

くろステの倍率についてのファンの声

まず、くろステ倍率についてのファンの本音を見ていきましょう。

当初は舞台化に反する声も多かったものの、黒子っち役に小野賢章先生の登場。これにより期待度&注目度が急上昇し、見に行くクラスタが多そう=倍率高そうという声が多くなっています。

くろステ2016に参戦する人数は?

では、くろステに参戦する人数を考えてみましょう。くろステには小野賢章さんが出演されることもあり、アニメファンが多く参戦を希望すると予想します。

黒バスは、アニメ、KUROBASU CUP、FAN DISC 等様々な映像作品がリリースされていますが、これまでで一番たくさん売れているのは、「黒子のバスケ DVD FAN DISC ~終わらない夏~」。販売枚数は約44,000枚です。

44,000をコアなファンの母数と考え、この半数がくろステに参戦すると仮定して倍率を見ていきましょう。

倍率予想

会場キャパと公演期間から算出した総座席数は、816席×21公演=17,136席

クロステに参戦を希望する22,000人が、平均2公演、1公演につき2枚ずつ申し込むと仮定した時の倍率は、

{22,000人 × 2公演 × 2枚} / 17,136席 =5.1倍!

人気演目初の舞台化であり、会場キャパも小さめなので、倍率は高くなりそうですね…。今後発表される追加キャストによっては、これ以上の高倍率になる可能性も十分にあると思います。大注目の舞台くろステは、ぜひ生で観劇したいですよね。少しでもチケットに近づくために、先行販売等にはもれなく申し込みましょう!

「黒子のバスケ」に関するオススメ記事

注目の「黒子のバスケ」舞台化を自分の目で見に行こう

賛否両論ですが、チケット倍率は高くなりそうですよね。動くキセキ、見たいですよね!チケットキャンプ(チケキャン)では「黒子のバスケ」関連のチケットを取扱中です。舞台上のキセキと黒子たちを応援しましょう!

ボイ☆スタ編集部 イチ押し公演!

舞台 黒子のバスケ

アプリならプッシュ通知が届く「声優・アニメ定番アプリ」のチケットキャンプ(チケキャン)で!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。