『風夏』第12話!感想まとめと考察、動画の視聴方法などを紹介

榛名優・秋月風夏・氷無小雪の三人の恋物語を、音楽というテーマで結び付けている週間少年マガジン連載の作品『風夏』。『涼風』の後の話となるため、内容や考察が気になっている人も多くいるのではないでしょうか?そこで今回はTVアニメ『風夏』の動画第12話の感想や考察の内容をお届け♪第12話をネット上で見れる公式動画も紹介です♪

『風夏』第12話の感想まとめと考察、動画の視聴方法を紹介!

一度はバラバラになってしまったThe fallen moonですが、優の奔走もあって何とかつなぎとめることができました。しかし肝心の風夏がいなければ成り立たないバンドであるため、優は残る風夏を必死に連れ戻そうとします。

すでにソロデビューを決意した風夏は、果たしてThe fallen moonに帰ってくることになるのでしょうか?また優との恋愛模様はどのような方向へと進んでいくのかにも注目です。

さっそく『風夏』第12話の感想・考察をまとめていきましょう!最後には動画を見逃した人やもう一度視聴したい方のために、公式動画を見ることができるサイトを紹介。ぜひチェックしてみてください。

The fallen moonは風夏が帰ってくることを信じて練習に明け暮れます。優が書いた新曲「Fair Wind」の形も仕上がってきたところで、沙羅は優にライブハウスから出演のオファーがあったことを告げるのでした。

優は迷うことなくライブに出演することを快諾し、同時に風夏を必ず連れ戻すと宣言。それに他のメンバーは同意し、2週間後となる出演に向けて練習の熱は一気に加速していくことに。

そしてその日の晩、優は風夏に留守番電話を入れました。2週間後のライブに出演すること、それまでに一度会って話したいという内容を残します。しかし風夏はすでにソロデビューを宣言した手前もあって、動き出せずにいました。

母である涼風は優との一連のやり取りを把握しているため、風夏の心情が揺れ動いていることを心配します。風夏がどのような行動に出るのか、また母親として涼風は彼女にどのように背中を押してあげるのでしょうか?

音楽スタジオで小雪と再開する風夏

音楽スタジオで収録の合間の休憩中、風夏は小雪と偶然再開することとなります。そし非常階段で二人きりで話をするのでした。

小雪は先日、優に振られて失恋したことを告白し、風夏が出演していたライブで聞いた「for you」に込められた想いがしっかりと伝わってきたと伝えるのでした。ここから、小雪は風夏に恋の敗北を喫したことを認めます。

風夏はとっさに「for you」は片思いの気持ちを想像して書いたのだとはぐらかします。それでは困ると小雪も応戦して、オブラートに包んで優に気持ちを伝えるように後押しするのでした。

憧れの対象であった小雪に背中を押された風夏。その小雪と恋の対象である優が仲良くしているところを目撃しては胸を痛めてきましたが、これにより風夏がどう動きだすのか注目です。

優の気持ちが込められた「Fair Wind」

優は練習後に毎晩、風夏の自宅を訪ねる日々を送っていました。しかし風夏と再開することを果たせておらず、その日も何も収穫を得られずに帰ることになります。ただ今回に限っては、涼風にメッセージを託すのでした。

風夏は収録帰りなのか、遅くに帰ってくるのでした。また同時期に優も自宅へと向かいます。方や歩道橋の上に、方や横断歩道から二人はすれ違っていきますが、この時の二人の心情が良く表れているシーンではないでしょうか。

そして風夏が自宅に帰ると、涼風はライブに出演する風夏の笑顔を見て「最近の風夏はあんな風に笑ったことある?」言うのでした。ソロデビューに向かって動き出してからの風夏には笑顔がなく、それは彼女にとって突き刺さる言葉でした。

また涼風は続けて、自分の気持ちに正直になるように言います。そして優から手渡されたメッセージを風夏に手渡し、それを屋根の上で一人読むのでした。

優が書いたオリジナル曲「Fair Wind」は彼の気持ちが込められた曲であること。それを風夏に歌ってほしいからバンドに帰って来てくれないかという内容でした。果たして風夏は気持ちと向き合って、動き出すことができるのでしょうか?

ライブ当日を迎えたThe fallen moon

結局、風夏を連れ戻すことができずにライブ当日を迎えることになってしまったThe fallen moon。優はまだ諦めることなく、本番までに風夏を連れてきたいと言い、三笠や那智、沙羅の三人は快く彼を送り出します。

優はまず風夏の自宅を訪問しますが、仕事が休みでどこかに出かけたことを告げられます。急いで商店街中を走り回る優は隈なく探してみるものの、風夏の姿を見つけることはできません。

そこに突風が吹くと、優は一瞬こそ煽られはしたものの、同時に風夏との出会いを想いますのでした。そして彼が駆け付けた場所が学校の屋上で、予想通りかつての光景が広がっており、風夏が立って音楽を聴いているのでした。

想いを告白して交わる二人

風夏は優が突然やってきたことに驚きます。ライブはどうしたのと訊ねますが、優は決まって風夏がいなければバンドはできないと言うのでした。しかし風夏も、自分のわがままで抜けたから今さら戻れないと意地を張ります。

念願かなって再会を果たすことができた優は、風夏に自身が抱えている想いを告白するのでした。風夏と出会って音楽やバンドの楽しさに目覚めることができたことに感謝、そして風夏が好きだと告白をします。

風夏はこれまでずっと自身の気持ちに正直になれず過ごしていましたが、優からの告白によって、「私も大好き」と想いを告白。ようやくすれ違い続けた二人は交わることができ、風夏がThe fallen moonに帰ってくることとなるのでした。

The fallen moon再結成へ

ステージの出番が迫ってくる中、すでにリハ準備などを終えたメンバーは焦燥感に包まれていました。そして最後まで二人の到着を信じ続けたメンバーの想いが届き、優と風夏は控え室に姿を現すのでした。

二人が戻ってきたことに安堵するメンバーたち。そして風夏は開口一番に、勝手に脱退してしまったことを謝ります。しかしそのことを咎める者は誰もおらず、快く風夏の帰りを全員が受け入れます。

新曲の練習をしていない風夏ですが、ぶっつけ本番で行うことに。そして出演前の円陣を、今回は優が担当することになります。優は戸惑いながらも、全員がThe fallen moon再結成の立役者である彼に託すことを満場一致で促します。

少しはにかみながらも、優は宣言します。「いきましょう、伝説を作りに!」と。

The fallen moon第二章の幕開け

The fallen moonのステージが幕を開けると、いつも通り照明機材の裏からヘッジホッグスのメンバーが彼らの様子を眺めていました。

ニコのベースは優がずっと使い続けていることもあって、変な演奏をしたら取り返すことを画策していましたが、それは杞憂に終わります。またタマも風夏の歌声を聞いて、ハートにビシビシと伝わると評価します。

久しぶりに5人が集まってThe fallen moonが演奏をしますが、ブランクを感じさせることのないパフォーマンスにオーディエンスは盛り上がる一方。そして最後の曲「Fair Wind」を歌う前に、風夏はトークを挟むのでした。

ずっとやりたいことを探していたけど、優のおかげで音楽の道に進むことができ、こうして仲間たちと共にステージに立てる喜び。そして一つの方向に向かってみんなも突き進んでほしいとメッセージを送ります。

優が書いたオリジナル曲「Fair Wind」の演奏が始まると、観客は風夏のメッセージに呼応するようにヒートアップ。一方で優は観客に向かって歌う風夏の背中を眺めながら、彼女との出会いはエピソードを振り返るのでした。

3年生の夏、神社にて

紆余曲折を経てThe fallen moonは再び集結。再出発を切ることとなったライブは無事に成功を収めることになります。その後、優と風夏は恋人同士としてデートを重ねますが、幸せのあまり練習時間におくれるなんてことも。

また一方で小雪は「Rabbits」という覆面バンドを結成してボーカルとして再び出発することに。ソロ活動では優への気持ちを歌にしてきましたが、バンド活動では果たしてどのような曲を歌っているのかが気になるばかり。

そしてThe fallen moonの師ともいえるヘッジホッグスは、ついに再始動を果たすこととなり、武道館でのライブを開催するのでした。そこにはThe fallen moon5人も駆けつけ、大先輩の圧巻のパフォーマンスを肌で感じます。

そうして月日が流れて、3年生となった優と風夏はある日、出世稲荷神社でお参りをします。風夏は無邪気な笑顔で何をお願いしたのかを訊ねますが、優は恥ずかしそうに「ベースが上手くなることと、風夏とずっと一緒にいられるように」とお願いしたことを告白。

風夏はその発言に思わず赤面してしまいますが、恥ずかしさよりも嬉しさが爆発して優の腕に飛びつきます。そして輝かしい表情を覗かせては、「これからもずっと一緒にいようね」と、優の願いに答えるのでした。

『風夏』第12話の感想

『風夏』の動画視聴方法は?

【画像:ThinkStock

先行配信

  • WOWOWメンバーズオンデマンド
  • GYAO!
  • MBS動画イズム

毎週火曜日配信

  • dアニメストア
  • dTV
  • ひかりTV
  • J;COMオンデマンド
  • milplus(みるプラス)
  • イッツコムオンデマンド
  • TOKAIオンデマンド
  • ビデオパス
  • U-NEXT
  • TSUTAYA TV
  • プレイステーションVideo
  • Google Play
  • YouTube
  • Niconico
  • Rakuten ShowTime
  • Amazonビデオ
  • VideoMarket

まとめ

『風夏』第12話の感想・考察をまとめました。

遂に最終回となった『風夏』ですが、風夏は最後まで自分の気持ちに向き合えずにいたところ、先に自分の気持ちに正直になった優に告白されてThe fallen moonに戻ります。そしてエンディング映像内では、密かにソロデビューからThe fallen moonのデビューへと話は昇華していたため、これからも彼らの活躍は続くことでしょう。

また優への気持ちを告白したものの、残念ながら気持ちが届くことは無かった小雪ですが、心機一転で覆面バンドを結成します。これまでのソロ活動では恋の気持ちを歌い続けてきた彼女が、どんな歌詞を手掛けているのかも気になるばかり!

原作改編によって大きく異なる展開となった『風夏』ですが、1クールでまとめるために風夏生存ルートを描いたものと思われます。原作では初ライブの前に交通事故によって命を落とす風夏ですが、彼女の幸せが描かれたことでファンも嬉しく思っているでしょう。

2期が放送されるとすれば、The fallen moonとヘッジホッグスの交流、そしてRabbitsとの絡みなどに期待したいところ!またアニメでは登場しなかった蒼井風夏との絡みになどに注目ですね♪ぜひとも心待ちにしたいところです!

「風夏」の他の記事はこちら♪

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。