ナルトの名言を振り返る!名台詞ばっかりだってばよ!

今回は舞台「NARUTO-ナルト-」の再演が決定したことを記念し、物語を動かすスリーマンセル、ナルト・サクラ・サスケの名台詞を振り返りたいと思います。

ナルトの人気の秘密はいろいろありますがやはり「友情、努力、勝利」という週刊少年ジャンプの三大原則があることではないでしょうか。

巧みなストーリー展開にハラハラさせられ、強すぎる敵に翻弄され、それでも信念を曲げずに戦い続け、勝利を勝ち取る…。その中にはたくさんの感動がありましたね!

コミックス72巻、アニメ化、そして舞台化と長きにわたる物語の中には、私たちを感動させてくれたたくさんの名台詞がありました。

今回は舞台「NARUTO-ナルト-」の再演が決定したことを記念し、物語を動かすスリーマンセル、ナルト・サクラ・サスケの名台詞を振り返りたいと思います。

ナルトの名言1・春野サクラの成長が垣間見える名ぜりふ!

春野サクラといえば、ナルトと同じはたけカカシ班の紅一点。サスケくんを一途に思い続ける女の子でした。とはいえ、彼女の怪力には目を見張るものがありましたね…(その怪力も、彼女のチャクラコントロールという努力の賜物なのですが)。

最終話が近くなった頃のサクラは、十尾の分裂体を殴り飛ばすほどに成長します。あまりのすごさに、ナルトが「2度ともう2度と…!!2度とサクラちゃんに歯向かうのはよそう… 塵にされる…!」と思うくらいです。すさまじい破壊力でした。そんなサクラちゃんの名言としては「しゃーんなろー!!」を選びたい気もしますが……

これはまだ中忍試験を受けていた頃の台詞。

今から振り返ると、とても幼く見えるサクラちゃんですが、このころからすでに今後の成長が垣間見える様な発言でしたね。ナルトやサスケと違い、ごく普通に生まれたサクラちゃんでしたが、さすがは忍界大戦を最後の最後までしっかりと戦い抜いた彼女の名言といったところですね。

ナルトの名言2・サスケの本心!仲間を大事にする一言!

主人公ナルトの親友にして最大のライバル、うちはサスケ。彼はうちは一族を皆殺しにした実の兄、イタチという憎しみにとらわれ力を求め、ナルトたちと決別します。物語の中ではナルトに次ぐ主人公といってもいいほどのキーパーソンです。

そんなサスケはやはり、暗い想いのこもったセリフが多かったですね。その中には、彼の苦悩が感じられました。そんなサスケの名台詞はこちら。

これはまだサスケが里を抜ける前、砂漠の我愛羅と戦闘中の台詞です。我愛羅が尾獣の姿を現して、サスケ、ナルト、サクラと戦っている最中に、ナルトに言った言葉です。

自分もボロボロですが、サスケはこの時、仲間を守ろうと立ち上がります。ナルトはこの言葉で、強さというものに必要なものは何かに気が付き、成長を果たしました

この後に一度は決別してしまう二人ですが、本当はこんなにずっと前からちゃんと仲間だったんですよね…!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。