ファン感涙!うたプリ美風藍がやっと手に入れた「あるもの」

ついに公演まで1ヶ月を切った「ぷりライ」(うたのプリンスさまライブ)。そこで本日は、藍ちゃんがロボットだと知った藍ちゃんファンの反応、そして「ありがとう、そばにいてくれて」というセリフをもとに訪れた藍ちゃんの変化について深く迫っていきます。

ついに公演まで1ヶ月を切った「ぷりライ」(うたのプリンスさまライブ)。今回は先輩ユニット「カルテットナイト」のCDがやっと発売されてますます盛り上がることは間違いないでしょう。

そして今回は、ゲームでは既に明かされていた「美風藍ちゃんがロボットだった」という事実がアニメでも公表されたため、アニメファンに大きな衝撃が走って初めてのライブでもあります。

そこで本日は、藍ちゃんがロボットだと知った藍ちゃんファンの反応、そして藍ちゃんの「ありがとう、そばにいてくれて」というセリフをもとに訪れた藍ちゃんの変化について深く迫っていきます。

うたプリ美風藍がロボットと知ったとき、ファンは……

うたのプリンスさまっのアニメで明かされた美風藍ちゃんが実はロボットだった事実。ファンの間では大きな衝撃が走りました。

恋をしていたアイドルがまさかのロボットだったなんて。気持ちをどこにもっていけばよいか分からなくなってしまうのは当然です。しかし、実はこの秘密、約2年ほど前からゲーム内では既に明かされていました。それなのに今まで藍ちゃんのファンが減ることはなかったのはなぜでしょうか?

それは藍ちゃん自身にある変化がみられたからなのです。

涙するうたプリ美風藍ファン!藍ちゃんが手に入れたものとは?

藍ちゃんは人間が当たり前に感じる感情をずっと理解できず、アニメでは映画内でのセリフ「ありがとう、そばにいてくれて」の意味に苦悩します。

雨に濡れたら倒れてしまうことを分かっていても人間の感情を理解しようと一生懸命努力する藍ちゃん。そんな苦悩の日々野中、那月、翔、はるかの3人がロボットと分かっても優しく気遣ってくれることでやっと人間の感情を理解し、手に入れることができたのです。人間の感情を手に入れた藍ちゃんの姿には、感動を隠せないファンも多く見られました。

うたプリがこんなにもファンから愛されるのは、アイドルの背景と成長がしっかりと見えるからではないでしょうか。だからこそ人間の気持ちを理解できた藍ちゃんにファンも涙しながらも応援していく、これこそがうたプリファンです!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。