NHKも認めた!「ラブライブ!」再放送の経緯と紅白出場決定までの噂を検証!

学校を舞台に活動するスクールアイドルアニメ「ラブライブ!」が、近年NHKと親密になっています。今回は、アニメ「ラブライブ!」NHK再放送の経緯や狙いの解説と共に、μ'sの紅白歌合戦出場決定までのネット界隈の噂について検証してみましょう。

学校を舞台に活動するスクールアイドルアニメ「ラブライブ!」が、近年NHKと親密になっています。μ’sの音楽番組への出演や、アニメ人気の秘密を探る特集番組が組まれ連日ファンを驚かせています。そして先日、Eテレにて、夕方の時間帯にアニメ「ラブライブ!」が再放送されるというニュースが飛び込んできました。

さらに、μ’sが今年のNHK紅白歌合戦に初出場することが正式に発表されました。そこで今回は、アニメ「ラブライブ!」NHK再放送の経緯や狙いの解説と共に、μ’sの紅白歌合戦出場決定までのネット界隈の噂について検証してみましょう。

Eテレで再放送決定!アニメ「ラブライブ!」とμ’sについてのおさらい!

最初に、「ラブライブ!」とμ’sについておさらいしましょう。

ラブライブ! School idol projectは、ファンと一緒に作り上げる作品!

「ラブライブ!」は、ファン参加型メディアミックスプロジェクトとして2010年に開始されました。

雑誌「電撃G’s magazine」にてユニット名の公募が行われたことを皮切りに、アニメ放送開始前からの1stシングルの発売。さらにはアニメを飛び出した現実の声優ユニット版「μ’s」のライブ活動など、他に類を見ない内容でファンを沸かせています。アイドルを扱った作品は数多くありますが、ここまで「ファンと一緒につくり上げる」ことにこだわった作品は他に思い当たりません!

アニメと現実のμ’s

皆さん御存知の通り、アニメ版μ’sの担当声優がそのまま現実のμ’sを結成し活動していることが最大の特徴。アニメ版のPVでは3Dアニメーションで描かれたキャラクターがダンスを踊っていますが、実現困難ともいえるこの振り付けやフォーメーションを、現実のμ’sが完全再現している点は衝撃的ですよね。

このこだわりと努力があってこそ、現実のμ’sはファンに受け入れられたわkです。アニメ好き・アイドル好き・声優好きのすべてのファンがひとつのコンテンツを追っている状況は、ちょっと昔なら考えられないことでは?

「μ’sはワシが育てた!」

さて、そんなμ’sの1stシングルは、残念ながらオリコン167位でした。しかし、このことで逆に火がついたファンも多かったようです。アニメ開始前からの精力的なライブ活動(と、それに精力的に参加するファン)によって人気を拡大。アニメ開始と共に人気の広がりが加速し、2015年のSSAワンマンライブでは延べ7万人以上の観客動員を記録しています。

「μ’sはワシが育てた。」とファンの誰もが言えるような今の状況こそ、このプロジェクトが狙っていた姿なのかもしれませんね。

さすが俺たちのNHK! 「ラブライブ!」NHKで再放送決定までの経緯と衝撃!

先日、「NHKでラブライブが再放送される」という大きなニュースが飛び込んできました。

古くは「未来少年コナン」や「ふしぎの海のナディア」、近年では「ログ・ホライズン」や「バクマン。」など人気アニメ作品の多いNHKですが、民放で放送されたアニメ作品を再放送するということは、異例のこと。(近年では民放アニメ「日常」の再放送が行われましたが、こちらはNHK向けに内容をマイルドにした「再編集版」です。)

そんな異例の事態に、ネットでは「どうしたNHK!?」「いやいや俺たちはNHKを信じてた!」と様々な声を耳にしますが、実際のところ再放送の真意はどこにあるのでしょうか?それはやはり人気の大きさであり、平たく言えば「お前らこれ好きだろ?こっちでもやるからNHK見てよ。」というメッセージということになるでしょう。

しかし天下のNHKは手を抜きません。μ’sの積極的な音楽番組への出演や「ラブライブ!」人気を探る特集などを積極的に番組へ組み込み、一般層へのアピールを始めたのです。ここでファンは「NHKさんは本気だ……!」と気づいたというわけ。ファンが大事にしている「ラブライブ!」とμ’sをきちんと広めたいというNHKの姿勢に脱帽ですね。

この流れに乗ってのアニメ再放送決定となった「ラブライブ!」ですが、そんなNHKの思惑を知ってか知らずか、ファンの間では「大正義NHKに認められたラブライブ!」と再放送を喜ぶ声を多く見かけます。兎にも角にも、嬉しいビッグニュースであることには間違いありません。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。