どれもハンパない!大盛況の「MADOGATARI展」レポをまとめて紹介!

「魔法少女まどか☆マギカ」「〈物語〉シリーズ」でお馴染みのアニメーション制作会社シャフトの40周年の歴史を振り返る「MADOGATARI展」が東京にて開催されました。大阪や札幌での開催も予定されている当イベント、東京での盛況ぶりを振り返ります。

代表作「魔法少女まどか☆マギカ」「〈物語〉シリーズ」でお馴染みのアニメーション制作会社シャフトは今年、創立40周年を迎えました。

その歴史を実際に味わえるイベントとして、「MADOGATARI展」東京が2015/11/27~12/2にアーツ千代田3331にて開催されました。各作品原画の展示やコンセプトムービーの上映、さらには限定グッズの物販など盛り沢山の内容で行われたイベントは大盛況のうちに終了。続く大阪・札幌での開催にも期待が高まっています。

そこで今回は、同イベント東京会場へ訪れたファンの声を集め、「MADOGATARI展」レポート集として紹介します。

ついに始まった!「MADOGATARI展」レポその1:会場の様子!

「MADGATARI展」の東京会場となったアーツ千代田3331は、統廃合によって閉校した中学校をそのまま利用した文化芸術施設です。かつての各教室を改修したギャラリースペースや、かつての体育館を利用した多目的スペースなどがあります。

中学校の面影を残した建物の様子は、どことなくシャフト作品のハイセンスな学校の背景に通じる部分がありますよね。そんな会場で「MADGATARI展」はスタートしました。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。