蒼井翔太ファンの出待ち問題に見る、非常識なマナーに喝!

昨今では声優さんのアイドル化も進み、ライブをはじめとして様々なイベントが開催されています。今回は、新米ファンだけでなく、ベテランのファンの方も必見。改めてライブなどのイベントに参加する上で必要なマナーについて復習してみようと思います。

昨今では蒼井翔太さんなどの声優さんのアイドル化も進み、ライブをはじめとして様々なイベントが開催されています。

ファンとして裾野が広がることはとても喜ばしいですが、そうして母数が増えればそれだけ問題の数が増えてしまうのもまた事実。

今回は、新米ファンだけでなく、ベテランのファンの方も必見。改めてライブなどのイベントに参加する上で必要なマナーについて復習してみようと思います。

発端となった蒼井翔太さんの出待ち問題とは?

発端となったのは、2015年1月に蒼井翔太さんの公式サイト上に載せられた注意喚起の文章でした。

近頃のイベント会場付近やスタジオ近辺で蒼井翔太さんを出待ちするファンが増え、付近住民や関係スタッフへの迷惑行為が増えつつあるとのこと……。出待ち、入り待ちという単語を念の為に補足しておくと、これらは目的とする演者さんが会場やスタジオに出入りするタイミングで、関係者用の出入口などに張り込むことを指します

男性声優としても人気が高い蒼井翔太さんであるだけに、事務所側から注意喚起が行われるというのは、我々が想像している以上の事態になっているということ。マナーを守っている方はもちろん、その他のファンも意識すべき状況ということです。

近くで会いたいのはわかるけれど、迷惑行為が過熱すればイベント自体がなくなってしまうことにもなりかねません。何より、アーティストを悲しませる行為はファンとしては失格です。

蒼井翔太ファンの出待ち問題に見る、ライブに参加する上での最低限のマナー

ライブやイベントを観覧する際、守るべき最低限のマナーというものがあります。

このように実際のファンの方々からも苦言が呈されているとおり、イベント中の携帯電話の使用や、公共機関や人が多くいる場所での騒音などが主なものです。

もちろん、すでにいくつもの事務所から警告が出ている通り、出待ち・入り待ちは付近の住民に大きな迷惑をかけますし、誰よりもキャストさん自身や、スタッフのかたによくない影響を与えてしまうものです。

ましてやこの方のように、出待ち中にシートを敷いてその場に居座るなどというのは、迷惑行為の代表例とでもいうべきものでしょう。ファンとしてはけっして推奨されることではありません。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。