アニソン愛!JAM Projectのすごいライブ3選

JAM Projectとは、2000年に「21世紀へ古き良き“アニソン魂”を残したい」という、アニソン界のアニキ・水木一郎の呼びかけによって結成されたアニソンユニット。今回は、JAM Projectのすごいライブ動画をピックアップします。

JAM Projectとは、2000年に「21世紀へ古き良き“アニソン魂”を残したい」という、アニソン界のアニキ・水木一郎の呼びかけによって結成された、今では世界にも飛び出して活躍するアニソンユニットです。

ヘビーメタルやハードロックの系譜に連なる楽曲は、そのアニソンへの熱い想いとともにライブを熱狂の渦へと駆り立てるものばかり。そこにあるのは、ただひたすらに熱いアニソンへの愛!現在では、水木一郎は「非常勤」のメンバーとなっていますが、影山ヒロノブ、遠藤正明、きだたにひろし、奥井雅美、福山芳樹の5名のレギュラーメンバーで活動しています。

それぞれがソロで名曲を歌っているアーティストばかりなので、メンバーの名前だけでもどれだけすごいユニットなのかがわかりますね。今回は、今年15周年を迎えるJAM Projectのすごいライブ動画をピックアップしてご紹介してみたいと思います。

JAM Project10周年のライブ「MAXIMIZER〜Decade of Evolution〜」がすごい!


(出典:YouTube)

まずは、2010年に10周年を迎えたJAM Projectがリリースした完全オリジナルアルバム「MAXIMIZER〜Decade of Evolution〜」のリリースとともに行われた、アルバム名と同名のツアー「MAXIMIZER〜Decade of Evolution〜」から、タイトル曲である「MAXIMIZER」です。

静かに、しかし高ぶる熱気と、それとともに振られるサイリウム。そこからメンバーが登場し、ライブが始まります。炎はまるで、その場の熱を表しているかのよう。ファンとJAM Projectのメンバーの一体感が素晴らしいですね。

このツアーでは日本国内だけでなく、香港・韓国・台湾の海外3公演も行われています。

ブラジルのファンも熱狂!Anime Friends 2013でのライブがすごい!


(出典:YouTube)

続いては、ブラジルで毎年7月に行われているアニメコンベンション「Anime Friends」でのJAM Projectのライブの模様です。

Anime Friendsでは、「Super Friends Spirits」という音楽イベントが夜中に行われるのが恒例となっており、毎年アニソンシンガーが招待されています。もちろんJAM Projectも何度か参加しています。ユニットとしてだけでなく、メンバーが招待されたりもしているんですよ。

今回ご紹介するのは、Anime Friends2013でのSuper Friends Spiritsの様子です。曲は、初期の名曲「SOULTAKER」。アニメ「The Soul Taker 〜魂狩〜」OPとして発表された曲です。ブラジルのファンたちが、日本語の歌詞を合唱しているのがすごいですね!JAM Projectがいかに海外のファンたちに愛されているのかがわかります。地球の裏まで彼らの熱さは届いているんです。

スタッフ撮影動画で、海外ファンのライブの盛り上がりが分かる!


(出典:YouTube)

こちらは、スタッフ撮影によるライブ動画で、JAM Project Latin America LIVE TOUR 2012の様子を収録したもの。先ほどご紹介した動画と違って、ブラジルでのファンとJAM Projectメンバーとのふれあいというか、そういったものをより感じますね。

実は、JAM Projectには水木一郎の他に「非常勤」のメンバーがいます。それが2003年のオーディションをきっかけに不定期参加している、ヒカルド・クルーズです。彼はブラジル在住のため、不定期参加ということになっていますが、そんなヒカルド・クルーズとのつながりが、ブラジルをはじめとしたラテンアメリカ方面でのライブへとつながっているのでしょう。

前述のAnime Friendsもヒカルド・クルーズの企画によるものなんですよ!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。