萌える!笑える!テニミュ大運動会レポを一挙紹介!

「テニスの王子様」ミュージカルが他の舞台作品と違う大きな理由のひとつ。それが2014年にも開催された「テニミュ大運動会」公演です! ファンミともキャストトークイベントとも一味違うこの大運動会がどれだけ面白いものか紹介しようと思います。

テニスの王子様」ミュージカルが他の舞台作品と違う大きな理由のひとつ。それが2014年にも開催された「テニミュ大運動会」公演です!

そもそも公演じゃないじゃん、なんてツッコミは野暮!ファンミともキャストトークイベントとも一味違うこの大運動会がどれだけ面白いものか、ご存知でない方にも向けて紹介しようと思います。

2014年春のテニミュ大運動会に行けなかった方は、この記事を読めば完全網羅できるかもしれませんよ

テニミュ春の大運動会レポまとめパート1.やっぱり跡部様が最強!

2014年春の大運動会は、2014年の4/26(土)に昼の部と夜の部を分けて開催されました。

種目は開会式や入場行進をはじめ、準備体操、リレー、騎馬戦など、オーソドックスな種目が用意。

特に盛り上がったのは昼の部の二人三脚。越前&手塚コンビが一位を獲得した後、「青学の柱になれ!」「青学の柱になります!」と、おなじみの掛け合いでファンを盛り上がらせてくれました。

夜の部の紅白リレーでは、青木玄徳さん演じる跡部様がぶっちぎりのアンカー優勝。「俺様についてきな」と観客たちに呼びかけ、みなさん卒倒しそうなほど大興奮!

騎馬戦でもキャスト陣たちがガチで勝負を白熱させており、ハラハラドキドキの観戦模様となりました。

テニミュ春の大運動会レポまとめパート2. フラフープは苦手!?

もちろんそれだけではありません。障害物競争では、無限軌道ダンボールをつかったハイハイ競争のほかにも、ラムネ一気飲みやフラフープ競技が追加

こちらの動画でフラフープの模様がチェックできますが、運動神経がいいはずのキャストさんでも全然フラフープが回せてなかったり、個性が出ているのが面白いですよね。

また、夜の部の障害物競争では、ラムネ一気飲みに苦戦しているところを日吉役の伊勢大貴さんが乱入し、代わりにラムネを飲み干すなど男前なサポートを見せていました!

テニミュ春の大運動会 他にもこんなことがありました

もちろん競技内容だけではありません。当日、テニミュ大運動会物販コーナーには4,000人以上のファンが詰めかけ、大行列を形成

潤沢に用意されていた物販グッズも一瞬で売り切れ、2,000人以上のファンが悲しみの声に包まれたそうです。

イベントの物販コーナーが大行列を作るのはざらなことですが、4,000人という数は色々な意味で破格だと思います!

テニミュの他のオススメ記事

大運動会だけじゃない!まだまだ続くテニミュイベント

というわけで、いかがでしたか?テニミュ大運動会レポまとめ。皆さん、大いに笑って萌えたことではないでしょうか!もちろん大運動会だけがテニミュのイベントではありません。本懐である舞台をはじめ、これからもステージは盛りだくさん。キャストさんの出演作をチェックするためにも、チケット情報はぜひともチケットキャンプで掴みたいところですね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。