VOCES8(ヴォーチェス8)は、2003年にイギリス・ロンドンにあるウェストミンスター寺院の聖歌隊出身者により結成された男性6人・女性2人のア・カペラ・グループだ。2005年にイタリアのゴリツィア国際合唱コンクールで優勝し、脚光を浴びた。ルネサンス時代のポリフォニー音楽から古典教会音楽、ジャズやポップスまで幅広いレパートリーを誇り、クラッシック界とア・カペラ界双方で活躍している。イギリス国内の主要ホールをはじめ、ヨーロッパ、アメリカ、アフリカ、アジアなどでツアーを行うほか、日本でも度々コンサートを開催し、多くのファンに親しまれている。2014年にデッカ・レコードよりリリースされたアルバム「Eventide」は、全英オフィシャル・チャートのクラシック部門で2週連続第1位を獲得した。8人の重唱によるVOCES8(ヴォーチェス8)の透明な響きに耳を澄ませてみよう。

VOCES8(ヴォーチェス8)の日程

5人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

VOCES8(ヴォーチェス8)について

世界最高峰のア・カペラ・グループ、VOCES8(ヴォーチェス8)の魅力とは

ルネサンスのポリフォニーからジャズやポップスまで幅広いレパートリーを誇るア・カペラ・グループのVOCES8(ヴォーチェス8)は、8人の重唱による絶妙なアンサンブルが高い評価を受けている。
メンバーは、エミリー・ディケンズ(メゾ・ソプラノ)、アンドレア・ヘインズ(ソプラノ)、クリス・ワードル(カウンターテナー)、バーナビー・スミス(カウンターテナー)、サム・ドレッセル(テノール)、オリヴァー・ヴィンセント(テノール)、ポール・スミス(バリトン)、ディングル・ヤンデル(バス)で、ともにウェストミンスター寺院の聖歌隊出身者だ。
年間120回に及ぶ演奏会を世界各地で展開するほか、CDも数多く発表しており、2014年にデッカ・レコードよりリリースしたアルバム「Eventide」は、全英オフィシャル・チャートのクラシック部門で2週連続第1位を獲得した名盤として高い評価を受けている。
2011年の初来日公演以来、たびたび来日し、高度な技術に裏付けられたヴォーカル・アンサンブルが人気を呼んでいる。2016年12月にはVOCES8 のクリスマス・コンサートが開催される。荘厳で透明感のある8重唱を堪能してほしい。

VOCES8(ヴォーチェス8)が好きな方はこんなチケットもおすすめ