「ViVid Strike」はセブン・アークス・ピクチャーズが制作するアニメーションである。都築真紀原作のメディアミックス作品である「魔法少女リリカルなのはシリーズ」の第4期作品「魔法少女リリカルなのはViVid」から1年後を舞台に描いた作品だ。2016年10月からTOKYO MXなどで放送が開始し、シリーズを通してのファンからも好評を博している。主人公のCVに成田りな、小倉 唯を始め人気声優を配し、オープニング、エンディングテーマも発売、DVD、Blue-rayもリリースとなりイベントも開催と「ViVid Strike」はもちろん「魔法少女リリカルなのは」ファンにとっても正にお祭り状態となっており嬉しいシリーズ開始となっている。

ViVid Strikeの日程

4人が登録中

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ViVid Strikeについて

ViVid Strikeの魅力とは

セブン・アークス・ピクチャーズが制作するアニメーション「ViVid Strike」。
今作の主人公は広島弁風の口調が特徴のフーカ・レヴェントンでそれまでの主人公高町なのはなどは出演していない。フーカ・レヴェントンのCVを担当するのはNHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」の成田りな役として知られ、「Black Rose Suspects」、「ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン ROAD OF ROYAL KNIGHTS」など劇場用アニメへの出演も多い水瀬いのり。その他にも小倉 唯、能登麻美子、阿澄佳奈、上坂すみれ、喜多村英梨、福圓美里など正に旬の人気女性声優たちが勢ぞろいしているのも人気の要因の1つとなっている。
オープニングソングの「Future Strike」は小倉 唯、エンディングテーマの「Starry Wish」を水瀬いのりがそれぞれ担当しているのも話題だ。また2017年にはスペシャルイベント「ViVid PARTY」の開催も告知されており、水瀬いのり、小倉 唯、上坂すみれらが出演となっている。2016年の末からDVD、Blue-rayの発売も決定しており益々人気に拍車がかかりそうだ。

ViVid Strikeが好きな方はこんなチケットもおすすめ