【速報】YOSHIKI 緊急手術が決定!原因の「頸椎椎間孔狭窄症」とは?ツアーには「這ってでもいきたい」

X JAPANのリーダーでありドラマーのYOSHIKIが5/9にアメリカのロサンゼルスで緊急手術を受けることを公式HPで発表しました。手術の原因である頸椎椎間孔狭窄症は一体どんな病気なのか?症状や原因を調べました!また、ファンが一番気になるのがYOSHIKI、XJAPANの今後のスケジュール!漸く発表されたワールドツアーは中止になってしまうのでしょうか?本人のコメント付きでご紹介!

YOSHIKI緊急手術決定!診断結果、症状原因は?今後のスケジュールなど気になること全部まとめ!

X JAPANのリーダーでありドラマーのYOSHIKIが5/9にアメリカのロサンゼルスで緊急手術を受けることを公式HPで発表しました

複数の医師による診断の結果、X JAPANのYOSHIKIが米国時間 2017年5月16日(火)に、頸椎人工椎間板置換の緊急手術をロサンゼルスにて行うことになりました 。(中略)現在の病状を診断したところ、今の首の状態のままではアーティスト生命に支障をきたすばかりか日常生活さえもままならない状況なため、 緊急に手術することを決定しました。

(引用:X-JAPAN公式HPより)

手術の原因である頸椎椎間孔狭窄症は一体どんな病気なのか?症状や原因を調べました。また、ファンが一番気になるのがYOSHIKI、そしてX JAPANの今後のスケジュール!漸く発表されたワールドツアーは中止になってしまうのでしょうか?YOSHIKI本人のコメント付きでご紹介します!

YOSHIKIの病気の原因は?手術の詳細はコチラ!

診断結果は「頸椎椎間孔狭窄症(ついかんこうきょうさくしょう)」

実はYOSHIKIさんは2009年7月に「頸椎椎間孔狭窄症」と診断され、頸椎椎弓切除・頸椎椎間孔切除2つの手術を受けていました。しかし激しいドラムプレイにより身体を酷使した結果、約半年前から持病である頸椎椎間板ヘルニアが悪化。ドラマーの命である手や腕に痺れ、麻痺などの症状が現れていたそうです…相当な痛みや恐怖と闘いながらプレイしていたと予想されます。

今回YOSHIKIさんが受ける人工椎間板置換手術って?

今回は2009年に引き続き2回目の手術になるため、骨を削ることはせずに「人工椎間板置換手術」を行うとのことです。人工椎間板置換手術とは、首の前方を切開し、ダメージを負った頸椎の間に人工的な椎間板を入れて補う手術のこと。椎間板とは頸椎の間にある軟骨のことで、衝撃を吸収するクッションのような存在なので、これを人工的なもので補強するということのようです。

「頸椎椎間孔狭窄症(ついかんこうきょうさくしょう)」ってどんな病気?

頸椎椎間孔狭窄症の詳細、症状は?

脳から出た神経が筋肉や内臓に繋がるための椎骨の間にある孔のことを「椎間孔(ついかんこう)」と言います。「頸椎椎間孔狭窄症」とは、椎間板(ついかんばん)が潰され、腰椎の間が狭まったり、左右どちらかに傾いたり、椎間孔付近に付く黄色靱帯が厚くなったりしたために、椎間孔が狭まって神経が圧迫された状態のことです。

この病気の主な症状は首の痛みやこりです。酷くなると首だけでなく、後頭部や肩のこり、痛みも伴い、圧迫された神経の支配する領域に主に影響が現れます。手の痺れから始まり、次第に手指が思うように動かず、箸も上手く使えず、日常生活に影響を及ぼすこともあります。更には脳障害や、足のもつれなどが起こるケースもある怖い病気です。

症状が再発したきっかけは「Visual Japan Summit」アーティスト生命が絶たれる危険も…!

痛みに耐えながらも懸命にドラムを叩き続けたYOSHIKI

医師の診断によると、首のダメージは相当な物で、強い痛みを伴いながら懸命に演奏を続けてきたのだろう、ということでした。YOSHIKIが首にコルセットを巻いている姿は皆さんも何度か目にしたことがあるのではないでしょうか。健康な身体でも相当な体力が必要になる程にYOSHIKIの激しいドラムプレイ。それを傷ついた身体でこなすのはもう限界をとうに超えていたのかもしれませんね…

再発のきっかけは「Visual Japan Summit」

1度目の手術の後、症状が再発したのはなんと2016年10月に行われたVisual Japan Summit。今をときめく若手のバンドや、同じ時代を盛り上げた仲間たちに囲まれ、楽しそうにしていたYOSHIKIでしたが、この時は既に耐え難い激痛に襲われていたのでしょう。このイベントを引っ張る主役であったためにそんな素振りすら見せないところは、やはりプロのアーティストです!多くの後輩に慕われる理由の一つなのかもしれませんね。

アーティスト生命に関わる危険な状態!

Visual Japan Summitで再発した身体のまま活動を続け、今年1月に行われたアメリカ公演では既に左手の感覚を失っており、その後のライブで症状はさらに悪化しましたが、そのままレコーディングを続行。映画「We Are X」のプロモーション活動まで行った結果、遂にドクターストップがかかったという状況です。「このままではアーティストとして再起不能になる」と日米の担当医師は診断し、漸く今回の手術が決まりました。このストップがかからなければ、YOSHIKIのドラムプレイが一生見られなくなっていたかも…と思うと恐ろしいです。

電話出演したニコ生でのYOSHIKI本人のコメントまとめ!

「触るもの全てが氷のように冷たい」「無謀な生き方をしてきた」

緊急手術を発表した5/10の20時、自身のニコニコ生放送、「YOSHIKI CHANNNEL」に電話で出演!今回の手術に至るまでの経緯や、聞いているこちらの胸が痛くなるような生々しい病気の症状、そして手術を控えた今の心境を赤裸々に語ってくれました。

ボロボロの身体を酷使し、アーティスト生命が絶たれる程にまで追い詰められながらも、真摯に音楽に向き合い続けたYOSHIKIに、トップアーティストとしての意志の強さを感じます。

YOSHIKIのコメントに対するファンの暖かい声

このニコ生でのコメントを受けて、YOSHIKIのファンの手術の成功を祈る声と、「無理しないで」「自分の身体を一番に考えて」というYOSHIKIの性格を熟知したファンならではの切実な声が多く見られました。TwitterにはYOSHIKIへのエールや暖かな励ましの声が沢山呟かれています。

X JAPANが世界で活躍する大きなバンドになっても、常にファンのことを考え大切にしてきたYOSHIKIの人柄が伺えますね!

X JAPANのワールドツアーはどうなるの?今後のスケジュールは?

今回首を開いて人工物を入れるというとても大きな手術になるため、手術を行う5月のスケジュールは全てキャンセルを余儀なくされてしまいました。しかし、7月からに行う予定の「X JAPAN WORLD TOUR 2017 WE ARE X」、8月、9月のYOSHIKIプレミアムディナーショーについては現在協議中とのこと!特にワールドツアーに関しては、皆が待ちに待ったツアーなだけに、誰もが大きな期待を抱いていました。手術の成功と、ワールドツアーの続行を信じて、最強のドラマーYOSHIKIの復活を待ちましょう!

関連のオススメ記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。