X JAPAN(エックスジャパン)が紅白歌合戦でシン・ゴジラを凍結!その方法とは!?

X JAPAN(エックスジャパン)が2016年の紅白歌合戦でシン・ゴジラを凍結していたことを知っていましたか?紅白歌合戦を生で見ていたのであれば間違いなく印象に残った場面ですよね。今回はX JAPAN(エックスジャパン)がシン・ゴジラを凍結した経緯から紅白歌合戦を見逃した人にもわかりやすくその時の状況をお伝えします。

【X JAPAN(エックスジャパン)が紅白歌合戦でシン・ゴジラが乱入!?】

日本の伝説的ロックバンドであり、カリスマとして君臨し続ける日本を代表するロックバンドX JAPAN(エックスジャパン)。そんな伝説的ロックバンドX JAPAN(エックスジャパン)が出場した2016年の紅白歌合戦の最中になんとシン・ゴジラが乱入をし会場は騒然となってしまいました。

その時さっそうと現れてシン・ゴジラを撃退をしたのが、あのX JAPAN(エックスジャパン)。今回はそんな日本の伝説的ロックバンドX JAPAN(エックスジャパン)と戦いの舞台をハリウッドに広げるゴジラの激しい戦いの様子を、紅白を見ていなかった方にもわかりやすくお届けします!

【X JAPAN(エックスジャパン)のYOSHIKIやToshlらがシン・ゴジラと対決】

シン・ゴジラが現れたのは紅白歌合戦が盛り上がりを見せていよいよ終盤というその時。突然、緊急のニュース映像に切り替わり渋谷にシン・ゴジラが現れたとの発表があり紅白歌合戦の会場は騒然とします。

しかも紅白歌合戦が開催されているNHKホールに向かっているとの報告もあり、更に現場は大パニックに。その時ゴジラ対策チームから『良質な歌の周波数がゴジラの体内で化学反応を起こし凍結させられるかもしれない』と一報が入ります。

つまり、シン・ゴジラを撃退するには良質な音楽を届けるしかなく、最初に立ち向かったのが『PPAP』で2016年一気に世界的アーティストになったピコ太郎でした。しかし、倒すまでには至らずにいたときにX JAPAN(エックスジャパン)がシン・ゴジラを撃退に名乗りを上げます!

YOSHIKIとTOSHIらX JAPAN(エックスジャパン)のメンバーが力を合わせてシン・ゴジラに挑みます。

【X JAPAN(エックスジャパン)のシン・ゴジラ凍結方法は名曲「紅」】

X JAPAN(エックスジャパン)のシン・ゴジラの撃退方法はX JAPAN(エックスジャパン)の代表曲の一つでもある、誰もが一度は聞いたことのある名曲「紅」。シン・ゴジラがNHKホールに向かう中でX JAPAN(エックスジャパン)のTOSHIが叫びます。

「ゴジラを倒すぜー!」の掛け声とともに名曲「紅」を披露して、良質な音楽を見事にシン・ゴジラに届けることに成功し凍結させました。

しかも、なんとこの演出はなんとYOSHIKIはリハーサルを行っておらずぶっつけ本番!TOSHIらメンバーはリハーサルを行っていたようです。リハーサルを行わずにやりきるYOSHIKIの対応力はさすがと言えますね。

【X JAPAN(エックスジャパン)の紅白歌合戦でシン・ゴジラを凍結したファンの感想】

(出典:photoACより)

ここで紅白歌合戦でのシン・ゴジラを撃退したX JAPAN(エックスジャパン)についてのファンの感想を見てみましょう。

サプライズに驚きを隠せないファンの反応

『10年前の自分に今日のことを話したら救急車呼ばれてしまう』から『X JAPAN(エックスジャパン)は過去にも宇宙人を撃退したことがあるからシン・ゴジラも凍結出来て当然』まで様々な反応がありますね。一番多かったのはまさかX JAPAN(エックスジャパン)がこのようなことをするとは思わなかったという感想でした。

JAPANのライブ前に読みたい!こちらの記事もおすすめ

【X JAPAN(エックスジャパン)と紅白歌合戦が生んだエンターテインメントは今後も注目】

X JAPAN(エックスジャパン)が紅白歌合戦で行ったシン・ゴジラのエンターテインメントの情報をまとめました。生で紅白歌合戦を見ていた人にとっては2016年最後のサプライズだったのではないでしょうか。この演出については各方面で色々な感想があります。

NHKも紅白歌合戦をより面白く見せるために行ったこともあり、今回のX JAPAN(エックスジャパン)とシン・ゴジラ以外にも実は見所が沢山ある内容でした。昔の伝統のままにしない紅白歌合戦のスタッフたちの想いが形になったと言えるでしょう。

2017年の紅白歌合戦もひょっとしたら2016年以上のサプライズがあるのではないかと考えてしまうと思わず見てみたくなってしまいますよね。今後も紅白歌合戦には大注目です。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。