【X JAPAN】hide作曲の楽曲一覧まとめ【動画あり】

X JAPANのカリスマ的ギタリストhide。今回はそんなhideの作曲した楽曲に焦点を当て、アルバム毎に一覧にまとめご紹介します!今もなおファンから愛され続けるhideの楽曲に触れて、色褪る事の無い楽曲たちの良さを再確認しましょう!それでは、hide作曲、まとめ一覧。ご覧くださいませ!

X JAPAN、伝説的ギタリストhide

2007年に活動を再開し様々な話題を振りまいているX JAPAN。そのカリスマ的ギタリストでヴィジュアル系という言葉の起源を使った人物ともいわれる程、ヴィジュアル界に多大な影響を与えたhideですが、今回はそんなhideの作曲した楽曲に焦点を当て、動画を交えてアルバム毎に一覧にまとめご紹介します!今もなおファンから愛され続けるhideの作曲した楽曲に触れて、昔からのファンはその良さを再確認して、再結成後からのファンはhideの才能に触れてみてください。

それでは、hide楽曲、まとめ一覧。ご覧くださいませ!

VANISHING VISION

Vanishing Visionは1988年に発売されたXのファーストアルバムです。

当時はインディーズレーベルながらメジャー・チャートにランクインされる等、記録的なセールスを上げた一枚です。

SADISTIC DESIRE

hideがXに加入する前のバンド、横須賀サーベルタイガー時代に作曲されていた曲で、X加入後にリメイクされた楽曲です。

格好いいドラムから入り、キャッチーなリフに繋がる楽曲で、hideのコーラスやテクニカルなギターソロ等も魅力的な一曲です。

各メンバーに見せ場があるので是非上の動画をチェックしてください!

BLUE BLOOD

1989年に発売されたメジャーデビューアルバム。オリコンには100週以上ランクインしていた名盤です。

CELEBRATION

このアルバムでのhideの作曲はCELEBRATIONです。Xには珍しく8ビートのhideらしいロックンロールなナンバーで、明るくて乗りがよく、PVも面白く作られている一曲です。

Jealousy

Jealousyは1991年リリースした3枚目のアルバムです。ミリオンセラーを記録した作品で、このアルバムではhide作曲の楽曲が3作入っています。

Miscast

動画を何度も戻したくなる位hideの全編ソロが楽しめる楽曲で、疾走感のある歌メロと攻撃的なリフが印象的なハードロックナンバーです。

ライブではhideが歌う事もあり、hideのセルフカバーヴァージョンがhideの死後、音源化されています。

Love Replica

哀愁に満ちた不思議なインストゥメンタルの曲。フランス語でのナレーションが不思議さを増幅させる無性に聞きたくなる中毒性のある曲で、そこら中から色んな音を集めて使用する等(ごみ箱を叩く音や、ガラスの割れる音)hideの音楽性の幅の広さが伺えますね。

Joker

アルバムではLove Replicaの次に来るJoker。Love Replicaとは打って変わって、hideらしい明るくPOPなロックナンバーで歌詞もhideが作っていて詞の方にもhideらしさが滲み出していますね。

DAHLIA

1996年に発売されたX Japan4作目のアルバムで、解散前最後の作品です。

DAHLIAの中でのhide作曲の楽曲は「SCARS」「DRAIN」の2曲です。

SCARS

ベースが前面に出てくる、ダークな雰囲気のロックで、ラストライブではhideとToshiがツインボーカルで歌っています。リフも尖った感じで格好いいです。

DRAIN

リズムトラックを打ち込みで行っているミドルテンポのインダストリアルな曲です。全編英語詞で構成されていて、一定のリズムとヘヴィでダークな曲調が独特のグルーブ感を作りだしていて非常に聴きごたえのある楽曲です。

色褪せないhideの楽曲たち

いかがでしたでしょうか?X Japanでのhideの楽曲の数々。今聞いても色褪せない曲ばかりですね。

一応、今回ご紹介した楽曲の他にもhideとTaijiで作曲した曲等もあるのですが、今回はそういった共作はあえて省かせていただき「hide作曲」というところに拘りまとめさせていただきました。

動画も出来る限り掲載させて頂きましたので一曲一曲チェックして見てください!

このhide作曲のまとめ一覧で、hideの楽曲の魅力を伝えられれば幸いです!

関連のおすすめ記事はこちら

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。